マクドネル・ダグラス MD-80

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マクドネル・ダグラスMD-80

マクドネル・ダグラス MD-80 (McDonnell Douglas MD-80) は、アメリカ合衆国マクドネル・ダグラスが開発・製造した双発ジェット旅客機のシリーズ名である。

MD-80シリーズは、リアエンジン方式の小型短距離向けナローボディ機である。ダグラスDC-9をベースとした発展型として開発され、当初はDC-9スーパー80と呼ばれていたが、後にMD-80シリーズと名付けられた。MD-80シリーズは大きく分けて、MD-81 (DC-9-81)、MD-82MD-83MD-87MD-88の5型式で構成され、MD-80という型式そのものは存在しない。

後に、MD-80の更なる発展型として、次世代化を行ったMD-90およびMD-95が開発されたが、MD-95は開発中にマクドネル・ダグラスがボーイングに吸収合併され、開発・製造を引き継いだボーイングによりボーイング717と命名されて販売された。

開発までの経緯[編集]

DC-9の誕生[編集]

DC-9シリーズは、1963年4月に開発が決定し開始された。前作のDC-8よりもエンジンをはじめとする性能面の向上が目標とされた。

ライバルのボーイングが開発していたボーイング727と違い乗客数が90名~140名と、DC-9はボーイング727よりも多少小さかったが、DC-9の売上はよく、マクドネル・ダグラスは大きな成功を収めた。

MD-80とMD-90の開発[編集]

ブルーライン社のMD-83

1970年代末より、マクドネル・ダグラスは新たにDC-9シリーズの一環として、新型旅客機スーパー80シリーズの開発を開始した。これはDC-9-50を改良・ストレッチしたものであり、DC-9-81、DC-9-82、DC-9-83の3種類の開発がアナウンスされた。DC-9-81の初飛行は1979年10月18日である。

このスーパー80シリーズはボーイング727よりも低騒音・低燃費で、パイロットは2人だけで済むなどという利点から、当時まだ勢力を保っていたボーイング727を圧倒した。このことが、ボーイング727の生産終了の決め手の1つとなったともいわれている。こうして、スーパー80シリーズのうち-81については1980年スイス航空によって就航が開始された。なお、1983年に「DC (Douglas Commercial) 」の名称使用は取りやめ、「MD (McDonnell Douglas) 」の名称を使用することとなり、スーパー80シリーズは「MD-80シリーズ」と名称が変更された。

MD-80シリーズは人気が高く、当初のMD-81/-82/-83に次ぎ、短胴型のMD-87が開発、製造された。また、コックピットの一部がグラスコックピット化されたMD-88も登場した。

1993年には、MD-80シリーズの後継機ともいえるMD-90型が登場した。MD-80シリーズよりもさらに低騒音・低燃費であったが、MD-80シリーズほどの人気は得られなかった。MD-80シリーズは1999年まで、MD-90型は2001年まで生産が続いた。

MD-95の開発とボーイングによる買収[編集]

MD-90型に次ぐジェット旅客機は、MD-95という名称で1991年から開発が始まっていた。MD-90型よりも乗客数を減らし、乗客数は100名程度が目標とされた。

だが、開発中にマクドネル・ダグラスはボーイングによって買収されたため、開発はボーイングが引き継ぐこととなった。ボーイングは当初開発を中止することも検討したが、ボーイングのラインナップを補完できると考え、機種名はボーイング717として開発を継続、1998年より生産が開始された。

こうしてボーイング717が誕生したものの、同様のサイズを持つボーイング737-600などとの直接競合を避けるためと、2001年アメリカ同時多発テロの航空旅客一時激減などの影響を受けて、生産は2006年に終了し、生産機数は156機という少数にとどまった。

MD-80シリーズ[編集]

機体後部に2基の小さなエンジンを装備し、高能率な翼、T型の特徴的な尾翼が印象的で、マクドネル・ダグラスの前作DC-9の後継機となった。座席配置は横5列で、エコノミークラスの座席配置に最適だった。乗客数は、MD-87が約140名、それ以外は170名程度である。

