北九州空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北九州空港
Kitakyushu Airport
北九州空港
IATA: KKJ - ICAO: RJFR
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 福岡県北九州市小倉南区空港北町
種類 商業
運営者 国土交通大臣
運用時間 24時間
開港 2006年3月16日
標高 6.1 m (20 ft)
座標 北緯33度50分44秒 東経131度02分06秒 / 北緯33.84556度 東経131.03500度 / 33.84556; 131.03500座標: 北緯33度50分44秒 東経131度02分06秒 / 北緯33.84556度 東経131.03500度 / 33.84556; 131.03500
公式サイト 北九州空港
地図
北九州空港の位置
北九州空港の位置
KKJ
北九州空港の位置
北九州空港の位置
KKJ
北九州空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
18/36 I 2,500×60 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

北九州空港(きたきゅうしゅうくうこう、: Kitakyushu Airport)は、福岡県北九州市小倉南区空港北町と京都郡苅田町空港南町に跨る人工島に位置する空港海上空港)である。ターミナルビルや空港事務所は北九州市側に所在する。国際航空輸送網又は国内航空輸送網の拠点となる空港として空港法第4条第1項第6号に該当する空港として政令で定める空港(国管理空港)に区分されている。

概要[編集]

北九州空港の空中写真。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。2009年撮影の20枚を合成作成。

2006年(平成18年)3月16日に開港[1]。開港時の名称は「新北九州空港」で、小倉南区曽根にあった(旧)北九州空港(1944年開港)の実質的な移転である(旧空港は開港前日の3月15日に運用終了)が、名実共に「北九州空港」となるのは2008年の空港法改正のときである。空港島は北側が北九州市小倉南区、南側が京都郡苅田町に跨るが、空港施設の大半は北九州市側に位置している。本土とは地域高規格道路である新北九州空港道路福岡県道245号新北九州空港線)で結ばれており、苅田町側からアプローチすることになる。

スターフライヤーが本空港をハブ空港(本拠地)と位置づけており[2]、本社を空港敷地内に置いているほか、2006年3月22日からは、北九州5:30発羽田7:00着の早朝便を就航させ、全国の国内定期旅客便でもっとも早い始発便、もっとも遅い最終便が運航される空港となった。また、同年8月22日から、国内で9番目、九州では最初かつ唯一の24時間空港として運用している。

2012年(平成24年)に福岡空港の発着数が滑走路1本で運用可能な限界を超え[3]、航空路線の新規就航や増便が困難となっていることから、福岡県は2014年(平成26年)11月に策定した「福岡県の空港の将来構想」で、福岡空港の発着枠を超える就航希望航空会社(特にLCCと貨物専用便)について北九州空港に誘導するとしている[4]

開港前の2006年に放送された上戸彩主演のフジテレビ系連続ドラマ『アテンションプリーズ』第1話のロケーション撮影が行われたり、米倉涼子主演の映画『交渉人 THE MOVIE』がエプロンで行われたりと、映像作品への露出が多い。

歴史[編集]

建設の経緯[編集]

(旧)北九州空港は、太平洋戦争のさなかに大日本帝国陸軍の飛行場として建設されたという経緯もあり、滑走路が大型ジェット機の離着陸のできない1,600mと短い上、滑走路の延長を行おうにも三方を山に、もう一方を曽根干潟に囲まれていることもあって拡張が困難な状況にあった。また、地形上の発生が多く、欠航率が25%と高かった。このような問題を解消すべく、北九州市が1971年に(旧)北九州空港の代替としての新空港の建設を国に要望。1981年に第4次空港整備において新規事業採択され、1994年に新北九州空港として政令指定を受け、新空港の建設が行われた。

空港整備の事業スキームとしては、運輸省港湾局が周防灘の沖合3kmの位置に関門航路浚渫土砂の処分施設として新門司沖土砂処分場・苅田沖土砂処分場を建設し、同省航空局がこれを流用して全長4,125m、全幅900m、面積373haの空港島を建設し、大型機の離着陸可能な2,500mの滑走路を持つ海上空港を建設することになった。前述の通り空港島の護岸築造や埋め立て土砂投入費用は関門港の港湾整備事業(事業費1500億円)として行われたこともあり、滑走路など空港本体の建設費は1042億円と、関西国際空港(1兆5461億円:第一期事業)、中部国際空港(7680億円)など他の完全埋め立てによる海上空港と比較して割安に建設された[5]

