熊本空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
熊本空港
Kumamoto Airport
熊本空港国内線ターミナル外観(2023年)
熊本空港空撮(2019年2月)
熊本空港空撮(2019年2月)
IATA: KMJ - ICAO: RJFT
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 熊本県上益城郡益城町小谷
母都市 熊本市
種類 商業
運営者 熊本国際空港[1]
運用時間 7:30 - 21:30
敷地面積 150[2] ha
標高 196 m (642 ft)
座標 北緯32度50分14秒 東経130度51分18秒 / 北緯32.83722度 東経130.85500度 / 32.83722; 130.85500座標: 北緯32度50分14秒 東経130度51分18秒 / 北緯32.83722度 東経130.85500度 / 32.83722; 130.85500
公式サイト 阿蘇くまもと空港
地図
熊本空港の位置
熊本空港の位置
KMJ
熊本空港の位置
熊本空港の位置
KMJ
熊本空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
07/25 III b 3,000×45 舗装
統計(2022年度)
旅客数 2,642,798人
貨物取扱量 7,713t
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
熊本空港周辺の空中写真(2016年撮影の6枚より合成作成)。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成

熊本空港(くまもとくうこう、: Kumamoto Airport)は、熊本県上益城郡益城町にある空港2020年4月1日より、熊本国際空港株式会社に運営が移管され、コンセッション方式で民営化された[1][3]。国際航空輸送網又は国内航空輸送網の拠点となる空港として空港法に基づく区分では第4条第1項第6号に該当する空港として政令で定める空港(国管理空港)に区分されている[4]。愛称は阿蘇くまもと空港(あそくまもとくうこう)。

概要[編集]

熊本市から北東へ約20kmの阿蘇山の山麓にある。空港ビルは益城町にあるものの、滑走路のほとんどは菊池郡菊陽町にあたる。 空港周辺が霧の多い場所であるため、ILSカテゴリーIIIb(CATIII-b)で運用しており、(規定以下の横風・機体側の装備・操縦士の保持資格が整えば)自動着陸が可能である。

国の一般会計からの繰り入れを考慮しない営業損益では、2011年度以降黒字となった[5][6]。空港は2020年4月から、熊本国際空港株式会社に運営が移管し、民営化された。これまでの国内線ターミナルビルを取り壊し、国内・国際線が一体となった新しいターミナルビルが、2023年3月23日に開業した[3]

陸上自衛隊高遊原分屯地を併設し、また民間機と滑走路を共用しているため、自衛隊機の発着も見ることができる。CH-47J(A)OH-6DUH-1などのヘリコプターが多い。

イギリスの航空・空港関係格付会社スカイトラックス社「世界ベスト空港(World's Best Airport)」国内線部門(調査対象期間:2017年3月~2018年2月)において、熊本空港(当時)が世界第8位に選出された[7]

統計[編集]

利用者数[編集]

元のウィキデータクエリを参照してください.

2016年度の年間利用客数は298万2,198人(国内線294万7,589人、国際線3万4,609人)[8] で、着陸回数、旅客数とも日本の空港で第13位、九州沖縄の空港では第4位となっている[9]

歴史[編集]

旧空港(健軍飛行場)[編集]

  • 1953年(昭和28年)5月25日 - 熊本飛行場(熊本市健軍町)設置に関する告示
  • 1956年(昭和31年)11月1日 - 熊本飛行場建設工事着手
  • 1960年昭和35年)4月1日 - 熊本飛行場供用開始(滑走路長1,200m)。全日空により、大阪 - 大村 - 熊本 - 大分 - 大阪便 (DC-3、毎日 1 便) の運航が開始された[10](1日1便)
  • 1961年(昭和36年)
    • 4月1日 - 全日空 長崎(大村)線に就航
    • 8月1日 - 全日空 大分線に就航
  • 1962年(昭和37年)
    • 3月20日 - 東亜航空 小倉線、鹿児島線に就航
    • 4月1日 - 全日空 大阪線に就航
  • 1964年(昭和39年)7月1日 - 全日空 東京線に就航
  • 1966年(昭和41年)
    • 4月 - 東亜航空 小倉線運休
    • 6月 - 東亜航空 鹿児島線運休
  • 1970年(昭和45年)12月30日 - 大阪行きの全日空機(YS-11)が滑走路を離陸できずオーバーランする事故が発生。機体は滑走路端の草地に突っ込んだが乗員・乗客は無事[11]

現空港[編集]

