山口新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山口新聞
Minatoyamaguchishinbun.JPG
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 株式会社みなと新聞社→)
(株式会社山口新聞社→)
株式会社みなと山口合同新聞社
本社 山口県下関市東大和町1丁目1番7号
代表者 井上正明(代表取締役社長)
創刊 1969年
前身 みなと新聞
1946年2月11日 - 1952年、本紙自体は現在も継続中)
みなと新聞市内版
(1952年 - 1954年
夕刊みなと
(1954年 - 1969年)
言語 日本語
価格 1部 110円
月極 2,705円
ウェブサイト http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/
株式会社みなと山口合同新聞社
Minato-Yamaguchi Co., Ltd.
本社所在地 日本の旗 日本
750-8506
山口県下関市東大和町1丁目1番7号
事業内容 水産関連新聞(みなと新聞)の発行
地方新聞(山口新聞)の発行
各種日刊新聞の受託印刷
設立 1946年2月11日
業種 情報・通信業
テンプレートを表示

山口新聞(やまぐちしんぶん、英:Yamaguchi Shimbun)は、山口県全域を発行エリアとする日刊の地方新聞。山口県下関市に本社を置くみなと山口合同新聞社が編集・発行している。

概要[編集]

  • 1946年(昭和21年)に創刊。山口県では唯一の県下全域を取材・発行エリアとする地方紙である。
  • 元々水産業向け専門紙みなと新聞』の下関市内向け夕刊としてスタートし、後に地方紙として分離独立(発行元組織は後に再合併)したという経緯を持つこともあり、発行元のみなと山口合同新聞社日本新聞協会には加盟しているが共同通信社には出資しておらず、共同通信社からの全国・世界のニュース記事の配信を受ける契約を結んでいる。なお、共同通信社と地方紙で組織している「47NEWS」には山口新聞として参加している。
  • 題字は、当初1面右端に縦書きであったが、その後1990年代産経新聞と同じような形態で横組み中央部分に縦2行で表示したことがあった。さらに2006年(平成18年)の創立60年の際には横組み、横1行にしたことがあったが、2008年(平成20年)に右端の縦題字に戻している。
  • 第2次安倍内閣発足以降、安倍晋三内閣総理大臣の動静を一面で報じている(通常総理大臣の動静は中面で報じられる)。
  • 1万人以上のランナーが参加する「下関海響マラソン」では、大会終了後、完走者の順位とタイムを紙面に掲載している。

歴史[編集]

  • 1952年(昭和27年)4月 - 水産専門紙『みなと新聞』(1946年発刊)に下関市内版記事の連載開始。8月に市内版を分離して夕刊として発行。これが実質的な山口新聞の原型となる(朝刊は水産速報版として掲載)。
  • 1954年(昭和29年) - 市内版夕刊を『夕刊みなと』と題名を変更。
  • 1959年(昭和34年) - 日本新聞協会加盟。
  • 1969年(昭和44年) - 『夕刊みなと』を子会社・山口新聞社に委譲して現在の山口新聞に題号変更。夕刊から朝刊に移行。
  • 1992年(平成4年) - みなと新聞社と再統合され「みなと山口合同新聞社」から発行される。
  • 2001年(平成13年) - フリーペーパー「週刊リフレッシュ」創刊
  • 2016年(平成28年) - 創立70周年記念イベントを開催。

ニュース提供[編集]

  • 下関のコミュニティラジオ局カモンFMに月曜から金曜の18時半から山口新聞ニュースを提供している。

かつてFM山口にも月曜~金曜の18時55分から5分間地元のニュースを提供していたが、2015年3月末で終了した。なお、2009年3月までは土・日も放送した。

取材拠点一覧[編集]

関連紙・みなと新聞の取材拠点については、みなと新聞#取材拠点を参照のこと。

本部[編集]

支社[編集]

  • 山口支社:山口市吉敷下東1-3-1
  • 周南支社:周南市平和通1-23 宮崎ビル3階
  • 東京支社:東京都中央区築地2-10-6 Daiwa築地駅前ビル8階
  • 大阪支社:大阪市福島区野田1-1-86 中央卸売市場業務管理棟12階

支局[編集]

  • 宇部、長門、萩、美祢、防府、岩国、柳井、広島

関連紙[編集]

番組表について[編集]

山口新聞では第1テレビ欄(最終面)に大きく、NHK総合EテレYABKRYTYSTNCTVQ(正式局名は「テレビ九州」として掲載)[1]、小さい欄にBS1BSプレミアムWOWOWプライムを掲載。

第2テレビ(中面)にKBCRKBFBSHOMERCCHTVTSS、ラジオはNHK第1第2FM、KRYラジオ、エフエム山口ラジオNIKKEILove FMCOME ON FMを掲載。BSデジタルはBS日テレBS朝日BS-TBSBSジャパンBSフジ、WOWOWライブ・シネマ、スターチャンネル1BS11TwellVを掲載している。少なくとも2014年までは、TSKNKTBSSの山陰地区の番組を収録していたが、TNC・TVQ以外の福岡県の番組表が第2テレビ・ラジオに移動した関係で収録を取りやめている。

なお、これまで掲載されていなかったデジタル衛星放送番組表は2005年5月頃から第2テレビ面で掲載を開始した。また、広島県の民放テレビ局の番組欄は一時期掲載されなかった時期があった。

また、2011年7月24日の地デジ完全移行に伴い、番組表局カットの下部にあった各中継局のチャンネル一覧は地デジID番号と各放送局ごとの電話番号の記載に変更された(第2テレビ面の広島・福岡の分の電話番号は「周辺地域のテレビ」のタイトルカット右横に一括して載せている)。ラジオ欄では以前はRKBラジオKBCラジオ、RCCラジオも掲載されていた。

新聞休刊日の場合、元旦付けを除いて原則として第1テレビの当日分は最終面、翌日分は折込中面、ラジオと第2テレビは並列掲載される。

元旦編成[編集]

元旦は各紙部数を増やして特集に当たるが、山口新聞は3部構成をとる。

  • 第1部:国内外のニュースや話題、県内ニュース、スポーツ、初売情報など(36頁程度)。
  • 第2部:関心を集めるその年の話題(例えば2005年度は市町村合併がテーマ)(8頁程度)。
  • 第3部:アーティスト特集、山口出身者年賀状、ラジオ・テレビ欄(12頁程度)。

総計概ね96 - 100ページとなる。

その他概要[編集]

  • 月極価格2,705円、一部単価110円。
  • 「四季風」 - 一面コラム(「天声人語」や「編集手帳」などにあたる)
  • 「東流西流」 - 中面掲載コラム。2ヶ月ごとに筆者が変わる。筆者は山口県内で活動している者。

著名な出身者[編集]

県内で発行される他紙[編集]

脚注[編集]

  1. ^ テレビ九州」は佐賀県ケーブルテレビ局として実在しており、TVQ九州は重複を避けるため法人登記の社名を「TVQ九州放送(旧社名:TXN九州)」としている。ただ商標登録では、TVQ九州が「テレビ九州」も登録している

外部リンク[編集]