タイガーエア台湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
タイガーエア台湾
Tigerair Taiwan
Tigerair.svg
IATA
IT
ICAO
TTW
コールサイン
SMART CAT
法人番号 1700150005000
設立 2013年12月
運航開始 2014年9月26日
ハブ空港 台湾桃園国際空港
準ハブ空港 高雄国際空港
保有機材数 10機
就航地 17都市
親会社 チャイナエアライン (100%)
本拠地  台湾 桃園市大園区
代表者 関栩(クヮン・ユー) (CEO
外部リンク www.tigerairtw.com/jp/ja/
テンプレートを表示
タイガーエア台湾
各種表記
繁体字 臺灣虎航
拼音 Táiwān Hŭháng
英文 Tigerair Taiwan
テンプレートを表示

タイガーエア台湾 (タイガーエアたいわん、: 臺灣虎航: Tigerair Taiwan) は、台湾格安航空会社である。

概要[編集]

2013年12月16日シンガポール航空傘下のタイガーエアウェイズ・ホールディングスチャイナエアラインによる合弁で設立[1][2][1]。2016年現在の出資比率は、タイガーエアウェイズ・ホールディングスの親会社であるシンガポール航空が10%、チャイナエアラインが80%、そしてチャイナエアラインの子会社であるマンダリン航空が10%となっている。

2014年9月26日、シンガポールに就航した[3][4]。有料で販売される機内食には、魯肉飯排骨飯ビーフンなど、台湾で人気のあるメニューとしている[5]

2016年12月14日、チャイナエアラインタイガーエアウェイズ・ホールディングスの所持していた10%株式を取得し、タイガーエア台湾はチャイナエアラインの子会社となった[6]

2017年、タイガーエアはスクートと合併し、タイガーエアブランドは消滅したが、チャイナエアライン傘下の同社は、現在もタイガーエアブランドを継続している。


就航都市[編集]

運航都市[編集]

2017年9月現在[7]

保有機材[編集]

2017年9月現在[8][9]。 事業の拡大に合わせて、就航後は機体を毎年 1〜2機ずつ増やし、2016年または2017年には12機までに増機するとしている[10]

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b チャイナ エアラインがタイガーエアと共同で台湾にLCCを設立 マイナビニュース 2013年12月16日
  2. ^ LCC参入の中華航空、就航3年目の黒字転換に自信/台湾 中央通訊社 フォーカス台湾 2013年12月17日
  3. ^ 台湾初のLCC、タイガーエア台湾がシンガポール路線に就航 中央通訊社 フォーカス台湾 2014年9月26日
  4. ^ 中華航空、台湾資本初のLCC就航 - 日本経済新聞 2014年9月28日
  5. ^ LCCのタイガーエア台湾、26日に初就航 機内食にはルーロー飯も 中央通訊社 フォーカス台湾 2014年9月24日
  6. ^ チャイナエアライン、タイガーエア台湾を完全子会社化へ - フォーカス台湾 2016年12月14日
  7. ^ 就航都市情報 - タイガーエア台湾
  8. ^ Tigerair Taiwan fleet details - AirFleets.net
  9. ^ Tigerair Taiwan Fleet Details and History - Planespotters.net
  10. ^ 中華航空系LCC 早ければ10月にも就航へ/台湾 中央通訊社 フォーカス台湾 2014年4月14日付

外部リンク[編集]