笹生衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

笹生 衛(さそう まもる、1961年3月18日[1] - )は、日本神道学者國學院大學教授國學院大學博物館長。

千葉県生まれ。1985年國學院大學大学院文学研究科博士課程前期修了。千葉県教育庁、國學院大學神道文化学部准教授、教授[2]。2006年「東国古代・中世の村落と信仰」で博士(宗教学)。

著書[編集]

  • 『神仏と村景観の考古学 地域環境の変化と信仰の視点から』弘文堂 2005
  • 『日本古代の祭祀考古学』吉川弘文館 2012
  • 『神と死者の考古学 古代のまつりと信仰』吉川弘文館・歴史文化ライブラリー、2015年

共編[編集]

  • 『神社の歴史と祭り 事典』岡田莊司共編 吉川弘文館 2013

共著[編集]

  • 『プレステップ神道学』弘文堂、2011年5月。ISBN 9784335000799

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.319
  2. ^ 『日本古代の祭祀考古学』著者紹介

外部リンク[編集]