  • 1968年(昭和43年)10月17日 - 新熊本空港起工式
  • 1971年(昭和46年)4月1日
    • 現在地に移転。新熊本空港供用開始(滑走路長2,500m)
    • 全日空 名古屋線に就航
  • 1972年(昭和47年)12月 - 全日空熊本乗員訓練所開所
  • 1973年(昭和48年)
    • 新熊本空港から熊本空港へ名称変更
    • 10月1日 - 全日空 宮崎線に就航
  • 1975年(昭和50年)7月23日 - 全日空 沖縄/那覇線に就航
  • 1978年(昭和53年)7月20日 - 東亜国内航空 東京線に就航
  • 1979年(昭和54年)
  • 1980年(昭和55年)4月1日 - 滑走路2500m→3000mに延伸 供用開始
  • 1981年(昭和56年)2月 - 大韓航空 ソウル線を運休
  • 1983年(昭和58年)
  • 1987年(昭和62年)11月23日 - 香港ドラゴン航空 香港線に定期チャーターとして就航(1989年春まで週2便)
  • 1990年(平成2年)5月31日 - 日本エアシステム 高松線を運休
  • 1991年(平成3年)
    • 4月1日 - 日本航空 ソウル線(福岡経由)に就航
    • 4月9日 - 大韓航空 ソウル線運航再開
    • 7月20日 - 日本航空 東京/羽田線に就航
  • 1992年(平成4年)6月20日 - 日本エアシステム 札幌線に就航
  • 1994年(平成6年)
    • 3月31日 - 日本航空 ソウル線を運休
    • 9月4日
      • 日本航空 大阪/伊丹線、大阪/関西線に就航
      • 全日空 大阪/関西線に就航
  • 1995年平成7年)9月14日 - カテゴリーIIIa運用開始[12]釧路空港とともに日本初
  • 1997年(平成9年)
    • 5月31日 - 大韓航空 ソウル線を運休
    • 8月31日 - 日本航空 大阪/関西線を運休
    • 10月30日 - 日本エアシステム 札幌線を運休
  • 1999年(平成11年)
  • 2000年(平成12年)
    • 3月23日 - 天草エアライン 天草線に就航(1日2往復)
    • 4月1日 - 発着できる運用時間が20時30分から21時30分ヘ延長[13]
  • 2002年(平成14年)
    • 7月19日 - 日本エアシステム 大阪/伊丹線に就航
    • 10月1日 - 日本エアシステム 名古屋線に就航
  • 2003年(平成15年)
    • 8月1日 - スカイネットアジア航空(現 ソラシドエア) 東京/羽田線に就航(1日6往復)
    • 9月23日 - アシアナ航空 ソウル/仁川線に就航(週3便)
  • 2004年(平成16年)
    • 7月15日 - 全日空 大阪/関西線を運休
    • 10月1日 - 天草エアライン 松山線に就航(1日1往復)、また天草線を減便(1日2往復→1往復)
  • 2005年(平成17年)10月1日 - J-AIR 名古屋/小牧線に就航
  • 2006年(平成18年)
    • 2月16日 - 日本航空 神戸線に就航
    • 4月13日 - カテゴリーIIIbへ運用移行
  • 2007年(平成19年)
    • 4月 - 「阿蘇くまもと空港」の愛称使用開始
    • 6月30日 - 日本航空 神戸線を運休
    • 9月 - スカイネットアジア航空 東京/羽田線を減便(1日6往復→4往復)
  • 2008年(平成20年)
    • 2月6日 - 新管制塔の運用開始
    • 9月1日 - 天草エアライン 松山線を運休
    • 9月4日 - 天草エアライン 神戸線に就航(1日1往復)
  • 2009年(平成21年)
    • 7月23日 - FDA 静岡線に就航(1日1往復)
    • 11月1日 - ANAの那覇線を運休し、スカイネットアジア航空が那覇線に就航(1日2往復)
  • 2010年(平成22年)
    • 1月31日 - 日本航空 名古屋/中部線を運休
    • 10月1日 - スカイマーク 東京/羽田線(神戸経由)に就航、、神戸線に就航
    • 10月11日 - 天草エアライン 神戸線を運休
    • 10月31日 - スカイマーク 東京/羽田線の1往復を直行化
    • 12月15日 - 天草エアライン 大阪/伊丹線に就航(1日1往復)
  • 2011年(平成23年)
    • 3月26日 - J-AIR 名古屋小牧線を運休
    • 3月27日 - FDA 名古屋/小牧線に就航(1日3往復)
    • 4月1日 - スカイマーク神戸線を減便(1日2往復→1往復)
    • 7月31日 - FDA 静岡線を運休
  • 2012年(平成24年)
    • 9月30日 - スカイマーク 神戸線を運休
    • 10月 - 国内線ターミナルリニューアルオープン
  • 2013年(平成25年)
    • 3月31日 - スカイネットアジア航空の那覇線を運休し、ANAの那覇線が運航再開
    • 12月20日 - YS-11(JA8712)の展示開始
  • 2014年(平成26年)
    • 3月29日 - スカイマーク 東京/羽田線を運休
    • 9月13日 - スカイネットアジア航空 東京/羽田線を増便(1日4往復→5往復)
    • 10月26日 - ジェットスター・ジャパン 成田線・大阪/関西線、名古屋/中部線に就航(それぞれ1日2往復)
  • 2015年(平成27年)
    • 10月25日
      • チャイナエアライン 高雄線に就航(週3便)
