女満別空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
女満別空港
Memanbetsu Airport
Memambetsu airport01.JPG
女満別空港
IATA: MMB - ICAO: RJCM
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 北海道網走郡大空町女満別中央
種類 商用
運営者 北海道エアポート[1]
運用時間 8:00 - 21:00
敷地面積 166.7 ha
標高 33.1 m (108 ft)
座標 北緯43度52分50秒 東経144度09分51秒 / 北緯43.88056度 東経144.16417度 / 43.88056; 144.16417座標: 北緯43度52分50秒 東経144度09分51秒 / 北緯43.88056度 東経144.16417度 / 43.88056; 144.16417
公式サイト 女満別空港
地図
空港の位置
空港の位置
MMB/RJCM
空港の位置
空港の位置
MMB/RJCM
空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
18/36 I 2,500×45 舗装
統計(2014年度)
旅客数 736,169人
貨物取扱量 1,880 t
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

女満別空港(めまんべつくうこう、: Memanbetsu Airport)は、北海道網走郡大空町にある地方管理空港である。

概要[編集]

オホーツク海沿岸の網走市中心部から南西に約22km(バスで約30分)に位置するオホーツク総合振興局の主要空港である。近傍には網走市と北見市を結ぶ国道39号が走る。空港周辺地域には知床国立公園阿寒摩周国立公園網走国定公園などが存在する。空港が位置する女満別町は2006年に東藻琴村と合併して大空町となったが、空港の名称は変更されなかった。

当初は現在位置の北側隣接地に開港[4]冷害克服のため、オホーツク海の流氷気象観測を飛行機で行おうとしたことが開港のきっかけである。その後、大日本帝国海軍の美幌第二航空基地となる。このため、今でも空港周辺には掩体壕など当時を偲ぶ施設が多く残されている。

1985年の空港のジェット化に際して、現在位置に移設された。以来、観光需要を中心に旅客数は着実な伸びを見せ、近年の年間旅客数は100万人近くを推移しており、2017年度は、国内834,427人 [3]。混雑の慢性化に加え、世界遺産登録された知床への主要アクセス空港として今後の利用客増加が見込まれるため、国際線にも対応できるターミナルが増築された。なお、旧空港滑走路はドイツの自動車部品メーカー・ボッシュのブレーキテストコースに転用されている。

統計[編集]

利用者数[編集]

元のウィキデータクエリを参照してください.


沿革[編集]

2012年撮影の女満別空港
2012年撮影の6枚を合成作成国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成

旧空港[編集]

  • 1935年昭和10年)3月 - 中央気象台が、競馬場 として使われていた土地に気象観測用の飛行場として設置 (500 m)。
  • 1936年(昭和11年)6月 - 滑走路延長 (650 m)。
  • 1942年(昭和17年) - 海軍航空隊が「美幌第二飛行基地」として整備開始。
  • 1945年(昭和20年) - 第二次世界大戦の終戦に伴い連合国 軍により爆破され使用不能となる。
  • 1952年(昭和27年)11月 - アメリカ軍 が修理の上、不時着場として接収。
  • 1956年(昭和31年)
    • 4月 - アメリカ軍から一部返還される。
    • 6月 - 北日本航空、丘珠空港 線不定期運航開始。
  • 1957年(昭和32年)7月 - 北日本航空、丘珠空港 - 西春別飛行場 線を女満別空港経由で運航開始。
  • 1958年(昭和33年)
    • 7月 - 米軍からすべて返還される女満別町 が管理。
    • 12月 - 第三種空港F級として供用開始。
  • 1959年(昭和34年)9月 - 北日本航空、西春別飛行場発着を中標津空港 発着に変更。
  • 1961年(昭和36年)4月 - 管理を北海道へ移管。
  • 1963年(昭和38年)4月 - 第三種空港として供用開始 (1,200 m)。
  • 1964年(昭和39年)4月 - 北日本航空、合併により日本国内航空となる。
  • 1965年(昭和40年)6月 - 日本国内航空、丘珠空港線定期運航開始丘珠空港 - 女満別空港 - 中標津空港線廃止。
  • 1970年(昭和45年) - 日本国内航空、東京国際空港 線を丘珠空港経由で運航開始。
  • 1971年(昭和46年)5月 - 日本国内航空、合併により東亜国内航空となる。
  • 1974年(昭和49年)12月 - 東亜国内航空、丘珠空港発着全路線を千歳空港 発着に変更。
  • 1977年(昭和52年)8月 - 東亜国内航空のYS-11 型機が胴体着陸。
  • 1980年(昭和55年)5月 - 東亜国内航空、東京国際空港線直行便運航開始YS-11型機が飛ぶ超長距離路線として知られる。

