南紀白浜空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南紀白浜空港
Nanki-Shirahama Airport
Shirahamaairport.jpg
IATA: SHM - ICAO: RJBD
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 和歌山県西牟婁郡白浜町2926番地
種類 商業
運営者 和歌山県
運用時間 8:00 - 19:40
標高 91 m (288 ft)
座標 北緯33度39分44秒 東経135度21分52秒 / 北緯33.66222度 東経135.36444度 / 33.66222; 135.36444座標: 北緯33度39分44秒 東経135度21分52秒 / 北緯33.66222度 東経135.36444度 / 33.66222; 135.36444
ウェブサイト 南紀白浜空港
地図
南紀白浜空港の位置 SHM/RJBD南紀白浜空港の位置(和歌山県内)
alt=南紀白浜空港の位置 SHM/RJBD南紀白浜空港の位置(和歌山県内)
SHM
南紀白浜空港の位置
SHM/RJBDの位置(和歌山県内)
SHM/RJBD
SHM/RJBD
南紀白浜空港の位置(和歌山県内)
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
15/33 LOC 2,000×45 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
上空俯瞰。滑走路の延長線上にある、弧を描く白い浜が地名の元となった白良浜。
南紀白浜空港付近の空中写真[1](1975年撮影)この画像の滑走路の右側(東側)に、現在の滑走路がある。

南紀白浜空港(なんきしらはまくうこう、: Nanki-Shirahama Airport)は、和歌山県西牟婁郡白浜町にある地方管理空港である。観光エリア・南紀に訪れる観光客を中心として利用されている[2]

概要[編集]

和歌山県内にある唯一の空港であるとともに、本州最南端の空港でもある[2]。現在の定期便は、日本航空による東京国際空港(羽田)行きの便が1日3往復で就航しているのみである。かつて南紀航空が旧空港開港時から2009年9月2日まで、この空港を拠点とした遊覧飛行を行っていた。

空港内でのオペレーション・チェックイン業務などは、日本航空ではなく総代理店である日本通運株式会社が代行している。

「ナンキー」という空港オリジナルマスコットキャラクターがいる[2]

歴史[編集]

  • 3月9日 - ジェット化に伴い、東側隣接地に移転、滑走路長1800mで供用開始され、初代空港は廃止(MD-87による運航)。
    • 工事期間中に、大阪民放テレビ4局・テレビ和歌山・NHKがテレビ電波を送信する田辺中継局の鉄塔が、航空法の関係で短縮された。
    • 受信障害対策として、テレビ和歌山のみだった槇山中継局に、大阪民放テレビ4局・NHK2波が放送を始めた。
  • 10月 - 日本エアコミューター福岡空港便を開設(YS-11による運航)。

施設[編集]

旅客ターミナル[編集]

南紀白浜空港には、旅客ターミナルビルが1つ存在する。ビルの屋根は白浜の海をイメージする波形で、カーブサイドには南国をイメージした全面ガラスのカーテンウォールが採用されている[3]。1階に日本航空のチェックインカウンター、手荷物受取所、到着ロビーと多目的室「スカイルーム」がある。2階には売店、アドベンチャーワールド直営のレストラン、保安検査場、ゲートラウンジと多目的室「サンルーム」がある。また、屋上は滑走路を一望できる展望デッキとなっている。

1階到着ロビーと2階ゲートラウンジでは、FREESPOTによる無線LANの無料接続サービスを提供している[4]。 また、屋外駐車場は229台分用意されており、無料で利用できる[5]

エプロン[編集]

南側のサウスエプロンには、ボーイング737型機が駐機できる中型ジェット用1バースとYSクラス用2バースが、北側のノースエプロンには小型機用5バースがある[2]

路線[編集]

定期便路線[編集]

かつての定期就航路線(八尾空港は不定期)

チャーター路線[編集]

利用状況[編集]

年度別利用状況[編集]

