神戸ヘリポート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神戸ヘリポート
IATA: なし - ICAO: なし
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 兵庫県神戸市中央区
港島中町8丁目1番地
種類 公共
運営者 神戸市みなと総局
運用時間 7:00-19:00 (JST)
(但し日出前・日没後は離着陸不可)
開港 1987年12月18日
閉鎖 2018年3月31日
所在部隊 神戸市航空機動隊
兵庫県消防防災航空隊
標高 4.7 m (15 ft)
座標 北緯34度39分32秒 東経135度12分26秒 / 北緯34.65889度 東経135.20722度 / 34.65889; 135.20722座標: 北緯34度39分32秒 東経135度12分26秒 / 北緯34.65889度 東経135.20722度 / 34.65889; 135.20722
公式サイト 神戸ヘリポートオフィシャルサイト
地図
空港の位置
空港の位置
神戸ヘリポート
空港の位置
空港の位置
神戸ヘリポート
空港の位置
空港の位置
神戸ヘリポート
空港の位置
滑走路
方向 長さ (m) 表面
? ?
ヘリパッド
番号 長さ×幅 (m) 表面
09/27 40×20 アスファルト/コンクリート
AIS JAPAN[1]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

神戸ヘリポート(こうべヘリポート)は、兵庫県神戸市中央区港島中町8丁目1番地にあった公共用ヘリポートポートアイランドの西部にあり、神戸空港管制圏内に位置した。面積は約2.8ha。 阪神高速湾岸線西伸部の事業化に伴い、2018年3月31日に廃止された。

利用状況[編集]

かつては平成12年に年間着陸回数が2,889回を記録する関西最大のヘリポートだったが、民間航空会社の相次ぐ撤退と移転により、廃止直前には主な使用者が公共機関のみとなり、2018年に最後まで残っていた消防防災ヘリが神戸空港に移転して閉鎖された。

カワサキヘリコプタシステムにより1994年5月18日から2002年3月31日までの間、但馬飛行場湯村温泉ヘリポート播磨ヘリポート間の旅客便運行があった。使用機材はカワサキBK-117B-1型。この路線は北海道テレビ放送(HTB)制作の『水曜どうでしょう』で紹介された事がある。

主な使用者[編集]

公共機関
かつての使用者

歴史[編集]

  • 1987年12月18日 - 開港
  • 2001年2月 - 学校法人ヒラタ学園が航空事業本部主基地を設置[3]
  • 2006年4月1日 - 学校法人ヒラタ学園が指定管理者となる[3]
  • 2009年9月 - ヒラタ学園航空事業本部主基地が神戸空港に移転[3]
  • 2010年4月1日 - 株式会社日本空港コンサルタンツが指定管理者となる
  • 2017年2月16日 - 神戸市消防局が、消防防災ヘリコプター基地を神戸空港島へ移転する方針を発表[4]
  • 2017年2月 - 神戸市議会定例会で、神戸ヘリポート条例を廃止する条例が可決
  • 2018年3月31日 - 指定管理者の日本空港コンサルタンツが管理業務を終了。管理事務所閉所
  • 2018年4月1日 - 供用廃止

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]