田中恆清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田中 恆清(たなか つねきよ、1944年 -[1] )は、神職神社本庁総長のほか、全国八幡宮連合総本部長[1]、一般財団法人日本文化興隆財団理事長[1]、一般財団法人神道文化会会長[1]、公益財団法人京都文化財団評議員[1]、一般社団法人日本国際文化協会理事長[1]、公益財団法人日本宗教連盟理事[1]世界連邦日本宗教委員会会長[1]日本会議副会長[2]などを務める。

略歴[編集]

京都府生まれ[1]1969年國學院大學神道学専攻科修了[1]平安神宮権禰宜、石清水八幡宮権禰宜・禰宜・権宮司を経て、2001年より石清水八幡宮宮司[3]

2002年京都府神社庁長[3]2004年神社本庁副総長[3]を経て、2010年より神社本庁総長[3]。2011年日本文化興隆財団理事長[4]。2015年の神社本庁職員宿舎転売問題が発生、内部告発が起こり、2018年に一度は辞任を表明したが、のち4期目も総長職を継続[5][6]

2022年6月3日の任期切れに先立つ神社本庁の臨時役員会(5月26日-29日開催)において、鷹司尚武統理は田中の後任総長として旭川神社芦原髙穗宮司を指名した。神社本庁の事務局はこの指名に異議をとなえ、「6月3日以降も田中執行部が存続している」と各地の神社庁に通知、6月23日の臨時役員会において田中の「5選を決議」した。鷹司統理側は、先日の指名に基づいて芦原新総長の登記手続きを進めたのに対し、神社本庁の幹部職員は連名で「その者は総長の地位にない」との陳述書を裁判所に提出した[7][8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
先代
矢田部正巳
神社本庁総長
第19代:2010年 -2022/2022~
次代
鷹司統理芦原高穂を20代総長に指名
執行部は田中の再任(5期)を主張
先代
岡村正
日本文化興隆財団(旧国民精神研修財団)理事長
第11代:2011年 -
次代
(現職)