澎湖空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
馬公空港から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
澎湖空港
Penghu Airport
Magong Airport.jpg
IATA: MZG - ICAO: RCQC
概要
国・地域  台湾
所在地 澎湖県湖西郷
種類 軍民共用
運営者 交通部 (中華民国)
運用時間 7:00 - 21:00
標高 31 m (103 ft)
座標 北緯23度34分7秒 東経119度37分41秒 / 北緯23.56861度 東経119.62806度 / 23.56861; 119.62806座標: 北緯23度34分7秒 東経119度37分41秒 / 北緯23.56861度 東経119.62806度 / 23.56861; 119.62806
公式サイト http://www.mkport.gov.tw/
地図
空港の位置(台湾)
空港の位置(台湾)
MZG/RCQC
空港の位置(台湾)
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
02/20 YES 3,000×45 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
澎湖空港
各種表記
繁体字 馬公航空站
簡体字 马公航空站
拼音 Pénghú Hángkōngzhàn
注音符号 ㄆㄥˊ ㄏㄨˊ ㄏㄤˊ ㄎㄨㄥ ㄓㄢˋ
発音: ペンフー/ポンフー
英文 Penghu Airport
テンプレートを表示

澎湖空港(ほうこくうこう;澎湖機場 IPA:[pʰə́ŋxʷúː t͡ɕīːʈ͡ʂʰǎŋ]: Penghu Airport)は、台湾中華民国澎湖県湖西郷に位置する空港。軍と民間の共用空港である。2018年に名称が馬公機場から澎湖機場に変更された[1]

概要[編集]

年間利用客数は、国内2,320,249人(2016年度)

国内便のみを運行している。

歴史[編集]

  • 1957年 - 民航空運公司C-46型機を就航し、民間空港運用を開始。
  • 1966年 - 旅客ターミナルビルを建設[2]
  • 1977年8月1日 - 「馬公航空站」開港[2]
  • 2018年3月7日、当空港の名前澎湖空港(澎湖機場/Penghu Airport)に変更し、関連の作業等を半年以内にすべて完了させることを澎湖県政府が発表した。[3]
    • 同年8月9日、正式名称が澎湖機場に変更される[1]

就航航空会社と就航都市[編集]

国内線[編集]

航空会社就航地
台湾の旗 ユニー航空 台北松山空港台北市)、高雄国際空港高雄市)、台中空港台中市)、嘉義空港嘉義市)、台南空港台南市
台湾の旗 マンダリン航空 台北松山空港(台北市)、台中空港(台中市)
台湾の旗 ファーイースタン航空 台北松山空港(台北市)、高雄国際空港高雄市)、台中空港(台中市)
台湾の旗 徳安航空 七美空港澎湖県

アクセス[編集]

馬公市街まで約10kmほどあり、市街地と連絡する公共交通機関には路線バスとタクシーがある。空港から利用できる路線バスはすべて馬公市内行きだが、経由地の違う4路線がある。所要時間は路線によって異なり、25 - 40分である。タクシーは、市内まで約250-300元。

  

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “馬公機場沿用一甲子走入歷史「新名字」上路拚國際行銷” (zn). 東森財經新聞. (2018年8月9日). https://fnc.ebc.net.tw/FncNews/Content/48171?from=webpush 2019年3月9日閲覧。 
  2. ^ a b 空港紹介”. 馬公空港. 2014年7月24日閲覧。
  3. ^ “馬公機場正名澎湖機場!縣府晚間突宣布 菊島各界譁然”. 自由時報. (2018年3月7日). オリジナルの2018年3月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180307163725/http://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/2358863 2018年3月8日閲覧。 

外部リンク[編集]