この計画策定に於いて、1990年、防衛庁(当時)が「海上自衛隊小月航空基地の空域と近接し、運用に支障が出るため滑走路方位はその影響が少ない東西方向とすべきである」と主張、南北方向の滑走路建設計画に反対を表明した(空域問題)。このため、北九州市長の末吉興一の仲介の元で当時の運輸省と防衛庁の間で調整が行われ、「完成後の運用空域に制限を設ける」ことが条件として付加されて政治決着が図られ、南北方向の滑走路での建設が決まった[6]

年表[編集]

施設[編集]

旅客ターミナルビル[編集]

北九州エアターミナル株式会社
Kitakyusyu Air Terminal Co.,Ltd.
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
800-0306
北九州市小倉南区空港北町6番
設立 1989年(平成元年)5月1日
法人番号 5290801000669
事業内容 貸室業及び空港利用施設の賃貸業
広告、宣伝並びに広告代理業
代表者 代表取締役社長 西田幸生[28]
資本金 35億2400万円
発行済株式総数 7万0480株
売上高 9億7000万円[29]
営業利益 7700万円[29]
経常利益 1億0400万円[29]
純利益 6300万円[29]
純資産 43億4000万円[29]
総資産 50億9100万円[29]
従業員数 15名
決算期 3月
会計監査人 公認会計士北部九州監査団
主要株主 福岡県 28.4%
北九州市 28.4%
外部リンク http://www.kitakyu-air.jp/airport_guide/corporate_profile.html
特記事項:*経営指標は2019年(平成31年)3月期[29]
テンプレートを表示
井筒屋北九州空港店

旅客ターミナルビルは、福岡県や北九州市など地元自治体や民間企業が出資する第三セクター「北九州エアターミナル」が運営している[1]。ビル内の商業施設エリアには井筒屋が北九州空港店を出店している[30]

総合観光案内所には北九州市にゆかりのある松本零士にちなんで、空港カウンター・ロビーなどでメーテルが出迎えている。

2006年4月より、当港を発着する便の航空券に旅客施設使用料として100円が上乗せされている。

その他の施設(空港島内)[編集]

利用状況[編集]

年度別乗降客数[31]
年度 乗降客数(人)
国内線 国際線 合計
2008年度 1,185,049 11,752 1,196,801
2009年度 1,133,327 42,733 1,176,060
2010年度 1,124,680 60,301 1,184,981
2011年度 1,132,092 43,511 1,175,603
2012年度 1,174,440 94,838 1,269,278
2013年度 1,236,119 151,210 1,387,329
2014年度 1,252,314 7,565 1,259,879
2015年度 1,302,546 14,996 1,317,542
2016年度 1,313,394 98,263 1,411,657
2017年度 1,370,656 283,491 1,654,147
2018年度 1,443,152 350,205 1,793,357

2018年度の年間利用客数は、前年度比8.5%増の178万3432人で3年連続過去最高となった[32][33]。このうち定期便の利用者は国内線が前年度比6.1%増の143万731人、国際線が前年度比36.9%増の33万6535人であった[32]。定期便以外も含めた全ての利用者数の推移は以下の通りである[31]

500,000
1,000,000
1,500,000
2,000,000
2010年度
2015年度
  •   国内線
  •   国際線

北九州空港利用促進連絡会が公表している調査結果によると、北九州空港の利用目的はビジネスが50%、観光が23%、帰省等私用が23%、その他が4%である[34]。また、住所別の東京路線における北九州空港と周辺空港の選択割合は下表の通りである[34]

住所 北九州空港 福岡空港 山口宇部空港 大分空港
北九州市 74% 24% 2% -
中間市 74% 25% 1% -
中津市 68% 12% - 20%
下関市 31% 13% 56% -

需要予測[編集]

