ファーイースタン航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
遠東航空から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファーイースタン航空
遠東航空
Far Eastern Air Transport
Far Eastern Air Transport logo.jpg
IATA
FE
ICAO
FEA
コールサイン
FAR EASTERN
設立 1957年6月5日
運航停止 2019年12月13日[1][2]
拠点空港 台北松山空港
台湾桃園国際空港
親会社 樺福集團
保有機材数 12機(2019年12月)
就航地 14都市(2019年12月)
本拠地 中華民国の旗 台湾 台北市松山区
代表者 張綱維(董事長
外部リンク www.fat.com.tw
テンプレートを表示
ファーイースタン航空
各種表記
繁体字 遠東航空
拼音 Yuándōng Hángkōng
英文 Far Eastern Air Transport
テンプレートを表示

ファーイースタン航空中国語: 遠東航空英語: Far Eastern Air Transport)は、かつて存在していた台湾航空会社である。

概要[編集]

設立[編集]

シュド・カラベル(1972年)

1957年6月5日に台湾で創業し、定期民間航空事業には1962年に参入し、台北松山空港を中心にビッカース バイカウントシュド・カラベルなどで国内線を運航した。その後マクドネル・ダグラスMD-82MD-83ボーイング757などを導入し、国内線やパラオになど近・中距離国際線を運航した。

運航停止と復活[編集]

ファーイースタン航空の本社

世界的な原油価格高による燃料費の高騰や、台湾高速鉄道の開業による国内線需要の落ち込みなどを受け、2008年に入ってから急速に経営状態が悪化、燃料費の支払いが滞り、5月には運航停止に追い込まれた。

運航停止後、マクドネル・ダグラスMD-83などの保有機体は台北松山空港にて野ざらしになっていたが、2010年1月12日に運航再開計画書が提出された。その中では5月より台北松山-金門線などの国内線を週56便、中国への直行便を週14便就航させ、9月末までに四段階で運航本数を増やしていく計画が盛り込まれている[3]。加えて、富山九州函館旭川など、日本の地方都市への就航計画も含まれていた[4]

2010年6月、操縦士の募集を行うなど準備が進められた[5]。2010年11月27日、台北松山空港にてB-28025(MD-83型)機の試験飛行を実施した。台湾政府の交通部民航局は同29日、営業運航再開にはあと1機の試験飛行成功と、5千万台湾ドルの運営保証金の準備が必要との条件を示した。

2011年4月18日午前8時55分(現地時間)、台北松山空港から再開後1番機が金門空港へ向けて飛び立った[6]。2年11カ月ぶりの運航再開であった。5月1日からは、台北-金門線が1日4往復に増便された。また、交通部民航局は三通による大陸路線の増便分を遠東航空に優先して割り当てる方針を示していた[7]

2019年の運航停止[編集]

2019年12月12日、資金繰りの悪化を理由に、翌13日より全便を運航停止することを明らかにし[8]時事通信は遠東航空が事実上の経営破綻に至ったと報じた[9]

運航停止に至ったいきさつについて、NHKが報じたところによると、遠東航空は長年にわたって経営難の状態にあり、会社のトップが個人資産を投じて運営してきたものの、12月11日になって、銀行への返済が滞り、会社側から航空当局に対して経営の継続が難しく、運行を一時停止するとの説明がなされたという。また、遠東航空によると、会社のトップが行方不明となっており、遺書のようなメモが残されていたということで、所在の確認を急いでいるという[10]

13日、張綱維董事長(会長)は記者会見を開き、アフターサービス人員を除いた従業員およそ1000人を13日付で解雇すると通知した[11][注釈 1]と報じられたことについて、職員は解雇しないとして報道の内容を否定し、会社の営業は継続する方針であると説明した[12]。また、航空券を購入済みの乗客には、払い戻す方針である[13]。その後、運転資金を確保し、会社を再建する方針を決めたものの、当面は国内路線の再建に注力するため、新潟ー台北線を含む国際線の運航は引き続き見合わせることになった[14]。また、Peach Aviationをはじめ同社が受託しているグランドハンドリング業務については、1カ月以内に新会社を設立し、引き続きサービス提供をしていくことになった[15]

2020年1月31日、交通部は予告なしで運航停止を禁じた民航法の規定に違反したとして、300万台湾ドルの罰金を科し、運航許可を取り消した[16]

2019年12月時点の日本向け路線は新潟空港への定期便、福島空港と秋田空港へ週2便のチャーター便が運航されていた[9]

台湾で航空会社の運航停止は、2016年のトランスアジア航空と同社傘下のLCCVエア以来となる。同社の突然の運航停止で、マンダリン航空ユニー航空は、同社が運航していた路線に臨時便を出したり、機材を大型化するなどの対応をしている[17]

沿革[編集]

  • 1957年 - 設立。
  • 1997年12月 - 台湾証券取引所に株式上場。
  • 2003年 - 従業員数、1000数人。
  • 2008年2月13日 - 国際航協清算所(ICH)は、通番ICN018/08号の通知を出し、決済していない1口84万8千ドルもの債務があることを理由に、会員資格を剥奪。
  • 2008年2月14日 - 財務危機に陥る。
  • 2008年2月23日 - 裁判所は緊急に処罰することを裁定する。会社更生手続きに入る。
  • 2008年5月12日 - 「運航に必要な燃料費が払えなくなった」ことから全路線の運航停止。
  • 2010年1月12日 - 再建に向けて運航再開計画書を提出。
  • 2010年11月27日 - 台北松山空港にて試験飛行を実施。
  • 2011年4月18日 - 台北松山-金門線の運航を再開。
  • 2019年12月12日 - 翌13日から全便の運航停止を公表[8]
  • 2020年1月31日 - 運航許可取り消し。

