ゼネラル・エレクトリック J31

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼネラル・エレクトリック J31

ゼネラル・エレクトリック J31General Electric J31)は、ゼネラル・エレクトリック社が手掛けたアメリカ合衆国で初のターボジェットエンジン

概要[編集]

1941年に連合国側初のジェット機グロスター E.28/39 (Gloster E.28/39)を進空させたパワージェット W.1 を、英米定期技術交流により入手したアメリカ陸軍航空隊は、スチーム/ガスタービンと、航空レシプロエンジン用ターボ過給器で実績のあったゼネラル・エレクトリックに、W.1 のコピーを下命した。

GE は W.1 を調査し、デッドコピー版の I-A を経て、小改良を加えた I-16 が J31 の名で軍に採用された。J31 は1943年から1945年の間に241基生産され、P-59 に搭載された他、各種試験や実習教材にも用いられたが、性能不十分で戦力化はしていない。

続く1944年に、イギリスから搭載戦闘機グロスター ミーティア (Gloster Meteor) と共に入手した、W.2 の改良版ロールス・ロイス ダーウェント(Rolls-Royce Derwent) は、I-40 の社内名称でコピーされたが、生産はアリソン・エンジンに移管され J33 になった。

仕様 (J31)[編集]

  • 重量:850 lb (386 kg)
  • 圧縮器:単板両面遠心式
  • 燃焼器:反転カン式10本
  • タービン:単段
  • 推力1,650 lbf (7.33 kN)

搭載機[編集]