1980年に就航し、その後派生形が相次いでデビューした。DC-9よりも人気が高く活躍時期も長かった。また、このころに登場したボーイング737-300/400/500のライバル機にもなった。

主要な運用者としてアエロメヒコオーストリア航空ノースウエスト航空アメリカン航空デルタ航空スカンジナビア航空スイス航空アリタリア航空フィンランド航空イベリア航空日本エアシステム中国東方航空中国北方航空アラスカ航空大韓航空ミッドウェスト航空遠東航空が挙げられるが、これらの多くが2000年代に入って引退させている[要出典]。また、この他にも59の航空会社が少数ながらMD-80シリーズを導入している。

MD-90[編集]

エバー航空のマクドネル・ダグラスMD-90型機

MD-90型は、MD-80シリーズの後継型にあたる旅客機であり、MD-80シリーズよりも近代化されている。また、エンジンは低騒音で低燃費のV2500を搭載している。

MD-90型は1989年に開発が開始され、1993年に初飛行、1995年に路線就航した。

デルタ航空サウジアラビア航空日本エアシステムスカンジナビア航空が主要なユーザーとなった。2008年3月時点で、MD-90型は中国東方航空中国南方航空日本航空ライオン・エア、サウジアラビア航空、ユニー航空(立栄航空)、ブルーワンハローエバー航空、デルタ航空が使用している。

日本エアシステムが導入したMD-90型は、映画監督の黒澤明がデザインした7種類の虹色塗装のものであったが、日本航空との合併により日本航空標準の塗装に変更された。2012年後期には、1機が鶴丸塗装に変更されている。 日本航空の就航便は2013年3月30日広島発羽田便がラストフライトとなり退役した。

MD-95[編集]

ジェットスターのMD-95(ボーイング717-200)

MD-95型は、DC-9をベースとした旅客機の最終作である。MD-90型の短胴型として開発された。開発途中の1997年にマクドネル・ダグラスがボーイングによって買収されたため、正式の機種名はボーイング717である。

新たにロールス・ロイス・ドイツ(当時はBMWロールス・ロイス)のBR715型エンジンを搭載している。また、MD-95型ではコクピットがそれまでのMD-90型と比較しても、大幅にグラスコックピット化されている。

156機のボーイング717が1998年2006年まで生産されたが、ボーイング737-600などとの直接競合を避けるために注文が停止された。トランスワールド航空バリュージェット航空(その後エアトラン航空を経てサウスウエスト航空に買収される)、ミッドウェスト航空ハワイアン航空バンコクエアウェイズが主要なユーザーとなった。2016年7月現在、主にデルタ航空がこれらの航空会社から中古機を買収またはリースして使用されている。

制作時期的にはボーイング777<ボーイング717<ボーイング787となる。

主な事故・事件[編集]

2015年3月までに、DC-9スーパー80を含むMD-80シリーズの主な事件・事故は66件発生し、合計1446人が死亡している[5]。そのうち、機体損失事故は35件、ハイジャックは10件発生しているが、ハイジャックによる死者はいない[5]

MD-80の最初の機体損失事故は、1980年6月19日、DC-9-81の試験飛行中に発生した[6][7]。油圧系統が失われても安全に着陸できることを実証する試験で、着陸時に滑走路を逸脱した[7]。この事故では、乗員3名は全員無事だった[7]

MD-80シリーズで最初の死亡事故は、1981年12月1日に発生した[6]ユーゴスラビア(現・スロベニア)のリュブリャナからフランスコルシカ島アジャクシオに向かっていたイネックス・アドリア航空のDC-9-81が、コルシカ島のサン・ピエトロ山に墜落し、乗員7人と乗客173人の全員が死亡した[8][9]CFITによる事故とされる[8]イネックス・アドリア航空1308便墜落事故英語版)。1988年6月12日には、アウストラル航空のDC-9-81が、濃霧で視界不良のなかでアルゼンチンポサーダスに向けてアプローチ中に墜落し、乗客乗員22人全員が死亡した[10][11]アウストラル航空46便墜落事故英語版)。

