プラット・アンド・ホイットニー PW2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
C-17に装備されたF117

PW2000は、軍用のF117としても知られる高バイパスターボファンエンジンで、推力は37,000-43,000 lbf(165-190 kN)である。プラット・アンド・ホイットニーボーイング757の動力として開発した。これらのエンジンロールス・ロイス RB211と競合する[1]

設計と開発[編集]

PW2000は2軸式、軸流式圧縮機、アニュラ型燃焼器、高バイパスターボファン、2重系統の完全デジタルエンジン制御(FADEC)システムを備える。1984年に民間用としては初めてとなるFADEC搭載の航空用エンジンとして認証された[2]

MTUエアロ・エンジンズがエンジンの21.2%の権利を保有し、低圧タービンとタービン外殻と同様に低圧タービン、タービン外殻、高圧圧縮機と高圧タービンの構成要素の重要な部品の製造を受け持つ。

最初のPW2000シリーズのエンジンであるPW2037はボーイング 757-200の動力としてデルタ航空をローンチカスタマーとして民間航空仕様のエンジンが運行開始された。

B757以外の機種で使用されるPW2000は、同様にC-17 グローブマスターIII輸送機の動力として使用される; アメリカ国防総省の制式名称はF117で[3][4]、C-17ではF117-PW-100が使用される[5]。C-17に搭載されて初飛行したのは1991年である。

PW2000は、Il-96Mの動力でもあり、1993年にこのエンジンを搭載したIl-96Mが初飛行した

2008年10月16日、NTSBはFAAにPW2037型エンジンが2008年8月に想定外のタービンの事故が起きたことにより緊急の点検をするように勧告した。NTSBは、FAAにPW2037 エンジンの点検を飛行時間や飛行頻度にかかわらず、なおかつ定期検査の間隔を狭めて再検査するように勧告した[6]

現在、製造される最新の標準型は、1994年に開発されたPW2043である。推力は43,000lbf(190kN)以上である。以前のエンジンもPW2043型に改修可能である。

搭載機[編集]

仕様 (F117-PW-100)[編集]

飛行の合間に点検を受けるC-17 グローブマスターIII搭載のF117

一般的特性

  • 形式: ターボファン
    バイパス比 6.0
  • 全長: 146.8インチ (3,729 mm)
  • 直径: 84.5インチ (2,146 mm)
  • 乾燥重量: 7,100ポンド (3,221 kg)

構成要素

性能

出典: F-117-PW-100”. Pratt & Whitney. 2013年7月10日閲覧。


関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ PW2000 Engine: Lowest Operating Cost for Mid-Range-Thrust Engines (PDF; 28 KB)”. Pratt & Whitney (2012年10月). 2013年7月10日閲覧。
  2. ^ PW2000 Engine”. Pratt & Whitney. 2013年7月10日閲覧。
  3. ^ Majumdar, Dave (2012年3月7日). “USAF seeks to bypass aircraft engine manufacturers”. FlightGlobal. 2012年9月5日閲覧。
  4. ^ National Research Council (2007). Improving the Efficiency of Engines for Large Nonfighter Aircraft. Washington, D.C.: National Academies Press. p. 38. ISBN 978-0-309-17913-3. 
  5. ^ Factshets: C-17 Globemaster III”. United States Air Force. 2012年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月5日閲覧。
  6. ^ NTSB Safety Recommendation A-08-85 Urgent and -86, National Transportation Safety Board, Oct 16, 2008

外部リンク[編集]