保有機材[編集]

マクドネル・ダグラス MD-82
ATR 72-600

2019年12月現在[18][19]

保有機材はジェット機は納入から20年以上の経年機で対照的にプロペラ機はノルディック・アビエーション・キャピタル(NAC)とのリース機だが納入10年未満と機材格差が顕著でジェット機の更新が吃緊の課題であったが[要出典] 2016年にエア・リース・コーポレーション(ALC)とのリース契約でボーイング737-800を導入更新計画があったが機体状態を巡り訴訟に発展したため導入し更新することが出来なかった[20][要出典]

民用航空局は26年以上の経年期の運用を認めない方針で、2020年1月1日から保有するジェット機のうち4機が運用不可能になることから、そのため、2019年中にボーイング737MAXを導入して解決する方針を取ったが、そんな折、2018年10月29日ライオン・エア610便墜落事故と、それから僅か5カ月半後にエチオピア航空302便墜落事故が発生したため、全世界でボーイング737MAXの運行が停止になる事態となった。

これにより、遠東航空は機材の運用計画が大きく狂い、資金繰りの悪化も重なって2019年12月13日に全路線が運航停止となった。

運航停止により、当初12月27日に台湾到着予定であった、ATR 72-600型機7号機の受領も中止となった[21]

定期便就航路線[編集]

2019年12月現在[22]

(現在全便運行停止中)

国内線[編集]

両岸(中国)線[編集]

国際線[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ただ、台北市労働局は13日午後3時過ぎの時点で、遠東航空が解雇計画を提出しておらず、「大量解雇労工保護法」に違反しているとして、遠東航空の張網維董事長に出境禁止命令を下す方針を示していた。

出典[編集]

  1. ^ Shan, Shelley (2019年12月13日). “CAA asks other carriers to fly FAT passengers home”. Taipei Times. http://www.taipeitimes.com/News/front/archives/2019/12/13/2003727460 2019年12月13日閲覧。 
  2. ^ Kao, Shih-ching (2019年12月13日). “FAT says flights canceled from today”. Taipei Times. http://www.taipeitimes.com/News/front/archives/2019/12/13/2003727459 2019年12月13日閲覧。 
  3. ^ (中国語)遠東航空股份有限公司 重整計畫書-2010/01/12[リンク切れ]
  4. ^ 遠東航空重整計畫書 補充說明(二) (PDF) [リンク切れ]
  5. ^ 機師召募中,請舊雨新知共襄盛舉![リンク切れ]
  6. ^ 復航!遠航保證營運ok 續申請國際兩岸航線 Archived 2011年4月24日, at the Wayback Machine.
  7. ^ 遠航爭取兩岸航線 難度不小[リンク切れ]
  8. ^ a b ファーイースタン航空、13日から運航停止 日本路線も展開/台湾”. 中央社フォーカス台湾 (2019年12月12日). 2019年12月13日閲覧。
  9. ^ a b 台湾・遠東航空、福島便など13日から全面停止 経営破綻か”. 時事通信 (2019年12月12日). 2019年12月12日閲覧。
  10. ^ 台湾の遠東航空 運行停止へ 経営難で 日本へも影響”. NHK NEWS WEB (2019年12月13日). 2019年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月13日閲覧。
  11. ^ “遠東航空が13日から運航停止、資金繰り悪化”. NNAアジア経済ニュース. (2019年12月13日). https://www.nna.jp/news/show/1985958 2019年12月13日閲覧。 
  12. ^ “台湾の航空当局、ファーイースタン航空の事業許可取り消しを交通省に要請”. 中央社フォーカス台湾. (2019年12月13日). http://japan.cna.com.tw/news/atra/201912130006.aspx 2019年12月13日閲覧。 
  13. ^ ファーイースタン航空 12月13日以降 全便運航停止について (PDF) - ケイエムプランニング(日本地区総代理店)2019年12月12日
  14. ^ “台湾の遠東航空、会社再建へ 新潟路線は運航休止”. 日本経済新聞. (2019年12月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53449580X11C19A2L21000/ 2019年12月17日閲覧。 
  15. ^ “獨/甩掉賠錢遠航 地勤代理將成立新公司” (中国語). 聯合報. (2019年12月13日). https://udn.com/news/story/7241/4223748 2019年12月19日閲覧。 
  16. ^ “遠東航空の許認可取り消し 台湾当局、経営破綻と判断”. 時事通信社. (2020年1月31日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020013101445&g=int 2020年2月3日閲覧。 
  17. ^ “台湾国内線、2社が13日に臨時便 ファーイースタン航空の全便運航停止受け”. TRAICY. (2019年12月12日). https://www.traicy.com/20191212-feair 
  18. ^ Far Eastern Air Transport fleet details - AirFleets.net
  19. ^ Far Eastern Air Transport Fleet Details and History - PlaneSpotters.net
  20. ^ “遠東航空、737-8-MAXを2019年に導入へ いよいよMD更新”. flyteam.jp. (2018年4月17日). https://flyteam.jp/news/article/93269 
  21. ^ 遠東航空停飛 原訂27日抵台ATR飛機喊卡”. 中央通訊社 (2019年12月21日). 2019年12月29日閲覧。
  22. ^ 班機時刻表 - 遠東航空 2019年12月

外部リンク[編集]