MD-82 (DC-9-82) の最初の死亡事故となったのは、1987年8月16日に起きたノースウエスト航空255便墜落事故である[6]。米国内線に就いていた事故機がデトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港を離陸したところ、操縦士が高揚力装置を展開し忘れていたため失速し、制御を失い墜落した[12]。乗員6名、乗客155名のうち生存者は乗客1名のみで、地上にいた2人も巻き込まれて死亡した[12]。2008年8月20日にも、同様にMD-82で高揚力装置を展開しないまま離陸しようとして墜落し、乗客乗員172人中154人が死亡した、スパンエアーJK5022便離陸失敗事故が起きている[13]

MD-82の着陸失敗による最初の死亡事故は、1993年10月26日に発生した中国東方航空5398便着陸失敗事故英語版である[6]中国東方航空のMD-82が、福州長楽国際空港への着陸に失敗して滑走路をオーバーランし、胴体が3つに分断されて乗客乗員80人のうち乗客2人が死亡した[14]。同年11月13日には、中国北方航空のMD-82がウルムチ空港への着陸に失敗し、乗客乗員102人のうち乗員4人と乗客8人が死亡している[15][16]中国北方航空6901便墜落事故英語版)。その後もMD-82の着陸失敗による死亡事故が発生している。1999年6月1日、アメリカン航空のMD-82が、雷雨の中でリトルロック・ナショナル空港(現・ビル・アンド・ヒラリー・クリントン・ナショナル空港英語版)への着陸に失敗してオーバーランし、機体が大破・炎上した[17][18]。この事故で、乗客乗員145人のうち、乗員1人と乗客10人が死亡した[19]アメリカン航空1420便オーバーラン事故)。2004年11月30日、インドネシアアディスマルモ国際空港ライオン・エアのMD-82が着陸に失敗、滑走路をオーバーランして機体前部が大破した[20][21]。この事故で、乗客乗員163人のうち、乗員2人と乗客23人が死亡した[21]ライオン・エア538便着陸失敗事故英語版)。2007年9月16日、タイワン・ツー・ゴー航空が運航するMD-82が、悪天候の中プーケット国際空港への着陸に失敗し、滑走路をオーバーランして林に突っ込み大破炎上した[22][23][24]。この事故で、乗客乗員130人のうち乗員5人、乗客85人が死亡した[24]ワン・トゥー・ゴーOG269便着陸失敗事故)。

このほか、MD-82では、2002年5月7日には中国北方航空6136便放火墜落事件が発生している[25]北京大連行の中国北方航空機が大連沖に墜落したもので、事故機からは墜落前に客室内で火災が発生したとの報告があり、中国政府の事故調査チームは「乗客の放火による破壊事件」だったと発表している[26][25]。また、2005年8月16日にはウエスト・カリビアン航空708便墜落事故が発生しており、パナマからカリブ海のマルティニークに向けて飛行中のウエスト・カリビアン航空のMD-82が、エンジン推力の低下後に失速して制御不能に陥り、ベネズエラ西部に墜落した[27][28]。乗客と乗員160人全員が死亡した[28]

MD-83の最初の死亡事故は、2000年1月31日に発生したアラスカ航空261便墜落事故である[6][29]メキシコプエルト・バジャルタ英語版からサンフランシスコへ向けて飛行していたアラスカ航空261便が制御不能に陥り、カリフォルニア州沖の太平洋に墜落した[30]。調査の結果、推定事故原因は、不適切な整備によって水平尾翼のトリム調整機構が故障したためとされている[30]