      • ジェットスター・ジャパン 名古屋/中部線を運休
    • 12月14日 - 香港航空 香港線に就航(週2便)
  • 2016年(平成28年)
    • 3月27日 - ジェットスター・ジャパン 大阪/関西線を運休
    • 4月14日 - 熊本地震を受け、4月28日まで航空保安業務の24時間運用を実施[14][15]
    • 4月16日 - 熊本地震によりターミナルビル被害により旅客便欠航。滑走路一部剥離、進入指示灯不点灯、計器散乱のため管制塔使用不能だが、運用可能なため管制業務は気象事務室から小型無線機により継続。滑走路は使用可能であるため、24時間運用され救援物資等の航空拠点になっている[16]
    • 4月17日 - 支援物資を搭載したJAL臨時貨物便が着陸[17]
    • 4月19日 - 午前7時30分から管制塔での業務再開。到着便の一部が運航再開し、午後3時からは一部出発便も再開[18]
    • 6月3日   
      • 一部の国際線(高雄線のみ)が再開
      • アシアナ航空のソウル/仁川線は再開せず撤退(香港航空の香港線は2023年12月に運航再開) 
  • 2017年(平成29年)
    • 1月6日 - ティーウェイ航空 ソウル/仁川線に定期チャーターとして就航(3月1日まで週2便)
    • 4月2日 - エアソウル ソウル/仁川線に定期チャーターとして就航(10月26日まで週2便)
    • 4月28日 - ティーウェイ航空 ソウル/仁川線に就航(週4便)
    • 10月14日 - YS-11(JA8712)展示場が別棟ビル建設予定地となるため展示終了。撤去[19]
    • 10月29日 - エアソウル ソウル/仁川線に就航(週2便)
    • 11月16日 - 香港エクスプレス 香港線に定期チャーターとして就航(5月17日まで週2便)
    • 12月15日 - エアプサン 釜山線に定期チャーターとして就航(6月9日まで週3便)
  • 2018年(平成30年)
    • 3月16日 - エバー航空 台北線チャーター便運航(4月12日まで8往復)
    • 5月20日 - 香港エクスプレス 香港線に就航(週2便)
    • 10月27日 - ジェットスター・ジャパン 大阪/関西線を運航再開(1日1往復)[20]
    • 10月28日
      • ANA 名古屋/中部線を減便(1日3往復→2往復)
      • ティーウェイ航空 ソウル/仁川線を増便(週4→7便)
      • エアソウル ソウル/仁川線を増便(週2→3便)
    • 11月29日 - ティーウェイ航空 大邱線に就航(週3便)[21]
  • 2019年(平成31年・令和元年)
    • 3月30日
      • 香港エクスプレス 香港線を運休
      • ティーウェイ航空 ソウル/仁川線を減便(週7→4便)
      • ティーウェイ航空 大邱線を増便(週3→4便)
      • エアソウル ソウル/仁川線を減便(週3→2便)
    • 7月1日 - 熊本国際空港株式会社による熊本空港特定運営事業等、ビル施設等事業開始
    • 7月20日 - 香港エクスプレス 香港線を運航再開(週3便)
    • 8月19日 - ティーウェイ航空 ソウル/仁川・大邱線を運休
    • 10月27日
      • エアソウル ソウル/仁川線を運休
      • ANA 名古屋/中部線を増便(1日2往復→3往復)
  • 2020年(令和2年)
    • 2月25日 - チャイナエアライン 高雄線を運休
    • 3月9日 - 香港エクスプレス 香港線を運休
    • 4月1日 - 熊本国際空港会社が運営会社となり民営化[1][3]
    • 4月7日 - 国内線ターミナルが仮ターミナルに移転[22]
    • 10月25日 - ジェットスター・ジャパン 大阪/関西線を運休
  • 2021年(令和3年)
    • 7月16日 - FDA 静岡線が、1日1往復で10年振りに運航再開
    • 10月31日 - 日本航空 大阪/伊丹線を増便(1日3往復→4往復)
  • 2023年(令和5年)
    • 1月5日 - ティーウェイ航空 ソウル/仁川線の運航再開(週3便)
    • 2月3日 - ティーウェイ航空 ソウル/仁川線を増便(週3→4便)
    • 3月2日 - ティーウェイ航空 ソウル/仁川線を増便(週4→7便)
    • 3月23日 - 新ターミナルビルオープン[23]
    • 3月26日 - ANA 名古屋/中部線を減便(1日3往復→2往復)
    • 9月1日 - スターラックス航空 台北/桃園線に就航(週5便)
    • 9月18日 - チャイナエアライン 台北/桃園線に就航(週2便)
    • 10月30日 - スターラックス航空 台北/桃園線を増便(週5→7便)
    • 11月1日 - 香港エクスプレス 香港線を運航再開(週3便)
    • 12月2日 - 香港航空 香港線を7年半ぶりに運航再開(週3便)
    • 12月3日 - チャイナエアライン 台北/桃園線を増便(週2→4便)
  • 2024年(令和6年)
    • 1月9日 - FDA 静岡線を運休(4/27~5/6、8/9~8/18は運航)
    • 2月27日 - チャイナエアライン 台北/桃園線を増便(週4→5便)
    • 3月25日 - 香港航空 香港線を増便(週3→4便)
    • 3月31日 - 香港エクスプレス 香港線を運休
    • 4月27日 - FDA 高知線に期間限定で就航(〜5/6、8/9〜8/18)

