トランスアジア航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トランスアジア航空
TransAsia Airways
復興航空
TransAsia Airways Logo.gif
IATA
GE
ICAO
TNA
コールサイン
Trans Asia
法人番号 3700150005287
設立 1951年5月21日
運航停止 2016年11月22日
ハブ空港 台湾桃園国際空港
台北松山空港
マイレージサービス Legend Flight Club
保有機材数 19機
就航地 30都市
本拠地 中華民国の旗 中華民国台湾
台北市内湖区堤頂大道一段9号
代表者 林明昇(董事長
陳嘉(総経理
外部リンク http://www.tna.com.tw/
テンプレートを表示
トランスアジア航空
各種表記
繁体字 復興航空
簡体字 复兴航空
拼音 Fùxīng Hángkōng
英文 TransAsia Airways
テンプレートを表示
本社

トランスアジア航空(トランスアジアこうくう、: TransAsia Airways: 復興航空)とは、かつて存在していた中華民国台湾)の航空会社である。台湾初の民間航空会社であり、2016年時点では業界3位の中堅航空会社であった[1]

概要[編集]

1951年5月21日、台湾初の民間航空会社として台北市に設立[2]

1958年ハイジャックが原因と考えられた航空機事故が発生したことから運航を停止。このため業態を国際線の代理業務やケータリングに転換する。

1983年、台湾の国産実業グループの傘下入りしたことをきっかけとして、1988年、30年ぶりに自社便での国内線の運航を再開した[2]

1992年、国際チャーター便の運航を開始し、1995年マカオ線が就航し、本格的に国際定期路線に進出した。2009年、中国大陸への定期便運航を開始した[2]

2011年11月10日、日台間のオープンスカイが合意されたのを受け、2012年3月25日からの夏ダイヤより台北/桃園から大阪/関西沖縄/那覇函館札幌/新千歳旭川釧路への就航を申請した。[3]

2012年6月28日、当社初の日本路線となる、台北/桃園 - 大阪/関西線が1日1便で就航した[4]

2012年11月26日、同社初となるエアバスA330-300型機を、フランストゥールーズで受領[5]。2日間かけて台北松山空港フェリーフライトされたのち、同年12月25日に台北/桃園 - 札幌/新千歳線に投入[6]

2013年9月26日、台北/桃園 - 東京/成田線が1日1便で就航した[7]

2013年10月中旬、航空燃油価格の高騰と格安航空の出現などの影響によりシンガポール線を運航停止。

2013年11月、台湾初の格安航空会社となる「全民航空」を設立。2014年1月23日、「全民航空」の名称について、公募で「V エア」(台湾名・威航)との名称で決定したと発表[8]

2016年8月9日、V Airの10月1日をもっての全面運航停止と同社との合併を発表。同年9月30日までは一部早期運航停止路線を除き運航予定。同時にV Airから台北-福岡、チェンマイ線は8月末までに新たな運航を申請し、引き継ぎ就航予定[9]。同年8月27日に、上記統合案を撤回。V Airを存続させたうえで、10月1日から1年間の休業に変更した[10]

2016年11月21日、明日11月22日のトランスアジア航空便全ての運航を停止すると発表した[11][12]

2016年11月22日午前に開いた取締役会で、運航の終了と会社の解散を決議した[13]。発券済みの航空券に対しては、払い戻しや他社便への振り替えを実施する[14]。また、林明昇董事長らに対し、インサイダー取引があったとして調査を進めている[15]

金門澎湖線を除く運航停止路線については、行政院の決定で12月1日から2017年春節まで、中華航空(チャイナエアライン)(国内線は、子会社のマンダリン航空)が運航を引き継ぐこととなった[16][17]

定期便[編集]

国内線[編集]

国際・両岸線[編集]

2016年11月21日現在[18]


保有機材[編集]

2016年11月21日現在[19]

マイレージサービス[編集]

  • Legend Flight Club(TNAレジェンドクラブ、中国語: 復興會員俱樂部
    • エコノミークラスでは飛行距離に応じてマイルが積算され、ビジネスクラスでは合わせてプラス50%のボーナスマイルが加算される[20]
    • 無料特典航空券への交換には、国内線の往復チケットが10,000マイル、国際線では35,000マイルが必要[21]。台湾〜日本間の往復チケットと交換するために、単純計算で台北/桃園 - 東京/成田間(1,330マイル)を14往復しなければならない。また、2,000マイルで台北/桃園または高雄のいずれかの空港のラウンジ利用券と交換することも可能である。

事故[編集]