次に発生したMD-83による死亡事故は、2007年11月30日のアトラスジェット4203便墜落事故英語版である[6]トルコアトラスジェットが運航するMD-83が、ウスパルタの空港へ着陸直前に空港付近の山林に墜落し、乗客乗員57人全員が死亡した[31][32]。事故時にブラックボックスが正しく機能していなかったことが判明しているが、専門家らによる調査では操縦ミスが事故原因と見られている[33]。2012年6月3日には、ナイジェリアダナ・エアが運航するMD-83がムルタラ・モハンマド国際空港へアプローチ中に、操縦士から両エンジンが停止したとの報告があり、エンジン再起動を試みたもののそのままラゴスの人口密集地に墜落した[34][35]。この墜落で、機体は複数の建物に激突し、乗客乗員153人全員と地上にいた10人が死亡した[35][36][34]ダナ・エア992便墜落事故)。2014年7月24日、アフリカのワガドゥグーからアルジェに向かっていたアルジェリア航空のMD-83が、マリ南部に墜落し、乗客乗員116人全員が死亡した[37][38]アルジェリア航空5017便墜落事故)。

2015年現在で、MD-87の死亡事故はリナーテ空港事故の1件である[6]。2001年10月8日、濃霧に包まれたイタリアミラノ・リナーテ空港で、スカンジナビア航空のMD-87が離陸滑走中に、滑走路に侵入したセスナ サイテーションと衝突した[39]。衝突により機体に損傷を受けたMD-87は、僅かに上昇したものの、空港内の貨物施設に衝突・炎上した[40]。この事故で、MD-80とセスナ機の乗客乗員110人全員と地上施設で巻き込まれた4人が死亡した[39]

同じく2015年現在で、MD-88の死亡事故も1件である[6]。1996年7月6日、米国のペンサコーラ国際空港英語版で離陸態勢に入ったデルタ航空のMD-88の左エンジンが異常を起こし、飛び散った金属片が客室内を直撃して2人が死亡、5人が負傷した[41][42]デルタ航空1288便離陸事故英語版)。

主要諸元[編集]