需要予測[35]と実際の利用状況(2018年度)[32]
路線 需要予測 実際の利用状況
人数 便数 人数 便数
国内線 東京/羽田 122万6千人 9 134万3138人 16
那覇 37万2千人 4 6万4450人 1
名古屋/中部 30万9千人 4 未就航
鹿児島 23万6千人 4 未就航
大阪/関西 20万5千人 3 未就航
札幌/新千歳 19万7千人 3 未就航
大阪/伊丹 19万6千人 3 未就航
宮崎 9万2千人 2 未就航
名古屋/小牧 予測なし 2万2985人 1
国際線 ソウル/仁川 予測なし 15万7740人 2
釜山 予測なし 8万3701人 1
務安 予測なし 4万763人 週3
台北/桃園 予測なし 2万8021人 1
大連 予測なし 1万8802人 週2
襄陽 予測なし 7568人 週3

開港前の2002年(平成14年)に国土交通省が実施した需要予測では、東京/羽田線に加え新千歳、中部、大阪/伊丹、大阪/関西、宮崎、鹿児島、那覇とを結ぶ路線の就航を前提に、2007年度(平成19年度)の利用者数の予測値を合計で283.3万人としていた[35]。一方、地元自治体などが出資する第三セクターの北九州エアターミナルは設計上の利用客数の上限を150万人と想定してターミナルビルを建設しており、同時間帯に発着できる便数が限られている[36]

国土交通省の需要予測では、東京/羽田線の予測値は122.6万人(1日9往復)であった[35]のに対し、2018年度(平成30年度)の実績値は134万3138人(1日16往復および不定期臨時便)となっている[32]

また、予測では国内線のみを想定していた[35]が、2016年(平成28年)以降複数の国際定期路線が就航した結果、2018年度(平成30年度)の利用者数は合計で33万6535人(内訳はソウル/仁川線15万7740人、釜山線8万3701人、務安線4万763人、台北/桃園線2万8021人、大連線1万8802人、襄陽線7568人)となっている[32]

国土交通省では、2011年(平成23年)4月に予測と実績の乖離要因について路線毎の分析結果を公表した[35]。予測に反し実際には就航しなかった路線について、大阪・鹿児島路線は競合する区間の新幹線の便数が予測より増加し、運賃が低下したこと、宮崎路線は運賃が安い長距離バスが多数運行され、自動車・バスの分担率が上昇したこと、新千歳路線は航空会社が直行便を減らし羽田乗継便に集約する傾向があること等を要因とした[35]。就航後に路線廃止となった中部、那覇路線については、予測に対して実際に就航した便数が少なく、利便性の低さ等により実績が予測を下回ったとした[35]。なお、那覇路線については2017年(平成29年)から季節定期便として再就航し2019年(平成31年)から通年運航している[32][37]

拠点・焦点都市としている航空会社[編集]

就航路線[編集]

航空会社が2社以上の場合、最前の航空会社の機材・乗務員で運航する共同運航便(コードシェア便)

国内線[編集]

航空会社就航地
日本航空 (JAL)東京国際空港(羽田空港)[2]
スターフライヤー (SFJ)全日本空輸 (ANA)(東京国際空港便の一部便[38]を除く)東京国際空港、那覇空港[2]
フジドリームエアラインズ (FDA)日本航空 (JAL) 静岡空港

航空会社が撤退または運休中の定期就航路線

(北九州空港発)就航路線別旅客数/順位(2017年・暦年)[39]
行き先 旅客数 国内線順位
東京国際空港 120万8259人 上位16位

国際線[編集]

航空会社就航地
日本の旗スターフライヤー (7G) 台湾台湾桃園国際空港台北[40]
大韓民国の旗ジンエアー (LJ)大韓航空 (KE) 韓国仁川国際空港ソウル[41][42]金海国際空港釜山[41][42]
大韓民国の旗コリアエクスプレスエア (XE) 韓国襄陽国際空港
大韓民国の旗ティーウェイ航空 (TW) 韓国務安国際空港[43]
大韓民国の旗エアプサン (BX) 韓国大邱国際空港[44]
中華人民共和国の旗中国東方航空 (MU) 中国大連周水子国際空港大連)(2019年8月17日就航予定[45]