各年度の空港利用状況は下表のとおり。

南紀白浜空港 年度別利用状況[8]
年度 搭乗者数
(人)
搭乗率
(%)
1日3往復
の日数1
2000 144,582 56.4 202
2001 143,425 58.6 176
2002 147,774 58.6 183
2003 144,539 54.5 201
2004 140,916 56.3 203
2005 138,825 55.1 201
2006 135,268 51.0 205
2007 146,813 56.6 208
2008 151,637 51.9 205
2009 147,754 50.9 199
2010 111,203 67.0 365
2011 91,020 59.3 365
2012 108,441 64.5 365
2013 110,555 65.4 365
2014 107,936 65.8 365

^1 これ以外の日はすべて1日2往復である。

利用者確保に向けた対策[編集]

2010年度の南紀白浜空港の年間利用客数は11万1203人で、前年度比で3万6551人・24.7%の減少だった。しかし、従来のMD-87より小型なエンブラエル170の導入により、搭乗率は16.1%増の67.0%へ改善された[8]。また、2007年度の年間貨物輸送量は149tで、うち南紀白浜空港から羽田空港に向けての輸送量が136tで、全体の91.4%を占める[9]

2011年度は、2010年度末に当たる3月11日に発生した東日本大震災後の国内旅行の自粛ムードなどから利用客が減少していたが、2012年度下半期以降に回復基調になったとされ、2012年度の年間利用者数は10万8441人となって前年比1万7421人・19.1%の増加となった。また、2013年の上半期に限ると搭乗客は過去3年間で最も多かった。この要因について地元紙は、地元関係者による増客の取り組みが奏を功したほか、乗り継ぎ利用に対し利便を図る運賃制度などが要因であったとしている[10][11]

南紀白浜空港は和歌山県内唯一の空港だが、県南部の白浜町の海岸部に位置し、現在は羽田便のみの就航であるため、同県北西部にあり行政や商工業の中心地である和歌山市からのアクセス時間や利便性では大阪府にある関西国際空港に劣り[12]、羽田線の通常運賃でも南紀白浜空港の方が高い[13]。その結果、南紀白浜空港利用客の過半数は観光目的であり、その行き先としては南紀白浜温泉アドベンチャーワールドなどの白浜町内、及び熊野古道那智勝浦温泉潮岬などの県南部の観光地が上位に並ぶ反面、県北東部の高野山は相対的に低いとしている[14]

このような実情を反映してか、和歌山県はその長期総合計画の中で関西空港を南紀白浜空港に優先して記述し、その至近距離が「本県経済の発展にとって大きなメリットをもたらす」「観光客や企業の誘致、農産物などの輸出(に有効)」とし、大阪府や関西の経済界と連携して同空港の2期工事を推進する一方、南紀白浜空港は「首都圏に直結する立地条件を持つ本県南部の玄関口」と現状認識を示した上で「(観光客などの)誘客を行う際には、南紀白浜空港を拠点に紀南地域への導線を描いていく」という将来像を示し、両空港の並立と南紀白浜空港の維持・増便を目指している[15]

和歌山県は、利用者の増加とイメージアップを図るため、当空港の愛称を「南紀白浜パンダ空港」とする案を検討している[16][17]

補助金制度[編集]

白浜町民は航空機利用について、白浜町から補助金を受けることができる利用促進制度がある[18]

関連する官公署[編集]

  • 和歌山県南紀白浜空港管理事務所
  • 和歌山県県土整備部港湾空港振興局振興課
  • 国土交通省大阪航空局南紀白浜空港出張所
当空港の航空情報・通信業務のみ担当。なお、当空港は非管制化空港である(管制業務は提供されていない)。
 南紀白浜空港出張所に設置していた航空管制技術官は、2012年4月1日付で伊丹空港へ引き上げた。

公園[編集]

空港敷地内の高台には公園があり、一般に開放されている。また、空港(初代)の跡地については旧滑走路面が残されているが、敷地の一部がバラ園として利用[19]されているほか、繁忙期や「空の日フェスタ」などのイベント開催時には臨時駐車場として活用されることもある[20][21]。なお、一般利用客は隣接する平草原公園から利用できる。初代空港のターミナルは、白浜警察署の移転に伴い2010年に解体された。