表****: 各モデルの主要諸元
MD-81 MD-82 MD-83 MD-87 MD-88
運航乗務員数 2名
標準座席数 (2クラス) 155 [43] 130 [43] 155 [43]
最大座席数 (1クラス) 172[44] 139[44] 172[44]
床下貨物室容積 35.5 m3 28.7 m3[44] 26.6 m3†1[44] 35.5 m3[44]
全長 45.02 m[45] 39.75 m[46] 45.02 m[45]
全幅 32.85 m
全高 9.02 m[47] 9.30 m[47] 9.02 m[47]
主翼面積 112.32 m2[47]
胴体幅 3.34 m[48]
客室幅 3.14 m[48]
客室長 30.78 m[49] 25.47 m[49] 30.78 m[49]
最大無燃料重量 (MZFW) 53,525 kg (118,000 lb)[44] 55,338 kg (122,000 lb)[44] 50,802 (112,000 lb)[44] 55,338 kg (122,000 lb)[44]
最大離陸重量 (MTOW) 63,504 kg (140,000 lb)[44] 67,812 kg (149,500 lb)[44] 72,575 kg (160,000 lb)[44] 63,503 kg (140,000 lb)[44] 67,812 kg (149,500 lb)[44]
離陸滑走距離 1954 m 2,315 m 2,462 m 1,913 m 2,315 m
巡航速度 マッハ0.75[50]
航続距離 2,897 km[47] 3,798 km[47] 4,635 km[47] 4,395 km[47] 3,798 km[47]
エンジン (×2) P&W JT8D-209[2] P&W JT8D-217[2] P&W JT8D-219[2] P&W JT8D-217C[3] P&W JT8D-219[4]
推力 (x2) 82.3 kN[2] 89.0 kN[2] 93.4 kN[2] 89.0 kN[3] 93.4 kN[4]
  • †1:追加燃料タンクを装備しない場合。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “World Airliner Census 2014” (English) (PDF), Flightglobal Insight, (2014-08-26), https://d1fmezig7cekam.cloudfront.net/VPP/Global/WorldAirlinerCensus2014.pdf 2014年3月14日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 青木 2014, p. 87.
  3. ^ a b c d 青木 2014, p. 88.
  4. ^ a b c d 青木 2014, p. 89.
  5. ^ a b MD-80 Statistics” (English). Aviation Safety Network (2015年2月19日). 2015年2月20日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h ASN Aviation Safety Database” (English). Aviation Safety Network (2015年2月19日). 2015年2月20日閲覧。
  7. ^ a b c ASN Aircraft accident McDonnell Douglas DC-9-81 N1002G Yuma International Airport, AZ (YUM))の事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年4月21日閲覧。
  8. ^ a b ASN Aircraft accident McDonnell Douglas DC-9-81 YU-ANA Mont San-Pietro)の事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年4月21日閲覧。
  9. ^ 航空機事故による死者数の予測 (PDF)”. 損害保険料率算出機構. 2015年3月14日閲覧。
  10. ^ 「アルゼンチン旅客機墜落、豊田通商社員ら22人死亡」、『日本経済新聞 名古屋朝刊』21頁、1988年6月14日 
  11. ^ ASN Aircraft accident McDonnell Douglas DC-9-81 (MD-81) N1003G Posadas Airport, MI (PSS)の事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年5月17日閲覧。
  12. ^ a b ASN Aircraft accident McDonnell Douglas DC-9-82 N312RC Detroit-Metropolitan Wayne County Airport, MI (DTW)の事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年4月21日閲覧。
  13. ^ ASN Aircraft accident McDonnell Douglas MD-82 EC-HFP Madrid-Barajas Airport (MAD)の事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年4月21日閲覧。
  14. ^ ASN Aircraft accident McDonnell Douglas MD-82 B-2103 Fuzhou Airport (FOC)の事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年4月21日閲覧。
  15. ^ 「中国機、着陸に失敗、ウルムチ空港――1邦人搭乗、軽いケガ」、『日本経済新聞 朝刊』31頁、1993年11月14日 
  16. ^ ASN Aircraft accident McDonnell Douglas MD-82 B-2141 Urumqi Airport (URC)の事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年4月21日閲覧。
  17. ^ 「着陸失敗、炎上 9人死亡、約80人負傷 米アーカンソー州の空港」、『朝日新聞 朝刊』39頁、1999年6月3日 
  18. ^ National Transportation Safety Board (2001-10-23), Aircraft accident report: Runway overrun during landing, American Airlines Flight 1420, McDonnell Douglas MD-82, N215AA, Little Rock, Arkansas, June 1, 1999., NTSB/AAR-01/02, http://www.ntsb.gov/investigations/AccidentReports/Reports/AAR0102.pdf 2015年5月17日閲覧。 
  19. ^ ASN Aircraft accident ASN Aircraft accident McDonnell Douglas MD-82 N215AA Little Rock National Airport, AR (LIT)の事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年4月21日閲覧。