航空会社が撤退または運休中の定期就航路線

就航都市[編集]

就航実績のある航空会社[編集]

貨物便[編集]

ANA Cargoが2018年6月から那覇空港経由の国際貨物定期便を就航している[49]。貨物専用機による定期便は九州地方の空港で唯一であり、同社の「沖縄貨物ハブ」を経由してソウル、台北、シンガポール、上海、香港、バンコクへの輸送ルートを形成する[49]

就航当初は関西国際空港を出発し北九州空港経由で那覇へ向かうルートにて運航していたが、2018年10月28日から成田国際空港発に変更[50]。成田から北九州の区間を活用する形で福岡空港止めの輸入貨物の取扱も開始した(北九州空港から福岡空港までは陸送)[51]

また、かつてはギャラクシーエアラインズによる東京/羽田線、大阪/関西線、揚子江快運航空による上海線、日本貨物航空による東京/成田線などが定期便として就航していたが、廃止・運休に至っている。

このほか、生体馬や大型貨物の輸出入のためチャーター便、臨時寄港便などによる大型貨物機が就航している。

貨物定期便を就航している航空会社[編集]

貨物便の就航実績のある航空会社[編集]

北九州空港に駐機している日本貨物航空B747-400F

Sea & Air 輸送[編集]

2013年11月24日NASAJAXAが共同開発した人工衛星(GPM主衛星)の輸送に北九州空港が利用された[53]。この輸送が北九州空港と空港島の護岸を使った初のSea & Air輸送となった。

輸送経路はアンドルーズ空軍基地からアメリカ空軍の大型輸送機C-5 ギャラクシーによる空輸で北九州空港へ、空港島の護岸から内航船で種子島まで海上輸送、打ち上げが行われる種子島宇宙センターまで陸送[54]というものであった。なお、北九州空港での空港ランプから護岸までは、特殊車両で陸上輸送された。

飛行試験[編集]

三菱航空機が開発中のMitsubishi SpaceJetの量産にあたり、飛行試験および駐機場所のサブ拠点として本空港を活用する予定である[55]。当初、北九州空港での飛行試験は2016年度後半以降に開始される見込みであった[56]が、2018年時点では2022年に開始する予定となっている[55]

交通機関[編集]

道路[編集]

新北九州空港道路

空港の開港にあわせて、2006年2月26日から東九州自動車道の一部区間(北九州JCT - 苅田北九州空港IC)が供用開始。新北九州空港道路も同年3月5日から供用開始となった。通行料無料の橋としては、2015年1月31日に宮古島市に3,540mの伊良部大橋が開通[57]するまで日本一の距離(2,100m)であった[58]

バス[編集]

北九州市、福岡市とを結ぶバスが運行されている。

かつて運行されていた路線

乗合タクシー[編集]

早朝・深夜の時間帯に運航される便に接続するバスが小倉駅方面・福岡市内方面に限られるため(2016年8月現在)、これらの便に合わせて北九州市内各地・下関市内向けの乗合タクシー(要予約)が運行されている。(北九州空港のホームページ等参照)

鉄道[編集]

最寄駅はJR日豊本線朽網駅だが、普通列車しか停車しない。特急列車ソニックにちりん、にちりんシーガイア)利用の場合は、上りは行橋駅、下りは小倉駅(一部下曽根駅)で普通列車乗換となる。朽網駅や小倉駅から空港までは連絡バスが利用できる。

連絡鉄道構想[編集]

2003年、新北九州空港アクセス鉄道整備検討委員会によって空港島と小倉駅を結ぶ空港連絡鉄道の建設可能性について検討されている[64]。小倉駅から在来線新門司経由で新設する案、小倉駅から新幹線を新門司経由で新設する案、在来線を日豊本線の下曽根駅から分岐させる案があり、2018年12月に北九州市長の北橋健治は、利用者数200万人達成を視野に、軌道系アクセスの実現可能性について改めて調査を開始する公約を掲げている[65]

