ファーイースタン航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファーイースタン航空
遠東航空
Far Eastern Air Transport
IATA
FE
ICAO
FEA
コールサイン
Far Easten
設立 1957年6月5日
ハブ空港 台北松山空港
台湾桃園国際空港
保有機材数 8機
就航地 16都市
本拠地 中華民国の旗 中華民国台北市松山区
外部リンク http://www.fat.com.tw/
テンプレートを表示
ファーイースタン航空
各種表記
繁体字 遠東航空
簡体字 远东航空
拼音 Yuándōng Hángkōng Gōngsī
英文 Far Eastern Air Transport
テンプレートを表示

ファーイースタン航空(遠東航空、Far Eastern Air Transport)は、台湾航空会社である。

概要[編集]

マクダネルダグラスMD-82 (2007年)

設立[編集]

1957年6月5日に台湾で創業し、定期民間航空事業には1962年に参入し、台北松山空港を中心にビッカース バイカウントシュド・カラベルなどで国内線を運航した。その後マクドネル・ダグラスMD-82MD-83ボーイング757などを導入し、国内線やパラオ新潟になど近・中距離国際線を運行した。

運航停止と復活[編集]

世界的な原油価格高による燃料費の高騰や、台湾高速鉄道の開業による国内線需要の落ち込みなどを受け、2008年に入ってから急速に経営状態が悪化、燃料費の支払いが滞り、5月には運航停止に追い込まれた。

運航停止後、マクドネル・ダグラスMD-83などの保有機体は台北松山空港にて野ざらしになっていたが、2010年1月12日に運航再開計画書が提出された。その中では5月より台北松山-金門線などの国内線を週56便、中華人民共和国への直行便を週14便就航させ、9月末までに四段階で運航本数を増やしていく計画が盛り込まれている[1]。加えて、富山九州函館旭川など、日本の地方都市への就航計画も含まれている[2]

2010年6月、操縦士の募集を行うなど準備が進められた[3]。2010年11月27日、台北松山空港にてB-28025(MD-83型)機の試験飛行を実施した。台湾政府の交通部民航局は同29日、営業運航再開にはあと1機の試験飛行成功と、5千万台湾ドルの運営保証金の準備が必要との条件を示した。

2011年4月18日午前8時55分(現地時間)、台北松山空港から再開後1番機が金門空港へ向けて飛び立った[4]。2年11ヶ月ぶりの運航再開であった。5月1日からは、台北-金門線が1日4往復に増便された。また、交通部民航局は三通による大陸路線の増便分を遠東航空に優先して割り当てる方針を示している[5]

沿革[編集]

  • 1957年 - 設立。
  • 1997年12月 - 台湾証券取引所に株式上場。
  • 2003年 - 従業員数、1000数人。
  • 2008年2月13日 - 国際航協清算所(ICH)は、通番ICN018/08号の通知を出し、決済していない1口84万8千ドルもの債務があることを理由に、会員資格を剥奪。
  • 2008年2月14日 - 財務危機に陥る。
  • 2008年2月23日 - 裁判所は緊急に処罰することを裁定する。会社更生手続きに入る。
  • 2008年5月12日 - 「運航に必要な燃料費が払えなくなった」ことから全路線の運航停止。
  • 2010年1月12日 - 再建に向けて運航再開計画書を提出。
  • 2010年11月27日 - 台北松山空港にて試験飛行を実施。
  • 2011年4月18日 - 台北松山-金門線の運航を再開
  • 2015年6月18日 - 台中-関西線に定期チャーター便として就航[6]

定期便就航路線[編集]

国内線[編集]

両岸線[編集]

国際線[編集]

2018年10月現在[7]

保有機材[編集]

2018年10月現在[8][9]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]