施設[編集]

滑走路[編集]

誘導路を備えた長さ3,000メートルの滑走路1本がある。旧空港では1,200メートル、移転後に2,500メートルで供用を開始し、1977年に3,000メートルに延長された。

旅客ターミナルビル[編集]

現在の旅客ターミナルは国内線と国際線が一体として2023年3月23日に供用を開始した。熊本国際空港株式会社が運営している。旧旅客ターミナルに比べて面積は1.3倍となり、制限エリア内の商業面積は50倍となった。また国内線制限エリア内の商業エリアは国際線旅客も利用可能である(その場合、保安検査を2度受けることになる)。熊本地震の経験を活かし、震度7の揺れにも耐える構造としており、非常ライフラインを72時間確保することができる。またこれを機に保安検査に地方空港初のスマートレーンを導入し、電子機器や水などの取り出しが不要になったことで混雑が緩和された。もう一つ地方空港初としては国際線チェックインにおいて自動バゲージドロップを導入した。

  • 供用開始:2023年3月23日
  • 構造:地上4階 ボーディングブリッジ4基 (2,4~5スポットはマルチスポットにより最大7機が使用可能)
  • 延床面積:37000㎡

2024年秋までに新たに商業施設が旅客ターミナル東側に開業完了する。(延床面積1400㎡)

ラウンジ

テナント[編集]

場所 店舗名 業態
ターミナルビル 1F 保安検査前 タリーズコーヒー カフェ
和食りんどう 和食レストラン
あそ~ら ロビー店 総合土産
セブンイレブン コンビニエンスストア
ポーたま 阿蘇くまもと空港店 ポーク玉子おにぎり
格之進ハンバーグ ハンバーグレストラン(今年春オープン)
迷客夏 Milksha × 一流二事 1624 台湾まぜそば・タピオカ店(今年秋オープン)
菅乃屋 馬肉レストラン(今年秋オープン)
ロイヤルホスト ファミリーレストラン(今年秋オープン)
3F 国内線