航空管制[編集]

北九州空港の航空交通業務を担当する機関は次のとおり。

開港当初の北九州空港は、進入管制業務を福岡航空交通管制部(福岡市)が受け持ち、北九州空港事務所航空管制運航情報官が飛行場対空援助業務を行うレディオ空港(飛行場管制業務は行われない)であった。また、計器出発・進入経路が山口宇部空港や海上自衛隊小月航空基地(下関市)と重複しており、当空港やこれらの空港や基地に到着機や出発機がある場合は離着陸(計器進入や計器出発)ができなかった。さらに、空港建設決定時の制限事項として「空港のすぐ南側にある航空自衛隊築城飛行場の管制圏に立ち入ることが出来ない」ことが定められていたため、南側からの計器進入方式が設定出来ず、これらの理由から悪天候時には運航ダイヤに頻繁な遅延が生じていた。

このような状況を改善すべく、北九州空港事務所に航空管制官が配置され、2007年10月1日より24時間の飛行場管制業務が開始された[8]。さらに、2008年3月13日より航空自衛隊築城基地が担当する管制空域(築城進入管制区)が拡大され、当空港と山口宇部空港においてターミナルレーダー管制が導入された[9][10]。このため開港直後に多発した運航遅延は、現状[いつ?]程度の運航状況では殆ど遅延の発生が見られない程度に解消されている。

2014年4月1日0000(JST)からは、北九州空港の飛行場管制の運用時間が縮小され、交通量が少ない深夜・早朝は福岡FSCによる他飛行場援助業務が行われるリモート空港となっている。それぞれの担当時間は以下の通り。

