日本エアコミューター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本航空 > 日本エアシステム > 日本エアコミューター
日本エアコミューター
JAPAN AIR COMMUTER
JapanAirCommuterLogo Tsurumaru.svg
IATA
JC[1]
ICAO
JAC
コールサイン
COMMUTER
設立 1983年7月1日
拠点空港 鹿児島空港
焦点空港 大阪国際空港
マイレージサービス JALマイレージバンク
会員ラウンジ サクララウンジ、JALラウンジ
航空連合 未加盟
保有機材数 22機(2009年7月現在)
就航地 21空港
親会社 日本航空
本拠地 鹿児島県霧島市溝辺町麓787-4
代表者 代表取締役社長 安嶋 新
外部リンク http://www.jac.co.jp/
テンプレートを表示
日本エアコミューター株式会社
JAPAN AIR COMMUTER CO.,LTD.
Japan Air CommuterHQ.jpg
鹿児島空港近くにある本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 JAC
本社所在地 日本の旗 日本
鹿児島県霧島市溝辺町麓787-4
設立 1983年7月1日
業種 空運業
事業内容 国内定期航空運送事業及び国際航空運送事業 等
代表者 代表取締役社長 安嶋 新
資本金 3億円
発行済株式総数 6,000株
従業員数 593人(2009年7月現在)
主要株主

日本航空 3,600株(60.0%)
鹿児島県 奄美群島 12市町村 2,400株(40.0%)

奄美市喜界町天城町和泊町与論町徳之島町伊仙町知名町瀬戸内町龍郷町大和村宇検村
外部リンク http://www.jac.co.jp/
テンプレートを表示

日本エアコミューター株式会社(にほんエアコミューター、英称Japan Air Commuter Co.,Ltd.略称:JAC)は、日本航空(JAL)グループ航空会社である。ターボプロップ機(プロペラ機)を運航している。

略歴[編集]

鹿児島県の離島アクセス改善のため、当時の東亜国内航空(のちの日本エアシステム。2004年に日本航空ジャパンに社名変更後、2006年に日本航空インターナショナルに吸収合併)と鹿児島県奄美群島の14市町村(合併により12市町村に減少)が出資して、コミューター航空会社として発足した。当初は旧奄美空港に本社を置き、奄美群島をはじめとした路線が中心であったが、次第に日本エアシステムから西日本のローカル路線の移管を受け、路線を拡充していった。2011年現在も、奄美群島12市町村が資本の4割を出資し役員を派遣している。

日本航空と日本エアシステムとの経営統合後は東日本の地方空港への路線を運航していた時期もあった。同じグループ会社のジェイエア (J-AIR) とは、路線の違いや独自便名での運航(全便JAL便名での運航)に加え、機種(JACはターボプロップ機、J-AIRはジェット機)の違いもある。

日本エアコミューターはワンワールドに加盟していないが、JAL以外の航空会社でワンワールド・エメラルド会員のステイタスを保有している場合は、日本エアコミューターでも優先搭乗のサービスは適用になる[2]

沿革[編集]

就航路線[編集]

2016年現在

保有機材[編集]

DHC-8-Q400型機(3代目塗装)
サーブ 340型機(4代目塗装)

現役機材[編集]

2015年8月現在[4]

退役機材[編集]

YS-11型機(2代目塗装)
  • ドルニエ 228 3機が登録運航された。客室座席数が19席のため客室乗務員の乗務がなく、与圧もないため就航率も低かった。(1983年12月10日 - 1995年9月30日)退役保管後、暫く国内他社で使用されたが現在は日本国内からも退役している。
  • 日本航空機製造YS-11 - 元は日本エアシステム(旧東亜国内航空)やその前身の一つである日本国内航空の運航機材。2006年9月30日に退役。日本の民間航空としては、JACが最後の運航者だった。民間機用としては退役したYS-11だが、国土交通省保有の機体や海上自衛隊所属の軍用機としては未だ日本の空で活躍している。

導入予定機材[編集]

塗装[編集]

東亜国内航空→日本エアシステム(JAS)グループとして設立され、日本航空との経営統合後はJALグループの一員であるため、基本的に親会社と同じ基調の塗装である。2013年8月現在、順次3代目から4代目塗装への移行が進んでいるが、1機のDHC-8-Q400(機体記号:JA842C)のみ2代目塗装のまま残存している。

設立当時
東亜国内航空と同じ「レッド&グリーン」の帯が配されたものであったが、赤で「Japan Air Commuter」の表記と地球儀に気流をなびかせたロゴマークが配され、垂直尾翼には「JAC」と表記されていた。ドルニエ228ではレッドの帯のみで、垂直尾翼にはハイビスカスの花の絵をあしらったデザインが配されていた。
2代目
垂直尾翼にJASと同じ「レインボー・カラー」が配され、「JAS」ではなく「JAC」と表記される。胴体部分にはホワイト一色で「レインボー・カラー」はなく、青で「JAPAN AIR COMMUTER」の表記と設立当時のロゴマークが配された。退役したYS-11も最後までこの塗装であった。ドルニエ228はこの塗装に移行しないまま退役している。
3代目
JALと同じ「The Arc of the Sun(太陽のアーク)」の統一デザインであり、「JAL」(Aの横棒がなくノが入る)のロゴマークの横に「JAPAN AIR COMMUTER」と表記された。
4代目
JALの鶴丸採用に合わせ、ホワイトボディに黒で「JAPAN AIR COMMUTER」と表記され、尾翼に鶴丸が配されたデザインである。ただし鶴丸内の表記は「JAL」である。

機内サービス[編集]

オーディオプログラム等、中型ジェット機並みの機内サービスはないが、毛布貸出しなどのサービスはある。このほかJACオリジナルのキャンディや、屋久島与論島、JACの主力機であるSAAB 340B・Q400がデザインされたポストカード、ルートマップを配布している。2007年7月にはオリジナルの機内誌『UPROP』(アップロップ)が創刊された。

JALグループ航空事業者[編集]

◎JALグループは国際航空連合(アライアンス)「ワンワールド」に加盟している。但し※のある航空会社は経営施策上ワンワールドには加盟していない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JALエクスプレスが使用していたIATA航空会社コード。設立からJALエクスプレス消滅までは「3X」を使用していた。
  2. ^ https://www.jal.co.jp/dom/service/yuusen/
  3. ^ 日本エアコミューター、ATR42-600型機の導入を決定 - 日本航空プレスリリース
  4. ^ 日本エアコミューター 会社概要

関連項目[編集]

外部リンク[編集]