保安検査後

あそ~ら ゲート店 総合土産
これっと九州沖縄 総合土産/バー
JAL PLAZA 総合土産
くまもと旬彩館 総合土産
gogaku ファッション
MIYABI クマモトマーケット 雑貨/食品セレクトショップ
GIGO アミューズメント
QSHU HUB 熊本・九州の PR エリア&ショップ
阿蘇の逸品 ハム・ソーセージ
おだ商店 からし蓮根
平家屋 にしめ万十・総菜
五木屋本舗 山うにとうふ・油揚げかりふわ
馬肉専門店 菅乃屋 馬刺し土産
杉養蜂園 蜂蜜
お酒の美術館 スタンディングバー
米白餅本舗 フルーツ大福・餅
PREMIUM TENTE フルーツギフト・ソフトクリーム
TEASTAND Tsuguto 日本茶・茶粥・茶菓子
WITCH‘S BEER FLIGHT クラフトビール専門店/バー/ボトルショップ
珈琲回廊 ドリンク/焙煎豆販売
あか牛食堂よかよか あか牛料理
コッコファーム たまご料理
馬肉料理 菅乃屋 馬肉料理
鮨 福伸 寿司・海鮮丼
味千×桂花ラーメン ラーメン
国際線 出国審査後 ASO KUMAMOTO AIRPORT

DUTY FREE SHOP 免税店

(化粧品、香水、酒、たばこ、食品、雑貨)

問題点[編集]

熊本国際空港は、以前はターミナル東側の商業施設の開業を新ターミナル開業と同時の2023年春を予定していたが、新型コロナウイルスの世界的流行により今後の需要予測が困難となったことにより、商業施設の開業を2024年秋へとずらした。そのため現段階(2024年1月現在)では見送り客や到着客は出発客に比べ、利用できる店舗数に差があることから、多少の不満の声が上がっている。その声を受け熊本国際空港は方針を変更し、2024年秋に開業する予定の商業エリアをテナントが決まり次第開けていく方針を示している[24]。23年12月からは商業エリア第1号店となる沖縄の飲食店「ポーたま」が出店し、24年春からは2号店として岩手のハンバーグレストラン「格之進ハンバーグ」が出店する予定である。また秋にはさらに熊本の馬肉レストラン「菅乃屋」、ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」の出店が決まっている。商業棟全体の内訳は飲食店5店・雑貨物販2店・(残り1店舗は検討中)の8店舗が入る予定である。現在は飲食店1店舗、イートインスペース、自動販売機ゾーン、フォトコン受賞作品の掲示を商業施設内で行っている。

旧ターミナルビル[編集]

2020年までの旧ターミナルビルは、現在の旅客ターミナルの場所に移転した1971年に供用を開始。その後、5次にわたり増改築が行われてきた。1階に到着ロビーとチェックインカウンター、2階に出発ロビーと飲食店・物販店が、3階に展望デッキがある。

国際線ターミナル 1983年に供用を開始。1階に到着ロビーとチェックインカウンター、2階に出発ロビーと免税店がある。2023年3月の新旅客ターミナル開業と共に運用を終了し、県警によるテロ対策訓練として活用されたのち、解体された。

民営化とターミナル建て替え[編集]

国土交通省は2018年3月、熊本地震からの復興の加速化や民間のノウハウを活かした利用促進・サービス向上を図るため、2020年4月から運営の民間委託を決定した。運営事業者は、三井不動産を筆頭とする11社によるコンソーシアムが出資する熊本国際空港株式会社である[25]

熊本国際空港株式会社は、国内線・国際線が一体となった新ターミナルビルを整備し[26][3]、2023年(令和5年)3月23日に計画通り開業した。

就航路線[編集]

航空会社名が2社以上の場合、最前の航空会社の機材・乗務員で運航する共同運航便(コードシェア便)となる。

※ 語末の★は、格安航空会社(LCC)

国内線[編集]

2023年7月現在、熊本空港に乗り入れている航空会社は6社である。大阪/伊丹線は新幹線との競合路線であるが、時間的にも料金的にもあまり変わらず、ANAが6往復、JALが4往復、AMXが1往復運航している。

航空会社就航地
日本航空 (JAL) [注 1]東京/羽田大阪/伊丹
全日本空輸 (ANA) [注 2]東京/羽田、名古屋/中部、大阪/伊丹、沖縄/那覇
ソラシドエア (SNJ) ・ 全日本空輸 (ANA) 東京/羽田
フジドリームエアラインズ (FDA) ・ 日本航空 (JAL) 静岡(GW、お盆のみの運航)、名古屋/小牧
ジェットスタージャパン (JJP) ★・日本航空 (JAL) (JAL国際線との乗り継ぎ時のみ)東京/成田
天草エアライン (AMX)・日本航空 (JAL) 大阪/伊丹
天草エアライン (AMX)・日本航空 (JAL) ・全日本空輸(ANA)天草