  • 7時45分 - 22時15分までは、北九州TWR
  • 22時15分 - 7時45分までは、北九州リモート

このほか、無線航行陸上局として、北九州ILS、周防VOR/DME(SUE)を設置している。

北九州空港で撮影された作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 降旗英峰 (2014年3月11日). “わがまち・マイタウン:北九州空港開港8周年感謝祭−−小倉南”. 毎日新聞 
  2. ^ a b c 石田宗久(2014年4月4日). “北九州空港:乗降客1000万人に”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  3. ^ “福岡空港“容量オーバー”発着15万回超 24年過去最高、滑走路増設課題に”. イザ!. 産経新聞 (産経デジタル). (2013年1月31日). http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/631168/ 2013年9月1日閲覧。 
  4. ^ 「福岡県の空港の将来構想」を策定しました”. 福岡県 (2014年11月21日). 2015年7月12日閲覧。
  5. ^ 吉田潔、吉村英俊 (2005-3) (PDF). 新北九州空港におけるビジネス旅客の動向と利用促進の方向性 (Report). 北九州市立大学北九州産業社会研究所. pp. 52-78. https://www.kitakyu-u.ac.jp/iurps/pdf/46_4.pdf 2014年2月12日閲覧。. 
  6. ^ 空域調整に市長奔走”. 北九州市市制50周年記念事業. 毎日新聞西部本社 (2012年4月25日). 2014年2月12日閲覧。
  7. ^ 石田宗久 (2015年1月6日). “FDA:北九州−名古屋、就航へ 3月から1日2往復”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  8. ^ a b “新北九州空港における飛行場管制業務の開始について” (プレスリリース), 国土交通省航空局, (2007年8月30日), http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/12/120830_.html 
  9. ^ a b “新北九州空港及び山口宇部空港へのターミナルレーダー管制導入について” (プレスリリース), 国土交通省航空局, (2008年2月14日), http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha08/12/120214_.html 
  10. ^ a b “築城進入管制区のエリア拡大へ”. 朝雲新聞. (2008年2月21日). オリジナルの2010年5月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100527205539/http://www.asagumo-news.com/news/200802/080221/08022108.html 
  11. ^ “8月からソウル便を週1往復増便 北九州空港 夏需要に対応し週4便に”. 週刊経済 2009年7月7日発行 No.1111 (地域経済センター) (2009年7月7日).
  12. ^ “ソウル定期路線を開設 北九州空港 済州航空が週3往復”. 週刊経済 2009年3月24日発行 No.1097 (地域経済センター) (2009年3月24日).
  13. ^ “韓国の済州航空、北九州―仁川便を4月22日から運休”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2012年1月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASJC1601F_W2A110C1LX0000/ 2019年7月9日閲覧。 
  14. ^ [「NCA、S13より北九州空港(KKJ)への寄航を定期化」日本貨物航空 2013年2月18日]
  15. ^ 「小型機が滑走路外れて着陸2人大けが 北九州空港」NHK 11月16日18時30分
  16. ^ 「小型機が滑走路から外れ護岸に衝突、2人重傷」読売新聞 2014年11月16日22時23分
  17. ^ a b 浅野翔太郎(2015年3月30日). “FDA:名古屋定期便、金色の一番機到着 北九州空港”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  18. ^ a b “FDA 北九州―名古屋線が就航”. 読売新聞(読売新聞社). (2015年3月30日)
  19. ^ 北九州―大連線、10月末就航 天津航空、週2往復 [福岡県 西日本新聞 2016年9月14日11時40分]
  20. ^ 「韓国LCCが北九州就航 10月釜山便、12月ソウル便」西日本新聞 2016年9月2日03時00分
  21. ^ ジンエアー国際定期便就航日変更 (北九州空港公式サイト)(2016年9月27日)
  22. ^ 「北九州⇄那覇(沖縄)線 夏季限定 新規就航」スターフライヤー公式サイト 2017年2月28日
  23. ^ a b “北九州―大連線 天津航空が運休 最長で来年3月まで”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年10月13日). http://www.nikkei.com/article/DGKKZO2219794012102017LX0000/ 2017年10月17日閲覧。 
  24. ^ http://www.kitakyu-air.jp/boarding/month_long_timetable.html
  25. ^ “ジンエアー、北九州/仁川線を4月中旬から増便 スケジュールも変更 ”. FlyTeam (FlyTeam). (2018年3月16日). http://flyteam.jp/news/article/91861 2018年3月16日閲覧。 
  26. ^ “スターフライヤー、国際線に再参入 北九州で就航セレモニーを開催”. FlyTeam (FlyTeam). (2018年10月29日). http://flyteam.jp/news/article/101773 2018年10月30日閲覧。 
  27. ^ “海保福岡航空基地、北九州空港に移転へ”. 西日本新聞. (2018年8月29日) (2018-8-29発行). オリジナルの2018年8月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180829093523/https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/445173/ 2018年8月29日閲覧。 
  28. ^ [1]
  29. ^ a b c d e f g 北九州エアターミナル株式会社 第30期決算公告