現空港[編集]

  • 1981年(昭和56年)9月 - ジェット化へ向け、新女満別空港の工事着工。
  • 1985年(昭和60年)4月 - 女満別空港南側に新女満別空港供用開始 (2,000 m)、ジェット化女満別空港廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月 - 新女満別空港から女満別空港へ改称。
  • 1988年(昭和63年)4月 - 東亜国内航空、日本エアシステム に商号変更。
  • 1992年平成 4年)7月 - 全日本空輸大阪国際空港 線運航開始。
  • 1993年(平成5年)7月1日 - 全日本空輸、名古屋空港線運航開始[5]
  • 1994年(平成6年)
    • 4月 - 空港ビル増築部分供用開始。
    • 9月 - 全日本空輸、関西国際空港 開港に伴い、大阪国際空港線を関西国際空港線に変更。
  • 1995年(平成7年)6月 - 日本エアシステム、福岡空港 線運航開始(6月〜10月の季節運航)。
  • 1996年(平成8年)
    • 6月 - 日本エアシステム、広島空港経由福岡空港線、新潟空港 線運航開始(6月〜10月の季節運航)。
    • 7月 - 日本エアシステム、仙台空港 線運航開始。
  • 1997年(平成9年)
    • 7月 - (旧)日本航空 ・全日本空輸、東京国際空港線運航開始3社競合路線となる。
    • 8月 - エアーニッポン新千歳空港 線運航開始2社競合路線となる。
    • 10月 - 日本エアシステム、福岡空港線休止。
    • 11月 - 日本エアシステム、広島空港経由福岡空港線休止。
  • 1999年(平成11年)
    • 4月 - 全日本空輸、東京国際空港線を通年運航から6月〜10月の季節運航に変更。
    • 10月 - 北海道エアシステム函館空港 線運航開始。
    • 11月 - エアーニッポン、丘珠空港線運航開始。
  • 2000年(平成12年)
    • 1月 - 1985年(ジェット化)以降の利用者数が1,000万人を突破。
    • 2月 - 滑走路延長(2,500m)日本エアシステム東京国際空港線の機材変更でボーイング777-200 型機が記念飛来。
    • 4月 - 全日本空輸、東京国際空港線を季節運航から7〜9月の期間限定運航に変更。
    • 4月 - 日本エアシステム、仙台空港線を季節運航から7月中旬〜8月の期間限定運航に変更。
    • 7月 - 全日本空輸、関西国際空港線をエアーニッポンに移管。
    • 9月 - 全日本空輸、東京国際空港線休止2社競合路線となる。
    • 10月 - エアーニッポン、丘珠空港線休止。
  • 2001年(平成13年)
  • 2003年(平成15年)
    • 4月 - 日本エアシステム、大阪国際空港線運航開始大阪線としては2社競合路線となる。
    • 7月 - 日本エアシステム、仙台空港線を7月・8月の期間限定運航で再開。
    • 8月 - エアーニッポンのYS-11型機が、新千歳空港行454便を最後に運航終了。
    • 9月 - エアーニッポンネットワーク 、丘珠空港線、新千歳空港線運航開始。
    • 9月 - 日本エアシステム、仙台空港線休止。
    • 10月 - (旧)日本航空、日本エアシステムとの統合準備に伴い、東京国際空港線を日本エアシステムに移管再度単独路線となる。