藍天鵝墜落事件
1958年10月1日PBY-5A水陸両用飛行機藍天鵝が5時45分に7名の乗客を乗せ馬祖島を出発し、6時10分に台北へ向け、「高度1フィート距離台北の80浬」と交信をした後失踪。アメリカの軍事顧問4名が同乗していたことにより、アメリカ第7艦隊と台湾当局による72時間に渡る捜索でも墜落の痕跡を発見できず、10月1日が中華人民共和国の建国記念日であったこと、また連江県長の王緒や馬防部副参謀長鈕英らを乗せていたことより、王によりハイジャックされ中国本土へ亡命したと考えられ、運航業務を停止し業態転換を図った。2012年、馬祖島の漁師の網にプロペラが掛かり解析した結果、2014年に米国ハミルトン・スタンダード社製のPBY-5Aに使用されたのものと判明し、藍天鵝のものと確定。これにより、55年余りを経て墜落していたことが明らかとなった。2015年1月現在も墜落理由は判明しておらず、陰謀論も出ている。引き上げられたプロペラは高雄空軍基地で陳列展示されている[22][23][24]
トランスアジア航空791便墜落事故
2002年12月21日、GE791便(台北桃園→マカオ、ATR-72、貨物機、乗員2名)が澎湖諸島付近で墜落した。
トランスアジア航空222便着陸失敗事故
2014年7月23日午後7時ころ、GE222便(高雄馬公ATR-72型機、乗員・乗客58名)が澎湖県にて緊急着陸に失敗する事故が発生し、48人が死亡、10人が負傷した[25][26]
トランスアジア航空235便墜落事故
2015年2月4日、GE235便(台北松山金門、ATR-72型機)が離陸直後に基隆河に墜落、43人が死亡、17人が負傷した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ トランスアジアが解散=2度の事故で経営悪化-台湾 - 時事通信 2016/11/22
  2. ^ a b c 企業情報(2016年11月23日時点のアーカイブ) - トランスアジア航空
  3. ^ 民用航空局 - 臺日間新增航線將於明(101)年3月起陸續開航(中国語)
  4. ^ トランスアジア航空 日本初の定期便として、関西空港に就航! 関西国際空港株式会社 [リンク切れ]
  5. ^ 柯安聰 (2012年11月26日). “復興航A330-300客機於法國正式交機”. 自立晚報. http://www.idn.com.tw/news/news_content.php?catid=3&catsid=1&catdid=0&artid=20121126kofang007 
  6. ^ A330-300客機正式加入調度 復興航空官方新聞[リンク切れ]
  7. ^ トランスアジア航空、成田へ9月就航 Aviation Wire 2013年8月8日付
  8. ^ 復興航空、設立するLCCの名称「V air」に決定 FlyTeam 2014年1月24日付
  9. ^ V Airとトランスアジア航空合併に関するV Air公式声明文(2016年8月9日時点のアーカイブ
  10. ^ Vエア、親会社との合併撤回 1年間の休業へ/台湾(中央社フォーカス台湾)
  11. ^ トランスアジア航空、22日の運航停止を届け出 ロイター 2016年11月21日
  12. ^ トランスアジア航空、あす台北―日本路線を全面運休/台湾 - 中央社フォーカス台湾 2016年11月21日
  13. ^ 台湾・復興航空が解散 事故続き客離れ止まらず 日本経済新聞 2016年11月22日
  14. ^ トランスアジア航空 解散および全便運航停止のお知らせ - トランスアジア航空 2016年11月22日
  15. ^ トランスアジア航空 インサイダー取引の疑いで捜査/台湾 - 中央社フォーカス台湾 2016年11月22日
  16. ^ 中華航空、12月からトランスアジア路線引き継ぎへ/台湾 - 中央社フォーカス台湾 2016/11/23
  17. ^ 解散決議の復興航空、中華航空が路線引き継ぎへ 台湾当局 2016年11月24日
  18. ^ 班機時刻表 (PDF) - 復興航空 2016年11月
  19. ^ Transasia Airways fleet details - AirFleets.net
  20. ^ 復興航空 哩程累計(2014年3月21日時点のアーカイブ) - トランスアジア航空
  21. ^ 復興航空 兌換獎勵(2014年3月21日時点のアーカイブ) - トランスアジア航空
  22. ^ 藍天鵝失連 爆陰謀論中時電子報 2014年6月1日
  23. ^ 盤点史上神秘失飛行機 民国47年台湾復興「藍天鵝」馬祖飛台途中(2015年2月4日時点のアーカイブ) 馬祖日報 電子報 2015年1月3日
  24. ^ 台失蹤55年客機被証実墜海 会伝遭劫飛往大陸(図)--中時(2015年2月7日時点のアーカイブ) - 馬祖日報 2015年11月2日
  25. ^ “台湾:旅客機が着陸失敗、48人死亡 台風通過天候不良か”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2014年7月23日). オリジナル2014年7月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140725201029/http://mainichi.jp/select/news/20140724k0000m030103000c.html 2014年7月23日閲覧。 
  26. ^ 〈快訊〉復興航空重摔起火 確定47死、11傷 TVBS新聞 2014年7月23日

外部リンク[編集]