日本雑誌協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一般社団法人日本雑誌協会(にほんざっしきょうかい)は、雑誌各社を会員とする業界団体である。元文部科学省所管。略称は雑協[1]

概要[編集]

活動内容[編集]

  • 出版文化の高揚普及及び出版倫理綱領の高揚維持
  • 雑誌に関する調査研究
  • 立法機関、行政官庁、その他関係方面との連絡交渉
  • 他の出版事業団体並びに関連団体との連絡協調
  • 機関誌及び図書の刊行

主な刊行物[編集]

  • マガジンデータ

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 文化庁のデータでは1945年(昭和20年)5月20日とされている[3]

出典[編集]

  1. ^ 小学館「日本大百科全書(ニッポニカ)」. “日本雑誌協会”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年2月11日閲覧。
  2. ^ a b c 日本雑誌協会のご案内. 日本雑誌協会. 2022年2月11日閲覧
  3. ^ 文化庁 | 文化行政のあらまし | 所管特例民法法人一覧 | 日本雑誌協会[リンク切れ]
  4. ^ 日本雑誌協会役員. 日本雑誌協会. 2022年2月11日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]