かつて熊本空港に乗り入れていた航空会社

航空会社就航地
日本航空 (JAL) [注 3]名古屋/中部、名古屋/小牧、大阪/関西神戸福岡(ソウル便の経由地)
全日本空輸(ANA)名古屋、大阪/関西、宮崎
日本エアシステム(JAS)札幌/新千歳、東京/羽田、名古屋、大阪/伊丹、高松
スカイマーク(SKY)東京/羽田、神戸
スカイネットアジア航空(現 ソラシドエア)(SNA)那覇
ジェットスター・ジャパン(JJP)★大阪/関西、名古屋/中部
天草エアライン(AMX)神戸、松山

2016年、スカイマークは経営状況や保有機材など条件が揃えば熊本への再就航も視野に入れると発言した。

2023年10月30日、ジェットスター・ジャパンの片岡優社長は大阪/関西線の運航再開を前向きに検討するとした。

2024年1月25日、FDAは2024年夏ダイヤを発表し、静岡線を引き続き運休するが、GWやお盆休みなど大型連休のみは運航すると発表した。

かつて就航を計画したが実現しなかった航空会社

2021年1月1日、熊本国際空港は仙台線の新規開設を誘致すると発表した。

2023年8月2日、蒲島熊本県知事並びに鈴木北海道知事は札幌/新千歳線の開設の実現を目指すと表明した。

(熊本空港発)2022年度就航路線別旅客数/順位[27]
行き先 旅客数 国内線順位
東京国際空港 約160万人 上位08位
大阪国際空港 046万人 上位49位

国際線[編集]

航空会社就航地
大韓民国の旗 ティーウェイ航空 (TW)ソウル/仁川 (週7便)
中華民国の旗 チャイナエアライン (CI)・ 日本航空 (JL) 台北/桃園 (週5便)
中華民国の旗 スターラックス航空 (JX) 台北/桃園(週7便)
香港の旗 香港航空 (HX)香港(週4便)

過去に熊本空港に乗り入れていた航空会社

航空会社就航地
日本の旗 日本航空 (JL)ソウル/仁川 (1979年〜1994年)
大韓民国の旗 大韓航空 (KE)ソウル/仁川 (1979年〜1981年)(1991年~1997年)
大韓民国の旗 アシアナ航空 (OZ)ソウル/仁川 (2003年〜2016年)
大韓民国の旗 エアプサン (BX)★釜山 (2017年〜2018年)《定期チャーターで20席ずつ一般販売》
大韓民国の旗 エアソウル (RS)★ソウル/仁川 (2017年〜2019年)
大韓民国の旗 ティーウェイ航空 (TW)★大邱 (2018年〜2019年)
中華民国の旗 チャイナエアライン (CI)高雄 (2015年〜2020年)
中華民国の旗 マンダリン航空 (AE)高雄(2013年〜2015年)《プログラムチャーター》
香港の旗 香港エクスプレス航空 (UO)香港 (2017年〜2019年) (2023年〜2024年)

乗り入れを計画したが就航に至っていない航空会社

航空会社就航地
中華民国の旗 マンダリン航空 (AE)台中
中華民国の旗 遠東航空 (EF)台北/桃園(週3便)2016年7月6日~
中華民国の旗 タイガーエア台湾 (IT)台北/桃園
香港の旗 ジェットスター香港 (JM)香港
中華人民共和国の旗 中国東方航空 (MU)上海/浦東(週3便)2014年春~
中華人民共和国の旗 中国南方航空 (CZ)北京/首都(大連経由)
中華人民共和国の旗 春秋航空 (9C)南寧桂林
ラオスの旗 ラオス国営航空 (QV)ルアンパバーン(週2便)、ヴィエンチャン(週2便)ともに2020年3月18日〜[28]
タイ王国の旗 タイ・エアアジア X (XJ)バンコク/ドンムアン

2021年1月1日、熊本国際空港は成都線の定期便を誘致していることを明らかにした。

2023年6月27日、韓国の新興LCCであるエアロKは、今後清州線の開設を計画していることを明らかにした。また2023年8月2日、韓国聯合紙は清州〜熊本線を2023年10月〜12月の間から開設する計画だと報じたが、2024年1月28日現在路線開設には至っていない。エアロKは経営状態も危惧されており、路線開設の可能性は低い。