    • 10月 - 日本エアシステム、新潟空港線休止。
    • 11月 - エアーニッポン、関西国際空港線を通年運航から2月〜3月、6月〜10月の季節運航に変更。
  • 2004年(平成16年)
    • 4月 - 日本エアシステム、日本航空ジャパン に商号変更日本航空便名となる。
    • 4月 - エアーニッポン・エアーニッポンネットワーク、全日本空輸グループ便名統一化に伴い全日本空輸便名に変更。
  • 2005年(平成17年)
    • 2月 - 全日本空輸、中部国際空港 開港に伴い、名古屋空港線を中部国際空港線に変更。
    • 4月 - 日本航空ジャパン、大阪国際空港発着枠関連に伴い、大阪国際空港線を関西国際空港線に変更。
    • 4月 - 全日本空輸、関西国際空港線を季節運航から通年運航に再変更。
    • 7月 - 美幌バイパス女満別空港IC 開設。
    • 9月 - JR北海道開発のデュアル・モード・ビークルの試験運行を、北見駅 - 西女満別駅 - 女満別空港間で実施。
    • 10月 - 航空管制官 配置により、管制空港になる。
    • 12月 - 空港ビル再増築部分供用開始これにより搭乗橋が3本に、手荷物ターンテーブルが2基に増加。
  • 2006年(平成18年)
    • 2月 - 北海道国際航空 、全日本空輸との共同運航で東京国際空港線運航開始(全日本空輸便としては再開)再度競合路線となる。
    • 3月 - 北海道エアシステム、函館空港線休止。
    • 4月 - エアトランセ 、函館空港線運航開始。
    • 4月 - 駐車場有料化。
    • 6月 - エアトランセ、新千歳空港線運航開始3社競合路線となる。
  • 2007年(平成19年)
    • 2月 - エアトランセ、新千歳空港線休止2社競合路線となる。
    • 3月 - エアトランセ、函館空港便が不定期運航となる。
    • 4月 - 全日本空輸、新千歳空港線休止再度単独運航(札幌線としては2社競合)路線となる。
  • 2008年(平成20年)
    • 11月 - 全日本空輸、関西国際空港線を通年運航から6〜9月の季節運航に再々変更。
    • 11月 - ILS 36供用開始(ILS双方向化)。
  • 2009年(平成21年)
    • 3月 - 日本航空インターナショナル、関西国際空港線を休止再度単独運航路線となる。
  • 2010年(平成22年)
    • 7月 - 全日本空輸、丘珠空港線を新千歳空港線に変更。
    • 10月 - 北海道エアシステム、新千歳空港線運航開始。
  • 2011年(平成23年)
    • 4月 - 北海道エアシステム、丘珠空港線運航開始。
    • 6月 - 全日本空輸、関西国際空港線を6〜10月の季節運航に延長。
  • 2012年(平成24年)
    • 4月 - 全日本空輸、関西国際空港線を4〜10月の季節運航に延長。
    • 10月 - 北海道エアシステム、丘珠空港線休止。
  • 2013年(平成25年)
    • 5月 - 全日本空輸、関西国際空港線を5〜9月の季節運航に短縮。
  • 2014年(平成26年)
    • 2月 - 4日より、各航空会社によるものをのぞく館内放送を、女満別空港ビル応援キャラクターに選ばれたVOCALOID及びVOICEROID結月ゆかりが行うことになった[6]
  • 2020年(平成31年・令和元年)
  • 2021年(令和3年)

