民団新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
民団新聞
種類 週刊(毎週水曜日発刊)

事業者 民団新聞社
本社 日本の旗 日本
106-0047
東京都港区南麻布1-7-32
代表者 鄭進
創刊 1946年3月10日
前身 新朝鮮新聞、民主新聞、韓国新聞
言語 日本語韓国語
発行数 15万部
テンプレートを表示
民団新聞
各種表記
ハングル 민단신문
漢字 民團新聞
発音 ミンダンシンムン
日本語読み: みんだんしんぶん
2000年式
MR式
英語表記:
Mindan sinmun
Mintan sinmun
Mindan News
テンプレートを表示

民団新聞(みんだんしんぶん)とは、在日本大韓民国民団(民団)が発行する機関紙。毎週水曜日発刊[1]

概略[編集]

民団新聞社発行で発行人は2010年現在、民団団長の鄭進となっている[2]1946年3月10日朝鮮建国促進青年同盟の機関紙「朝鮮新聞」(조선신문)として創刊、その後「新朝鮮新聞」(신조선신문)、「民団新聞」(민단신문)、「民主新聞」(민주신문)、「韓国新聞」(한국신문)と名称変遷を経て、1996年5月1日、創刊50周年を機に「民団新聞」に名称変更し、内容の充実を図るとともに、全団員に対し直送作業を開始した[2]。2010年現在、発行部数は在日韓国人に10万部、関係機関に2万部の合計15万部であり、在日韓国・朝鮮人社会最大の新聞であるとされる[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 民団新聞購読案内、在日本大韓民国民団
  2. ^ a b c (朝鮮語) 민단신문 소개、在日本大韓民国民団

関連項目[編集]

外部リンク[編集]