2023年8月18日、新大空港構想の有識者会議にて上海線の誘致をめざすとした提言がされた。

2023年12月2日、香港航空の張有強会長は、熊本空港の人員などの受け入れ環境が整えば、翌年3月の夏ダイヤから週7往復(毎日運航)に増便を検討すると発言した。2024年2月27日現在、夏ダイヤから週4往復に増便する予定をしている。

2023年12月6日、チャイナエアラインは熊本〜台北/桃園線を2024年2月27日〜3月26日の間、臨時便を火曜に追加し週5往復に増便すると発表した(臨時便扱い)。2023年12月27日、チャイナエアラインは夏ダイヤ以降も火曜日を追加した週5往復体制を維持すると発表した。(増便扱い)

2023年12月13日、韓国の有力紙は大韓航空が冬季期間(2月〜3月)に熊本〜ソウル/仁川線の不定期チャーター便を運航すると報じた。この情報はまだ確かではないが、合わせて28往復運航とされている。

就航都市[編集]

国内線[編集]

国際線[編集]

アクセス[編集]

2Fから見たバスと駐車場
空港リムジンバス

道路[編集]

空港アクセス鉄道計画[編集]

熊本県豊肥本線の支線として空港に乗り入れる空港連絡鉄道の建設を検討している。分岐点として「三里木駅」「原水駅」「肥後大津駅」の3案が検討されたが、有識者による検討委員会で「肥後大津ルートが妥当」と判断された[29]。県は今後、国やJR九州と調整を進め、2034年度末の開業を目指す[29]。2022年11月29日、蒲島郁夫熊本県知事古宮洋二JR九州社長が肥後大津ルートを採用することで合意した[30]

旧熊本空港(健軍飛行場)について[編集]

熊本空港が現在地に移る以前の旧空港は現在の熊本市北東部(長嶺・月出地区)に存在した。この空港は戦時中に陸軍の飛行場(東町に存在した旧三菱重工熊本航空機製作所に付属)として建設された後、1960年に民間転用された。当時は住居表示実施前であり、空港敷地の地名は健軍町(滑走路の一部は熊本市合併前の飽託郡託麻村)であったので一般的には「健軍空港(健軍飛行場)」と呼ばれ、広く熊本県民に親しまれていた。滑走路の総延長は1200mであり、当時の東京までの所要時間(途中経由地あり)はプロペラ機で5時間15分であった。 市街地にも近く立地的には便利であったが、滑走路が短くジェット化に対応することが難しかったことから1971年に現在地(高遊原)に移転した。

現在、空港ターミナルの跡地は熊本県立大学のキャンパスとなり、滑走路の南側の一部は片側一車線の道路として転用されたが、のちの1999年に「国体道路」の一部として取り込まれた際に片側二車線に拡幅された。現在でも当時の滑走路部分(旧免許センター跡・ジョイフル熊本帯山店 - 市営長嶺団地・モスバーガー長嶺日赤通り店の場所)までは道路が一直線に伸びている。また、滑走路跡を公共用地として転用したことから、国体道路のこの部分の北側には道路に沿って旧免許センター・熊本県赤十字血液センター・熊本赤十字病院・日赤熊本健康管理センター・熊本県身体障害者福祉センター・熊本県児童福祉相談所・業務スーパー長嶺店(旧:RKKカルチャーセンター(解体済み))・市営長嶺団地と、公共の施設や公営団地が帯状に連なっている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ジェイエアの機材・乗務員で運航する便あり
  2. ^ ANAウイングスの機材・乗務員で運航する便あり
  3. ^ ジェイエアの機材・乗務員で運航する便あり

出典[編集]

