プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW100

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カナダ航空博物館のPW120

プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW100は、プラット・アンド・ホイットニー社のカナダを拠点とする子会社であるプラット・アンド・ホイットニー・カナダが製造している、2,000-5,000馬力(1,500-3,700kW)クラスのターボプロップエンジンファミリーである。

概要[編集]

PW100は、比較的珍しい3シャフトの基本構成を使用している。この基本構成を使用しているほかのエンジンとしては、ロールス・ロイス Gem(en:Rolls-Royce Gem)とユーロプロップ・インターナショナル TP400-D6がある。PW100では、1段の低圧タービンで駆動される遠心式の低圧圧縮機(3ステージ低圧圧縮機を使用するPW150を除く)が、1段の高圧タービンで駆動される遠心式の高圧圧縮機を過給する。出力は、2段のフリー(パワー)タービンに接続された第3のシャフトを経由して、オフセットされた減速ギアボックスに伝えられる。

このエンジンは、1984年から使用開始された。80年代-90年代にかけて毎年のように小規模な改良が施されている。外形寸法はほぼ同じで、互いに互換性を持つ形式が多い。

派生機種[編集]

PW123
PW127E
PW127G
PW115
現在は使用されていない[1]エンブラエル EMB 120に使用されていた。
PW118
1986年に認証取得。最大連続定格1,892eshp(1,411kW)、PW118Aへ換装可能[1]
PW118A
1987年に認証取得。最大連続定格1,893eshp(1,412kW)、PW118Bへ換装可能[1]
PW118B
1996年に認証取得。最大連続定格1,892eshp(1,412kW)[1]
PW119
現在は使用されていない[1]
PW119A
1992年に認証取得。最大連続定格1,948eshp(1,453kW)、PW119Bへ換装可能[1]
PW119B
1993年に認証取得。最大連続定格1,941eshp(1,448kW)、PW119Cへ換装可能[1]
PW119C
1995年に認証取得。最大連続定格1,941eshp(1,448kW)、PW119Bへ換装可能[1]
PW120
1983年に認証取得。最大連続定格1,787eshp(1,333kW)、PW121へ換装可能[1]
PW120A
1984年に認証取得。最大連続定格1,892eshp(1,411kW)、PW121へ換装可能[1]
PW121
1987年に認証取得。最大連続定格2,044eshp(1,524kW)、PW120へ換装可能[1]
PW121A
1995年に認証取得。最大連続定格1,992eshp(1,465kW)[1]
PW123
1987年に認証取得。最大連続定格2,261eshp(1,687kW)、PW123B, C, DまたはEへ換装可能[1]
PW123AF
1989年に認証取得。最大連続定格2,261eshp(1,686kW)、PW123へ換装可能[1]
PW123B
1991年に認証取得。最大連続定格2,262eshp(1,687kW)、PW123へ換装可能[1]
PW123C
1994年に認証取得。最大連続定格2,054eshp(1,532kW)、PW123またはDへ換装可能[1]
PW123D
1994年に認証取得。最大連続定格2,054eshp(1,532kW)、 PW123またはCへ換装可能[1]
PW123E
1995年に認証取得。最大連続定格2,261eshp(1,687kW)、PW123へ換装可能[1]
PW124
現在は使用されていない[1]
PW124A
現在は使用されていない[1]
PW124B
1988年に認証取得。最大連続定格2,522eshp(1,881kW)、PW123またはPW127へ換装可能[1]
PW125
現在は使用されていない[1]
PW125A
現在は使用されていない[1]
PW125B
1987年に認証取得。最大連続定格2,261eshp(1,687kW)[1]
PW126
1987年に認証取得。最大連続定格2,323eshp(1,732kW)、PW123またはPW126Aへ換装可能[1]
PW126A
1989年に認証取得。最大連続定格2,493eshp(1,859kW)、PW123またはPW127Dへ換装可能[1]
PW127
1992年に認証取得。最大連続定格2,619eshp(1,953kW)、PW127C,EまたはFへ換装可能[1]
PW127A
1992年に認証取得。最大連続定格2,620eshp(1,954kW)、PW127Bへ換装可能[1]
PW127B
1992年に認証取得。最大連続定格2,619eshp(1,953kW)[1]
PW127C
1992年に認証取得。最大連続定格2,880eshp(2,148kW)[1]
PW127D
1993年に認証取得。最大連続定格2,880eshp(2,148kW)、PW127Bへ換装可能[1]
PW127E
1994年に認証取得。最大連続定格2,516eshp(1,876kW)、PW127Mへ換装可能[1]
PW127F
1996年に認証取得。最大連続定格2,619eshp(1,953kW)、PW127Mへ換装可能[1]
PW127G
1997年に認証取得。最大連続定格3,058eshp(2,281kW)[1]
PW127H
1998年に認証取得。最大連続定格2,880eshp(2,148kW)[1]
PW127J
1999年に認証取得。最大連続定格2,880eshp(2,148kW)[1]
PW127M
2007年に認証取得。最大連続定格2,619eshp(1,953kW)[1]
PW150A
1998年6月24日に認証取得。最大連続定格5,071shp(3,782kW)、7,000shpまで向上可能。遠心NLユニットに代わり3段軸流圧縮機を装備する。ボンバルディア Q400に搭載。
ST18M
PW100の海上運用型。
ST40M
PW150Aの海上運用型。

仕様[編集]

一般的特性

  • 形式: ターボプロップ
  • 全長: 2,134mm
  • 直径: 838mm
  • 乾燥重量: 単体で929ポンド、補機類と潤滑油を含めると1,064ポンド[2]

構成要素

  • 圧縮機: 低圧と高圧の独立した遠心式圧縮機[2]
  • 燃焼器: アニュラー反転流式燃焼器[2]
  • タービン: 2段式(高圧・低圧)の軸流式フリータービン[2]
  • 使用燃料: JET A
  • 潤滑システム: 内蔵[2]

性能

  • 出力: pw120 離陸時 1,800shp Rto 2,000shp pw121 離陸時 1,900shp Rto 2,100shp pw124 離陸時 2,160shp Rto 2,400shp pw127 離陸時 2,475shp Rto 2,750shp(Rto=離陸時予備出力)(shp=軸馬力)[2]
  • タービン入口温度: 離陸時予備出力 最大816度 始動時 最大950度 5秒間[2]
  • 出力重量比:


比較[編集]

エンジン 軸出力(kW) 連続出力(kW) 乾燥重量(kg) 圧縮比 直径(mm) 全長(mm)
PW121 1,603 425 838 2,134
PW123 1,775 450 838 2,134
PW127E 1,790 481 838 2,134
PW127F 2,051 450 838 2,134
PW127H/J/M 2,051 481 838 2,134
PW150A 3,781 690 1,105 2,423

搭載機種[編集]

航空機[編集]

カナダ空軍のCT-142に据え付けられたPW120A

その他[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak Transport Canada Type Certificate Data Sheet
  2. ^ a b c d e f g ATR 42 72 Aircraft Maintenance Training Manual,chapter 71

外部リンク[編集]