タイガーエア台湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タイガーエア台湾
Tigerair Taiwan
IATA
IT
ICAO
TTW
コールサイン
SMART CAT
設立 2013年12月
運航開始 2014年9月26日
ハブ空港 台湾桃園国際空港
準ハブ空港 高雄国際空港
保有機材数 9機 (2016年6月現在)
就航地 13都市
親会社 チャイナエアライン (80%)
マンダリン航空 (10%)
シンガポール航空 (10%)
本拠地 台湾の旗 台湾 桃園市大園区
代表者 関栩(クヮン・ユー) (CEO
外部リンク http://www.tigerair.com/
テンプレートを表示
タイガーエア台湾
各種表記
繁体字 臺灣虎航
拼音 Táiwān Hŭháng
英文 Tigerair Taiwan
テンプレートを表示

タイガーエア台湾 (タイガーエアたいわん、: 臺灣虎航: Tigerair Taiwan) は、台湾格安航空会社である。

概要[編集]

2013年12月16日シンガポール航空傘下のタイガーエアウェイズ・ホールディングスチャイナエアラインによる合弁で設立[1][2][1]。2016年現在の出資比率は、タイガーエアウェイズ・ホールディングスの親会社であるシンガポール航空が10%、チャイナエアラインが80%、そしてチャイナエアラインの子会社であるマンダリン航空が10%となっている。

2014年9月26日、シンガポールに就航した[3][4]。有料で販売される機内食には、魯肉飯排骨飯ビーフンなど、台湾で人気のあるメニューとしている[5]

なお、IATAコードの“IT”は、以前キングフィッシャー航空が使っていたものである。

運航都市[編集]

台北/桃園 - 北東アジア東南アジア香港マカオ中国の主要都市で、所要時間 4時間以内の都市への就航を計画している[12]

保有機材[編集]

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b チャイナ エアラインがタイガーエアと共同で台湾にLCCを設立 マイナビニュース 2013年12月16日
  2. ^ LCC参入の中華航空、就航3年目の黒字転換に自信/台湾 中央社 フォーカス台湾 2013年12月17日
  3. ^ a b c d 台湾初のLCC、タイガーエア台湾がシンガポール路線に就航 中央社 フォーカス台湾 2014年9月26日
  4. ^ a b c d 中華航空、台湾資本初のLCC就航 - 日本経済新聞 2014年9月28日
  5. ^ LCCのタイガーエア台湾、26日に初就航 機内食にはルーロー飯も 中央社 フォーカス台湾 2014年9月24日
  6. ^ tigerair Taiwan Adds Taipei – Kota Kinabalu Flights from mid-March 2016 AIRLINE ROUTE 2016年3月3日付
  7. ^ タイガーエア台湾、8月3日から台北/チエンマイ線を運休 FlyTeam 2015年6月26日付
  8. ^ タイガーエア台湾、12月17日から台北/マカオ線に就航 Fly Team 2014年12月5日
  9. ^ タイガーエア・台湾、函館〜台北/桃園線就航 8月12日から週5便 Traicy 2016年5月27日
  10. ^ タイガーエア・台湾、仙台~台北/桃園線就航 6月29日から週4便 Traicy 2016年4月13日
  11. ^ LCCタイガーエア台湾、岡山/台北便を新規就航へ、記念キャンペーンも実施 TRAVEL VOICE 2016年6月6日
  12. ^ 中華航空、日本路線充実 格安タイガーエア台湾は11月の就航目指す 中央社 フォーカス台湾 2014年3月18日
  13. ^ 中華航空系LCC 早ければ10月にも就航へ/台湾 中央社 フォーカス台湾 2014年4月14日付

外部リンク[編集]