  1. ^ a b c “熊本空港が民営化 国内4例目 23年春に新ターミナルビルへ”. 毎日新聞. (2020年4月1日). オリジナルの2020年4月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200401114546/https://mainichi.jp/articles/20200401/k00/00m/020/220000c 2020年4月1日閲覧。 
  2. ^ 熊本空港”. 管内空港の現況と出先機関. 国土交通省大阪航空局. 2018年5月13日閲覧。
  3. ^ a b c d 伊藤秀樹 (2021年1月19日). “新ターミナルビルが着工”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP1L6RCNP1LTLVB003.html 2021年10月29日閲覧。 
  4. ^ 空港法(昭和三十一年法律第八十号)第四条:国際航空輸送網又は国内航空輸送網の拠点となる空港の設置及び管理”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2020年1月26日閲覧。
  5. ^ “国管理空港の9割が赤字 黒字は熊本・新千歳・小松だけ”. 朝日新聞デジタル. (2013年9月11日). http://www.asahi.com/politics/update/0911/TKY201309110008.html 2014年7月27日閲覧。 
  6. ^ “国管理24空港が営業赤字=12年度収支試算結果-国交省”. 時事ドットコム. (2014年7月18日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201407/2014071801023&g=eco 2014年7月27日閲覧。 
  7. ^ World's Best Domestic Airports 世界ベスト空港(World’s Best Airport)
  8. ^ 平成28年度空港管理状況調書』(PDF)(プレスリリース)国土交通省航空局、2017年7月26日http://www.mlit.go.jp/common/001198039.pdf2018年5月13日閲覧 
  9. ^ 平成28年度(年度)空港別順位表” (pdf). 国土交通省. 2018年5月4日閲覧。
  10. ^ 航空統計年報 昭和35年、運輸省航空局、P100、昭和35年民間航空略史
  11. ^ 離陸できず突込む 熊本空港でYS11『朝日新聞』1970年(昭和45年)12月30日朝刊 12版 18面
  12. ^ “DIK経済日誌(新聞記事より) 8月15日~9月14日の主な出来事”. DIKウインドゥ 1995年10月号 (地域流通経済研究所) (1995年10月).pp39
  13. ^ 「熊本空港運用時間延長へ」『熊本日日新聞』2023年(令和5年)11月22日1面
  14. ^ 24時間運用中の熊本空港が被災地支援の拠点として活用されました”. 国土交通省 (2016年4月25日). 2016年5月13日閲覧。
  15. ^ 熊本県熊本地方を震源とする地震について(第28報)” (PDF). 国土交通省. p. 23 (2016年5月2日). 2016年5月13日閲覧。
  16. ^ 熊本県熊本地方を震源とする地震について(第5報)” (PDF). 国土交通省. p. 37 (2016年5月2日). 2016年5月16日閲覧。
  17. ^ 熊本県熊本地方を震源とする地震について(第10報)” (PDF). 国土交通省. p. 39 (2016年4月19日). 2016年5月16日閲覧。
  18. ^ 熊本空港、旅客ビルの部分再開で利用に注意呼びかけ 出発便も再開 フライチーム、2021年10月31日閲覧
  19. ^ 空港サプライズ!国産旅客機YS-11
  20. ^ 大阪/関西〜熊本線を10月27日から就航 約2年7ヶ月ぶり復活 Traicy、2018年7月19日、2021年10月31日閲覧
  21. ^ 熊本〜大邱線就航 11月29日から週3便 Traicy、2018年8月22日、2021年10月31日閲覧
  22. ^ “熊本空港国内線、7日から別棟で運用 ターミナルビル建て替え期間中”. 熊本日日新聞. (2020年4月6日). オリジナルの2020年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200514030631/https://this.kiji.is/619668183960192097?c=92619697908483575 2020年5月14日閲覧。 
  23. ^ 新ターミナルビルオープン 熊本国際空港株式会社、2023年3月20日、2023年5月28日閲覧
  24. ^ “「商業ゾーン」オープン前倒しへ 熊本空港新ターミナルビル 「見送り客楽しめない」指摘受け”. 熊本日日新聞. (2023年6月19日). https://kumanichi.com/articles/1081654?check_logged_in=1 2023年9月8日閲覧。 
  25. ^ 会社概要-企業情報”. 熊本国際空港株式会社. 2021年10月29日閲覧。 “九州電力九州産業交通ホールディングステレビ熊本再春館製薬所九州産交運輸双日日本空港ビルデングサンケイビル、ANAホールディングス、日本航空の11社である。”
  26. ^ “熊本空港民営化、地元企業連合と契約”. 日本経済新聞. (2019年5月31日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45538300R30C19A5LX0000/ 2019年6月3日閲覧。 
  27. ^ 航空輸送統計年報の概要 令和 4 年度(2022 年度)分”. 2023年8月27日閲覧。
  28. ^ 鎌倉淳, ラオス航空が熊本~ビエンチャン・ルアンパバーン線を開設へ。, https://tabiris.com/archives/laosair-kumamoto/ 2021年10月31日閲覧。 
  29. ^ a b 熊本空港アクセス鉄道、肥後大津ルートに 県検討委判断”. 日本経済新聞 (2022年11月9日). 2022年11月14日閲覧。
  30. ^ 熊本空港アクセス鉄道整備ルートで合意 大手半導体TSMC進出受け:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2022年11月29日). 2023年3月14日閲覧。

外部リンク[編集]