スカイポート美唄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スカイポート美唄
Skyport.bibai.jpg
IATA: N/A - ICAO: N/A
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 北海道美唄市茶志内3区
種類 場外離着陸場
運用時間 午前8時30分~午後5時(日没まで)
標高 19.9 m
座標 北緯43度23分24秒 東経141度51分37秒 / 北緯43.39000度 東経141.86028度 / 43.39000; 141.86028座標: 北緯43度23分24秒 東経141度51分37秒 / 北緯43.39000度 東経141.86028度 / 43.39000; 141.86028
公式サイト http://www.bibai.net/skyport/
地図
スカイポート美唄の位置(北海道内)
スカイポート美唄
スカイポート美唄
スカイポート美唄の位置(日本内)
スカイポート美唄
スカイポート美唄
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
02/20 NO 800×25 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
管理棟
管理区域側から見た管理棟と滑走路

スカイポート美唄(スカイポートびばい)は、北海道美唄市にある農道離着陸場。北海道や美唄市が国の補助を得て建設し、1997年(平成9年)10月10日に開場した。正式名称は「中空知地区農道離着陸場」、または「美唄市農道離着陸場」とも呼ばれる。

概要[編集]

現在は、農作物の航送に供用されておらず、オーナーズパイロットの訓練が主な用途となっている。その他、モーターグライダー・スポーツカイトの練習、イベント広場としても用いられる。また必要に応じて、防災や救急医療輸送の中継基地として活用される。

当初の構想は、中空知地区における農業開発の観点から航空機の発着が可能な農道離着陸場を整備することで、農産物輸送の合理化を図り、生産性の高い農業の実現と、地域の活性化等、多面的利用を図るものであった。

施設[編集]

  • 管理棟 80.325m2
  • 竣工:1997年(平成9年)4月
  • 所在地:北海道美唄市茶志内3区(北緯43度23分15秒/東緯141度51分46秒)
  • 管理者:美唄市農政部農林整備課(美唄市の所有だが、2014年(平成26年)4月から2017年(平成29年)3月までピートエアインコーポレーション日本支社に管理が委託された[1]。)
  • 運用期間:08:30~17:00(日没まで)(ただし、12月31日から3月31日までは冬季閉場)[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 美唄市農道離発着場施設概要 2017年8月23日閲覧
  2. ^ ○美唄市農道離着陸場条例

関連項目[編集]

外部リンク[編集]