施設[編集]

女満別空港ビル株式会社
Memanbetsu Airport Building Co.,Ltd
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
099-2371
北海道網走郡大空町女満別中央201-3
設立 1983年10月1日
業種 不動産業
法人番号 5460301003320
事業内容 貸室業並びに空港利用施設の賃貸業等
代表者 代表取締役社長 永田 正記
資本金 400百万円(2012年7月1日時点)
売上高 4億2900万円(2007年度)
営業利益 4900万円(2007年度)
純利益 3210万円(2020年03月31日時点)[9]
総資産 18億8501万円(2020年03月31日時点)[9]
従業員数 5人(2012年7月1日時点)
決算期 3月31日
主要株主 日本政策投資銀行 15.3%
日本航空(株) 15.3%
北海道 10.0%
大空町 8.3%
北見市 5.8%
(2012年7月1日時点)
外部リンク http://www.mmb-airport.co.jp/
特記事項:
・会社基礎情報は、H20関与点検対象団体一覧[10]、女満別空港ビル[11]より。
テンプレートを表示

ターミナルビルは滑走路西側に1棟あり、地上3階建てで、ボーディングブリッジを3基備えている。国内線に対応した設備となっているが、設計上は今後の国際線展開をも見越した構成とされる[要出典]。ターミナル施設の運営は金融機関・航空会社および自治体が出資する女満別空港ビル株式会社が運営しており、同社が旅客サービスおよび航空事業者に対する役務を担っている。

  • 1F : 航空会社カウンター、到着ロビー、観光案内所、セブンイレブン
  • 2F : 出発ロビー、有料待合室、売店(土産物店)5店、レストラン2店、ATM
  • 営業時間は、有料待合室は19時30分、ATMは平日18時・土日17時、売店・レストランは20時、搭乗待合室の売店は最終便出発まで。
  • 3F : 展望デッキ(無料)

有料駐車場は約1,150台が設置されており、「めまんべつ産業開発公社」が管理している[2]。駐車料金は1時間までは無料。外の精算機では現金払いのみで5千、1万紙幣は使用不可だが、利用者が多い時間帯には係員が立っていることがあり、その場合は高額紙幣を受け取ってくれる場合もある。

ターミナルビルの1階には事前精算機があり、こちらではクレジットカード決済が可能。事前精算機で精算した場合は、精算後20分以内に駐車場を出る必要がある。

2020年より民営化運営を担う北海道エアポートはオホーツク方面への送客を目的とした「地域ゲートウェイ」型空港として、「比類なき大自然」をコンセプトとして国際線専用施設整備・旅客ビル拡張・貨物ビル新設・事務所棟新設・低価格帯ホテルの誘致を計画している[12]

就航路線[編集]

航空会社が2社以上の場合、最前の航空会社の機材・乗務員で運航する共同運航便(コードシェア便)

かつての定期就航路線

交通[編集]

近隣市街地へは、網走市まで約22 km、北見市まで約32 kmの位置にある。

路線バス[編集]

2019年10月1日現在。運行本数・運賃・所要時間等の詳細は、該当項目や公式サイトを参照。

主な廃止路線

  • 阿寒バス
  • 網走バス
    • 美幌駅前 - 女満別空港 - 女満別役場 - 呼人駅 - 網走刑務所 - 網走駅 - オホーツク合同庁舎 - 網走バスターミナル(一般路線バス、時刻固定) ※2019年10月1日のダイヤ改正で廃止[15]

鉄道[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “道内空港民営化完了 5空港 1日から一体運営に”. 北海道新聞. (2021年3月1日). オリジナルの2021年2月28日時点におけるアーカイブ。. https://archive.vn/ddqvT 2021年3月1日閲覧。 
  2. ^ a b 空港の概要”. 網走建設管理部. 北海道オホーツク総合振興局. 2015年9月15日閲覧。
  3. ^ a b “管内空港の利用状況概況集計表(平成26年度速報値)” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省東京航空局, http://www.cab.mlit.go.jp/tcab/img/statistics/pdf/riyou_h26nendo.pdf 
  4. ^ 旧空港の位置航空写真 - Google マップ
  5. ^ “名古屋-道東に2路線開設”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1993年7月6日) 
  6. ^ 女満別ビル応援キャラクターにヴァーチャルアイドル「結月ゆかり」が就任 - 女満別空港
  7. ^ 北海道内の7空港、民営化スタート - 日本経済新聞(2020年1月15日)
  8. ^ ピーチ、成田-女満別就航 LCC初、雪の”ひがし北海道”到着” (日本語). Aviation Wire. 2021年3月26日閲覧。
  9. ^ a b 女満別空港ビル株式会社 第37期決算公告
  10. ^ H20関与点検対象団体一覧(2011年2月5日時点のアーカイブ
  11. ^ 女満別空港ビル[リンク切れ]
  12. ^ 北海道内7空港特定運営事業等の優先交渉権者選定に係る客観的評価結果等の公表について 資料2 提案概要(北海道エアポートグループ) - 国土交通省
  13. ^ ジェイエア北海道エアシステムの機材・乗務員による運航便あり
  14. ^ ANAウイングスの機材・乗務員による運航便あり
  15. ^ バス路線の区間廃止・ダイヤ改正のお知らせ”. 網走バス. 2019年11月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]