北陸中日新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中日新聞社 > 中日新聞北陸本社 > 北陸中日新聞
北陸中日新聞
Chunichi Shimbun Hokuriku.jpg
中日新聞社北陸本社
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 中日新聞社北陸本社
本社 〒920-8573石川県金沢市駅西本町2-12-30
代表者 小出宣昭
創刊 1960年
前身 北陸新聞1952年創刊)
言語 日本語
価格 1部 朝刊110円、夕刊50円
月極 朝夕刊セット3,870円
統合版2,905円
ウェブサイト http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/
テンプレートを表示
中日新聞旧北陸本社(金沢中日ビル)

北陸中日新聞(ほくりくちゅうにちしんぶん)は、中日新聞北陸本社石川県金沢市)が発行している日本の地方新聞。中日新聞社東海地方で発行する『中日新聞』の北陸版である。2012年上半期の販売部数(日本ABC協会調査)は約10万部[1]。通称は「北陸中日」か「北中(ほくちゅう)」。

概要[編集]

1952年北日本新聞社が『北陸新聞』として創刊。1960年に中部日本新聞社(現・中日新聞社)が北陸新聞の発行・編集権を買収。北陸新聞を「北陸中日新聞」に改称し、同紙を発行。1967年に中日新聞北陸本社から発行されるようになる。

かつて北中は北陸地方富山県石川県福井県)に向けて発行していたが、現在は富山県と石川県の2県のカバーとなっている。福井県内向けは、1992年に経営不振に陥っていた同県の地方紙「日刊福井」を買収し、1993年に北中・福井版と紙面統合。1994年には「日刊県民福井」(県福)として発行するようになった。夕刊は石川県(一部除く)のみで発行。ただし現在でも、富山・福井両県内のごく一部で北中の夕刊などが販売されている場合もあるほか、福井県では福井市など極限られた地域で名古屋本部発行の中日新聞も併売されている。

紙面の一部は中日新聞東京新聞と紙面共有している(「こちら特報部」など)。なお福井県内では、県福とは別に名古屋発行の中日新聞・福井版が一部地域で発行されている。2016年7月、北中の富山県向けの朝刊、及び中日スポーツの石川・富山版を、2017年秋からの予定で、競合地方紙の北國新聞白山工場(運営「株式会社ショセキ」)に委託することで業務提携を結んだと発表した(なお北中の石川県向け朝夕刊、中スポの福井・京滋版、並びに県福の各紙はこれまで通り北中の工場にて印刷する)[2]

中日新聞東京新聞と同様に憲法改正・首相の靖国神社参拝・君が代起立命令判決に反対、批判的である。 北陸の地域新聞といっても、中日新聞、東京新聞の紙面をそのまま引用する事が多く、平成27年3月14日の北陸新幹線開業時には、北國新聞、北日本新聞がそれぞれ朝刊並みの号外を発行したにも関わらず、同紙は号外そのものを発行していない(しかし、金沢駅での開業の瞬間を生放送で伝えた北陸朝日放送の特別番組には、提供スポンサーとして名を連ねている)。

中日新聞・東京新聞の共同連載企画「平和の俳句」(選者:金子兜太いとうせいこう)が北中でも朝刊1面で掲載されている。

広告キャラクターは、原則として中日新聞・東京新聞と同一で、2016年現在は又吉直樹ピース)と遼河はるひ(女優。元宝塚歌劇団)が起用されている。過去には高橋尚子吉瀬美智子ダンディ坂野(石川県出身)、米倉涼子が起用されていた。

朝刊・夕刊[編集]

1部売り
  • 朝刊110円、夕刊50円
発行部数(2011年4月、日本ABC協会調べ[3]
  • 朝刊:9万9886部、夕刊:9262部

発行所[編集]

本社
  • 石川県金沢市駅西本町二丁目12番30号(郵便番号 920-8573)
    • 2010年10月12日に、編集・制作・業務部門と中日広告社、中日サービス、日刊県民福井などの機能が移転した[4]
旧本社
  • 石川県金沢市南町3番20号(金沢中日ビル)

支局・通信局・通信部[編集]

支局[編集]

石川県
富山県

通信局[編集]

石川県
富山県

通信部[編集]

石川県
富山県

題字の地紋[編集]

紙面割り[編集]

2010年11月1日の紙面リニューアルによって、地域面の地紋が刷新された。

石川・富山共通[編集]

  • ほくりく経済(火曜日から土曜日に掲載)
  • popress(ポプレス、若手記者による企画記事)

地域版[編集]

石川県
富山県
  • 富山総合
  • 富山
    • なお、石川県のように各地域ごとの紙面設定はしていない。

テレビ・ラジオ欄[編集]

2012年3月17日に、BSの新チャンネル「Dlife」が開局したことに伴い、掲載するチャンネルおよび放送局が変更された。これまで、ラジオ面に掲載されていたFM福井FM長野の番組表がこの日から掲載を取り止めた。

最終面[編集]

中日系では民放系のBSチャンネルが唯一最終面に掲載されておらず、紙面3分の1が広告となっている。

石川県版
富山県版
  • フルサイズ
    • NHK総合、NHK Eテレ、BBTテレビ、チューリップ、KNBテレビ、HAB
  • ハーフサイズ
    • NHK BS1、NHK BSプレミアム、WOWOWプライム
  • 4分の1サイズ
    • 石川テレビ、MROテレビ、テレビ金沢、新潟放送

中面[編集]

石川県版
富山県版

連載漫画[編集]

朝刊
夕刊

関連放送事業者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中日新聞社広告局メディアガイド
  2. ^ 北陸中日の一部、北国新聞で印刷 来秋目標に委託(中日新聞2016年7月28日 7月31日閲覧)
  3. ^ 『日本新聞年鑑2012』 - 日本新聞協会(2011年)
  4. ^ 北陸中日新聞2010年10月11日付朝刊記載
  5. ^ 朝日新聞社インフォメーション(中日新聞社と相互委託印刷で提携します)
  6. ^ かつては『石川 ITC』と表記されていた
  7. ^ かつては『北陸 MRO』と表記されていた
  8. ^ ただし、当初の計画では福井版も金沢での印刷に移行する予定だった(福井版の金沢移行が見送られた理由については不明)

外部リンク[編集]