空港へのアクセス[編集]

※詳細は、各項目および公式サイトを参照。

その他[編集]

  • 南紀VORDME/ILSが整備されているものの、管理官所は、大阪空港事務所システム運用管理センター
  • 白浜空港出張所が、管理していた御坊DME(VORは2013年3月7日廃止)及び串本VORTACの管理官所も、大阪空港事務所システム運用管理センターである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  2. ^ a b c d 南紀白浜空港の概要”. 和歌山県. 2015年11月7日閲覧。
  3. ^ 館内施設のご案内”. 南紀白浜空港. 2015年11月7日閲覧。
  4. ^ 無線LANの使用について”. 南紀白浜空港. 2015年11月7日閲覧。
  5. ^ 館外駐車場等”. 南紀白浜空港. 2015年11月7日閲覧。
  6. ^ 南紀白浜空港~台湾 国際チャーター便就航”. 和歌山県. 2015年11月7日閲覧。
  7. ^ “今夏、 関西エリア3空港(関西・神戸・南紀白浜)からFDAチャーター便が飛びます。” (PDF) (プレスリリース), フジドリームエアラインズ, http://www.nkiac.co.jp/news/2015/2155/fdakixcharter.pdf 2015年11月7日閲覧。 
  8. ^ a b 南紀白浜空港/月別利用状況 (PDF)”. 和歌山県. 2015年11月7日閲覧。
  9. ^ 和歌山県統計年鑑(2009年刊行)
  10. ^ 南紀白浜空港の利用が回復基調 東日本大震災前の水準に - 紀伊民報(2013年4月19日更新、同年10月19日閲覧)
  11. ^ ここ3年で搭乗者最多 JAL南紀白浜-東京 本年度上半期 - 紀伊民報(2013年10月1日更新、同月19日閲覧)
  12. ^ 関西空港と和歌山駅の間には直通バスが30分間隔・所要時間40分で運行され、空港ターミナル内にある関西空港駅からはJR西日本で和歌山駅まで、あるいは南海電鉄和歌山市駅まで1回の乗換で約35分で移動できることが紹介されている。一方、南紀白浜空港から和歌山市内へはレンタカーで1時間20分(90km)、鉄道では白浜駅(空港から連絡バスで約15分)から和歌山駅まで特急で1時間20分と紹介されている。出典:両空港公式サイトのアクセス案内。
  13. ^ 加えて、羽田 - 関西線では各航空会社により多様な割引運賃が設定され、実勢価格は更に下がる。しかも関西空港は伊丹神戸とのマルチエアポート制によってそれらと同一空港と見做されるので、各種割引サービスなどの三空港間での共通利用が可能である。
  14. ^ 2010年8月の乗客調査より。出典:澤崎喜英(和歌山社会経済研究所元研究部長)『南紀白浜空港利活用による経済波及効果推計 (PDF) 』、2011年1月 ※研究員レポート-研究員個人の研究であることに留意
  15. ^ 『和歌山県長期総合計画』第2章第6節「にぎわいと交流を支える公共インフラを整備する和歌山 (PDF) 」128-130ページ、2008年
  16. ^ 愛称は「パンダ空港」 南紀白浜空港紀伊民報 2010年7月20日
  17. ^ 南紀白浜「パンダ」空港へ 愛称検討 和歌山県が提案[リンク切れ] - 産経新聞(2010年7月21日)
  18. ^ 南紀白浜空港利用促進制度のお知らせ”. 白浜観光協会. 2015年11月7日閲覧。
  19. ^ 美しいバラ見に来て 平草原公園と旧空港 - AGARA紀伊民報(2009年5月9日付、同年9月29日閲覧)
  20. ^ 広報しらはま (No.29) p.7 - 白浜町(2008年7月発行) ※参考:広報しらはま No.29 (PDF) - 白浜町(2009年9月閲覧)
  21. ^ 南紀白浜空港 空の日フェスタ - 和歌山県

外部リンク[編集]