  30. ^ “井筒屋でもニモカ”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2014年12月10日)
  31. ^ a b 運輸、通信関連統計ページ”. 北九州市. 2019年7月1日閲覧。
  32. ^ a b c d e f “平成30年度 北九州空港の利用状況” (PDF) (プレスリリース), 北九州市港湾空港局空港企画課, (2019年4月24日), http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000838535.pdf 2019年5月5日閲覧。 
  33. ^ “北九州空港利用者数、3年連続過去最多 18年度178万人 貨物量も大幅増”. 西日本新聞. (2019年5月10日). https://www.nishinippon.co.jp/item/n/508854/ 2019年5月26日閲覧。 
  34. ^ a b 北九州空港”. 北九州空港利用促進連絡会. 2019年7月1日閲覧。
  35. ^ a b c d e f g 航空需要予測の乖離分析について - 国土交通省
  36. ^ 北九州空港大規模改修へ、国際線エリア拡張検討
  37. ^ “スターフライヤー、北九州-那覇を通年運航 複数便も”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2019年1月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40085440W9A110C1LX0000/ 2019年7月1日閲覧。 
  38. ^ 北九州発始発便、北九州着最終便はSFJの単独運航
  39. ^ “平成27年度航空輸送統計(暦年)の概況について” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省総合政策局, (2018年3月8日), http://www.mlit.go.jp/common/001224357.pdf 2018年3月16日閲覧。 上位50位までを記載
  40. ^ スターフライヤー、台北線3路線を開設 マカオへのチャーター便も運航 Traicy 2017年10月31日付
  41. ^ a b ジンエアー、10月末から北九州空港に乗入れ 釜山・仁川線を開設へ FlyTeam 2016年9月8日付
  42. ^ a b ジンエアー、北九州/釜山線の就航日を10月末から12月1日に変更 FlyTeam 2016年9月28日付
  43. ^ ティーウェイ航空、北九州〜務安線就航 片道1,980円の記念運賃も - トラベルメディア「Traicy(トライシー)」2018-09-12閲覧
  44. ^ エアプサンが北九州空港に初参入 テグ路線開設へ 6月5日から 福岡県 - FNN.jpプライムオンライン2019-04-27閲覧
  45. ^ 北九州=大連線新規就航と特別運賃のご案内中国東方航空
  46. ^ 韓国・コリアエクスプレスエア、北九州空港に定期便2路線 - 読売新聞 2018年2月21日
  47. ^ 무안~日 기타큐슈 항공편 내일 운항 개시- SBS News 2016年11月7日 (朝鮮語)
  48. ^ ウラジオストク航空、北九州空港で就航の記念式典を開催 トラベルビジョン 2006年8月22日 2019-05-04閲覧
  49. ^ a b ANA Cargoによる北九州空港への貨物定期便就航について~ 関空-北九州-那覇線 週5便就航決定 ~ - 福岡県空港対策局空港整備課 2018年1月18日
  50. ^ ANA沖縄貨物ハブ再編、新設・増便4路線、減便・運休11路線 2018-11-14閲覧。
  51. ^ 成田発北九州行きフレーターでの福岡空港止め輸入貨物取り扱い開始について|ANA Cargo 2018-11-14閲覧。
  52. ^ http://www.hongkongairport.com/flightinfo/chi/cargo_dep.html cargo departure on 9/11/2012
  53. ^ JAXAとNASAが共同開発の人工衛星「GPM主衛星」、日本に到着!
  54. ^ JAXAとNASA共同開発の人工衛星、スーパーギャラクシーで北九州に到着 - Flyteamニュース(2013年11月26日付)
  55. ^ a b “航空産業の集積を福岡県が支援 中小育成し一括受注・生産へ 新年度から”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2018年1月11日). https://www.nishinippon.co.jp/item/n/385535/ 2015年1月15日閲覧。 
  56. ^ “MRJ飛行試験「16年度後半に」、北九州市 駐機場など整備協議も”. 西日本新聞経済電子版 (西日本新聞社). (2014年9月10日). http://qbiz.jp/article/45598/1/ 2015年1月15日閲覧。 
  57. ^ “伊良部大橋開通祝い記念碑建立 沖縄宮古郷友連合会”. 琉球新報. (2015年1月29日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-238048-storytopic-5.html 
  58. ^ 無料通行で日本一長〜い!伊良部大橋開通…沖縄 Archived 2015年1月31日, at the Wayback Machine.
  59. ^ 北九州空港と福岡都市圏を結ぶ直行バス「福北リムジンバス」の運行開始について”. 福岡県 (2015年6月10日). 2015年6月25日閲覧。
  60. ^ “平成30年7月1日(日)「福北リムジンバス」ダイヤ改正のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 西日本鉄道株式会社, (2018年5月30日), http://nishitetsu.co.jp/release/2018/18_030.pdf 2018年7月2日閲覧。 
  61. ^ 北九州空港送迎便のお知らせ (PDF)”. 太陽交通. 2015年6月25日閲覧。
  62. ^ 北九州空港 別府 直行バス運行開始
  63. ^ “高速バス 別府~北九州空港線運行終了のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 大分交通、亀の井バス, (2019年7月18日), http://www.oitakotsu.co.jp/bus/highway/kitakyu-airport/overview.pdf 2019年8月8日閲覧。 
  64. ^ 北九州空港振興協議会. “飛躍に向けて”. 2018年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月21日閲覧。
  65. ^ 北橋健治オフィシャルサイト 4期目の政策大綱”. 2019年6月26日閲覧。

外部リンク[編集]