  20. ^ 『予防時報』 日本損害保険協会、2005年3月31日、62頁http://www.sonpo.or.jp/archive/publish/bousai/jiho/pdf/no_221/221.pdf2015年4月18日閲覧 
  21. ^ a b ASN Aircraft accident McDonnell Douglas MD-82 PK-LMN Solo City-Adi Sumarmo Airport (SOC)の事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年4月21日閲覧。
  22. ^ 「タイ機炎上、80人死亡 プーケットで着陸失敗」、『朝日新聞 朝刊』1頁、2007年9月17日 
  23. ^ プーケット旅客機炎上事故、原因究明へ”. AFPBB News (2005年8月17日). 2015年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月10日閲覧。
  24. ^ a b ASN Aircraft accident McDonnell Douglas MD-82 HS-OMG Phuket International Airport (HKT)の事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年4月21日閲覧。
  25. ^ a b ASN Aircraft accident McDonnell Douglas MD-82 B-2138 Dalianの事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年4月21日閲覧。
  26. ^ 「中国北方航空墜落、原因究明進まず2年 遺族との和解も中断」、『朝日新聞 夕刊』19頁、2004年4月5日 
  27. ^ 「旅客機墜落、160人全員死亡/ベネズエラ」、『読売新聞 東京朝刊』31頁、2005年8月17日 
  28. ^ a b ASN Aircraft accident McDonnell Douglas MD-82 HK-4374X Machiquesの事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年4月21日閲覧。
  29. ^ ASN Aircraft accident McDonnell Douglas MD-83 N963AS Anacapa Island, CAの事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年4月21日閲覧。
  30. ^ a b 渡辺義宣 「特集 事故調査報告書要約 アラスカ航空261便MD-83型(2000年1月31日)NTSBリポート NTSB/AAR-02/01より」、『航空技術』 (日本航空技術協会)第582号54-63頁、2003年9月ISSN 0023284X 
  31. ^ 「トルコの不明旅客機、山林に墜落 57人が死亡」、『朝日新聞 朝刊』7頁、2007年12月1日 
  32. ^ ASN Aircraft accident McDonnell Douglas MD-83 TC-AKM Isparta Airport (ISE)の事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年4月21日閲覧。
  33. ^ アトラスジェット航空機墜落事件でブラックボックス・スキャンダル”. 日本語で読む中東メディア. 東京外国語大学. 2015年5月10日閲覧。
  34. ^ a b ASN Aircraft accident McDonnell Douglas MD-83 5N-RAM Lagos-Murtala Muhammed International Airport (LOS)の事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年4月21日閲覧。
  35. ^ a b ナイジェリアで旅客機墜落 乗っていた153人死亡か”. 日本経済新聞 電子版 (2012年6月4日). 2012年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月6日閲覧。
  36. ^ 「墜落旅客機炎上、住民も多数犠牲 ナイジェリア」、『朝日新聞 夕刊』2頁、2012年6月4日 
  37. ^ 「不明アルジェリア機、マリで墜落確認―116人搭乗」、『ウォール・ストリート・ジャーナル日本版』。 オリジナル2014年4月4日時点によるアーカイブhttp://web.archive.org/web/20150404161653/http://jp.wsj.com/news/articles/SB100014240527023040671045800489403618652122015年4月18日閲覧 
  38. ^ ASN Aircraft accident McDonnell Douglas MD-83 EC-LTV Gossiの事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年4月21日閲覧。
  39. ^ a b ASN Aircraft accident McDonnell Douglas MD-87 SE-DMA Milano-Linate Airport (LIN)の事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年4月21日閲覧。
  40. ^ 「ミラノの空港で旅客機炎上、114人死亡 小型機避け施設に衝突」、『朝日新聞 東京朝刊』35頁、2001年10月9日 
  41. ^ ASN Aircraft accident McDonnell Douglas MD-88 N927DA Pensacola Regional Airport, FL (PNS)の事故詳細 - Aviation Safety Network. 2015年4月21日閲覧。
  42. ^ 「離陸中にエンジンが飛散、破片で乗客の母子が死亡--米デルタ航空、5人けが」、『毎日新聞 東京朝刊』27頁、1996年7月8日 
  43. ^ a b c 青木 2009, p. 105.
  44. ^ a b c d e f g h i j k l m n o McDonnell Douglas 1990, p. 2-2.
  45. ^ a b McDonnell Douglas 1990, p. 2-3.
  46. ^ McDonnell Douglas 1990, p. 2-4.
  47. ^ a b c d e f g h i 浜田 2011, p. 95.
  48. ^ a b McDonnell Douglas 1990, p. 2-9.
  49. ^ a b c 青木 2002b, p. 52.
  50. ^ 青木 2014, pp. 87-89.

参考文献[編集]

書籍・雑誌記事・論文等[編集]

  • 青木謙知、「DC-9ファミリー研究 Part 2 ストレッチとシステム近代化でリニューアル MD-81/-82/-83/-87/-88」 『スプリンター・ジェットDC-9/MD-80/MD-90 & Boeing 717』 イカロス出版〈イカロスMOOK〉、2002年11月、45-52頁。 
  • 青木謙知 『BOEING JET STORY』 イカロス出版2009年10月ISBN 978-4863202429 
  • 青木謙知 『旅客機年鑑2014-2015』 イカロス出版、2014年2月25日ISBN 978-4-86320-820-9 

オンライン資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]