ATR 72

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ATR 72

ATR 72フランスイタリア航空機メーカーが合弁事業で興したATR製のターボプロップ双発旅客機である。ATR 42のストレッチ型で積載量が増加した。1988年に初飛行。初飛行から20年近く経つが、現在も開発が続けられている。

開発[編集]

ATR 72-500の機内

ATR 42よりも機体胴部を4.5メートルと翼幅を延長し、より強力なエンジンを搭載した。また、燃料積載量を約10パーセント増加させた。1985年にパリ航空ショーで発表され、翌年の1986年に試作機3機が完成した。それぞれ、1988年10月27日、同年12月20日、1989年4月に初飛行を行った。[2]

ATR 42の拡大型であるため、基本構造は同じであり、高翼配置の後退角のない主翼を持つ。アスペクト比は11と高く、細長い主翼を持ち、二重隙間フラップを有する。T字尾翼を持ち、主脚は胴体側下面のバルジ内に収める。真円の胴体形状で与圧に配慮している。

1996年1月にATR 72-500が初飛行。エンジン出力の向上などの改良が続けられているほか、ATR 72-500ではプロペラに6枚翅のものが採用され、騒音と振動が軽減、快適性が向上している。ATRは、国際民間航空機関 (ICAO) の騒音基準を下回っていると発表した。

2002年7月には、ATR 72の貨物専用機がファーンボロー航空ショーで公開された。ATR 72の前部ハッチは貨物ドアで、オプションでさらに大型のドアを装備できるため、既存のATR 72を貨物機に改装することも可能である。[1]発注以前に機体前部に格納スペースを4,6 m3から5,8 m3にかけて構成することができるが、何十機かは前部ハッチを乗降ドアにしている。[3]

運用者[編集]

ATR 72-500, Air Dolomiti
フライビー・ノルディック航空 ATR 72-500

1986年にフィンランド航空ローンチカスタマーとなった。1号機を1989年10月27日にフィンランド航空に納入した。1997年7月には、ATR 72-500の1号機をアメリカン・イーグル航空に納入した。

1995年の時点で163機のATR 72が発注され、そのうち149機が納入された。1998年3月にはATR 72の通算200機目が生産され、新疆航空に納入された。2004年11月にはATR 72の通算300機目をニュージーランド航空に納入。

競合機となるデ・ハビランド・カナダ DHC-8(ボンバルディア)やリージョナルジェットと比べ、低騒音、低燃費、機体価格の安さをセールスポイントとしている。今のところ日本での販売実績はないが、2007年に日本の小型旅客機市場への参入を表明し、伊藤忠商事の子会社を販売代理店とするなど日本での販売体制を整備している[4]スターフライヤーと航空運送事業の立ち上げ支援について基本合意を締結し、2012年4月に設立された地域航空会社リンクが、2013年に日本で初めてATR 72-600型機を3機導入する予定であった[5][6]が、倒産により就航計画は立ち消えとなった。

2013年10月28日 国土交通省が、ATR 72の型式証明書を交付した[7]ものの、前述の倒産によって実際に受領は行われなかった。

タイプ[編集]

ATR 72-212 (B&H Airlines)
ATR 72-100
初量産型。プラット・アンド・ホイットニー・カナダ製PW124Bエンジン (2,400 shp) を搭載。派生型として、ATR 72-101とATR 72-102がある。
ATR 72-200
ATR 72-100と同じくPW124Bエンジンを搭載。最大離陸重量を増加させた。ATR 72-201とATR 72-202がある。
ATR 72-210
PW127エンジン (2,750 shp) へアップグレード、高高度および熱への耐性を向上させた。1992年に認証を得た。ATR 72-211とATR 72-212がある。
ATR 72-500
搭載量を増大し、離着陸性能と操縦性を向上させた。エンジンはPW127Fを搭載。かつてATR 72-210Aと呼ばれていた。
ATR 72-600
2007年10月に発表され、2010年から導入されるシリーズ。エンジンをPW127Mへ換装し、液晶画面への交換によるグラスコックピット化が予定されている。
ATR 72 ASW
対潜哨戒機型。イタリアトルコが採用を決定しており、現在開発中。

スペック[編集]

ATR 72-200[編集]

ATR 72-200
(Aurigny Air Services)

出典: ATR Official site[3], Jane's Aircraft 1995[2]

諸元

性能

  • 巡航速度: 経済 460 km/h, 最大 526 km/h (248 kts, 284 kts)
  • フェリー飛行時航続距離: 3,889 km (2,100 海里)
  • 航続距離: 2,222 km (1,200 海里)
  • 実用上昇限度: 7,620 m (25,000 ft)
  • 最大馬力荷重(プロペラ): 6.01 kg/kW (9.88 lb/shp)


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

ATR 72-500[編集]

ATR 72-500

出典: ATR Official site[8], ATR ATR-72 - Airliners.net[9]

諸元

性能

  • 巡航速度: 276 kt


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

事故[編集]

⇒詳細は Bangkok Airways Flight 266 を参照

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ATR 72, deagel.com”. Guide to Military Equipment and Civil Aviation. 2009年5月12日閲覧。
  2. ^ a b JANE'S ALL THE WORLD'S AIRCRAFT 1995-96 p.158 1995-09-22
  3. ^ a b First Generation Aircraft - Products - ATR”. ATR Official site. 2009年5月11日閲覧。
  4. ^ 白壁達久. “「小型旅客機の“価格破壊者”:仏ATR参入で、国産ジェットに新たな不安」”. 日経ビジネス (2007年7月16日): 14頁. 
  5. ^ 新航空会社リンク、ATR72を日本初導入 上場視野に”. Aviation Wire — Aviation industries News, Airplanes, Airlines and Airports News. 2012年10月10日閲覧。
  6. ^ ATR enters the Japanese market”. ATR Aircraft Press Releases. 2012年10月9日閲覧。
  7. ^ 国交省、ATR72に型式証明交付 リンクが14年春運航へ”. Aviation Wire — Aviation industries News, Airplanes, Airlines and Airports News. 2013年10月29日閲覧。
  8. ^ ATR 72-500 - Products - ATR”. ATR Official site. 2009年5月11日閲覧。
  9. ^ ATR ATR-72”. Airliners.net. 2009年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]