四国新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
四国新聞
The Shikoku Shimbun1.JPG
種類 日刊紙
サイズ ブランケット版

事業者 四国新聞社
本社 高松
代表者 平井龍司
創刊 1889年(明治22年)4月10日
(香川新報)
前身 香川新報
香川日日新聞
言語 日本語
価格 1部 150円
月極 3,400円
発行数 174,240部(2020年5月、日本ABC協会調べ[1]
ウェブサイト https://www.shikoku-np.co.jp/
株式会社四国新聞社
The Shikoku Shimbun
本社所在地 日本の旗 日本
〒760-8572
香川県高松市中野町15-1
事業内容 香川県をエリアとする日刊紙
設立 1889年4月10日
業種 情報・通信業
資本金 8,500万円
従業員数 131名(2018年10月現在)
主要株主 平井温子
関係する人物 平井太郎
テンプレートを表示

四国新聞(しこくしんぶん、英名:The Shikoku Shimbun)は、香川県高松市に本社を置く四国新聞社が発行する地方紙である。なお、題字は四國新聞としている。

概要[編集]

香川県をエリアとして発刊されている日刊紙で、現在は朝刊のみの発行である。発行部数は約21万部でシェアは約6割。系列放送局としてテレビ、AMラジオ放送の西日本放送を持ち、ニュース配信を行なっている。同局のラジオニュースも『読売新聞・四国新聞ニュース』である。ともに平井一族によるオーナー経営である。

四国新聞が行なう「四国新聞文化賞」は、第一回1961年昭和36年)2月27日より始められ、香川県の文化振興に貢献した者に対して贈られる。

サイゾーが運営する情報サイト「Business Journal」は四国新聞について、(この記事が執筆された2017年11月の時点で)日本新聞協会賞を受賞できないなど新聞業界で評価されず[注 1]、ジャーナリズム性は低いが、「地元ではよく読まれている新聞」として大手新聞のような部数減は起きていないと評している[3]

報道[編集]

  • 土庄町豊島における産業廃棄物不法投棄事件において香川県が不法投棄を黙認していた問題については、対岸の岡山県の放送局に先んじて報道をされ、遅れをとった。
  • 前述の通り平井一族が経営していることもあり、衆議院議員平井卓也に関する記事については、平井側の詳細な事情と主張を読むことができる[4]

歴史[編集]

かつては夕刊も出していたが、1985年頃に廃止された。また新聞休刊日は原則として元日1月1日)の明くる日・2日以外行われていなかったが、現在は月に1回のペースで休刊日を設けている。

組織[編集]

本社[編集]

〒760-8572 香川県高松市中野町15-1

支社[編集]

支局[編集]

テレビ番組欄の収録局[編集]

テレビ・ラジオ番組面は最終面と中間のページで掲載。

かつては四国放送広島テレビ中国放送南海放送ラジオ関西RSKラジオも掲載されていた。RSKラジオ以外はBSデジタル放送開始の2000年頃に入れ替わるように掲載をやめた。RSKラジオは少なくとも2020年ごろから収録をやめている。

ラジオ・BSは2007年12月1日、TwellV(トゥエルビ)BS11開局に伴い、スペースの関係上ハーフサイズから1/4サイズに縮小された。前述の通り2012年7月にBS放送はNHKも含めて第二欄に統一されたのを期にハーフサイズに戻している。同時にBSスターチャンネルからBSスカパーに掲載を変更している。

提携新聞[編集]

社史・記念誌[編集]

  • 四国新聞六十五年史(四国新聞社 編) 1955年11月発行、281ページ。
  • 四国新聞百年史(四国新聞100年史編集委員会 編) 1989年4月発行、437ページ。
  • 四国新聞百十年史(四国新聞社社史編さん室 編集) 1999年4月10日発行、398ページ。

関連人物[編集]

  • 平井卓志 - 元参議院議員、四国新聞社主
  • 平井卓也 - 現衆議院議員。現四国新聞代表取締役CEO平井龍司の兄。父・卓志の墓へ参る姿などが大きく報道された(2020年9月27日付け紙面)。デジタル相就任1ケ月の際にも地元企業の名刺広告が1ページ全面で出た。
  • 長谷川幸洋 - 四国新聞特別コラムニストとして「長谷川幸洋のニュース裏読み」のコーナーを担当。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 後に子どもの健康改善に関するキャンペーン報道が評価されて、2019年9月に日本新聞協会賞(経営・業務部門)を受賞した[2]
  2. ^ したがって、1906年に発表された夏目漱石の小説「坊つちやん」に登場する「四国新聞」は本紙とは無関係である。
  3. ^ これらの地域は従来通り、鳥取県全域、島根県の隠岐島を含む大半の地域は摂津工場から、島根県西部のごく一部、山口県全域は毎日新聞西部本社が運営する毎日新聞九州センターの北九州市にある工場からの直送を継続

出典[編集]

  1. ^ “19年4月ABC部数”. 新聞情報. (2019年5月18日) 
  2. ^ 四国新聞に新聞協会賞 子どもの健康改善キャンペーン 「新聞の信頼や価値向上に貢献」”. 四国新聞(2019年9月6日作成). 2020年3月20日閲覧。
  3. ^ 小林拓矢 (2017-11-01). 読売新聞は100万部減…瀕死の新聞業界、なぜか部数減らない新聞の「意外な共通点」. サイゾー. http://biz-journal.jp/2017/11/post_21179.html 2018年4月5日閲覧。. 
  4. ^ 平井デジタル相の親族企業・四国新聞はなぜ共同記事を“足し引き”したのか? 「ワニ新聞」の持つ思惑やいかに” (日本語). 週刊文春(プチ鹿島) (2021年6月22日). 2021年10月13日閲覧。
  5. ^ 弊社工場操業停止の社員説明会を行いました。(2020年4月1日・毎日新聞中四国印刷)・毎日、四国新聞に印刷委託 スポニチは山陽に―中四国6県(2020年3月18日・時事通信社)
  6. ^ 香川ゲーム条例ふたつの問題”. ASCII倶楽部(2020年2月4日作成). 2020年3月20日閲覧。

外部リンク[編集]