コンチネンタル CAE T51

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コンチネンタル CAE T51コンチネンタル・アビエーション・アンド・エンジニアリング(現テレダイン・テクノロジーズ)がチュルボメカ社のライセンスの許諾を受けて生産した小型ターボシャフトエンジンである。アルトゥーステを元にT72T65T67の3形式のエンジンが開発された。[1] しかしこれらのエンジンはT51を含めてどれも量産されなかった。

CAEは1967年にXT67がベル社のUH-1N ツインヒューイの動力の選定においてプラット・アンド・ホイットニー カナダ PT6T (T400)に敗れてからターボシャフトの開発から撤退した。[2]

派生型[編集]

XT51-1 (モデル 210)
アルトゥーステ Iを原型とする; 280 shp.[3]
XT51-3 (モデル 220-2)
アルトゥーステ IIを原型とする; 425 shp.[4]
XT72 (モデル 217-5)
チュルボメカ アスタゾウを原型とする; 600 shp.[5]
XT65 (モデル 217-10)
アスタズウの小型版; 軽観測ヘリコプター用の動力としてアリソン T63に対抗した; 305 shp.[6]
XT67 (モデル 217A)
2基のエンジンで共通の減速機を駆動; アスタズウ X とT72を原型とする; 1,540 shp.[7]

搭載機[編集]

XT51-1
XT51-3
XT67
XT72

仕様諸元 (T51-3)[編集]

一般的特性

  • 形式: ターボシャフト
  • 全長:
  • 直径:
  • 乾燥重量:

構成要素

  • 圧縮機:

性能


関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Leyes, p. 113
  2. ^ Leyes, p. 121
  3. ^ Leyes, p. 113
  4. ^ Leyes, p. 113
  5. ^ Leyes, p. 113
  6. ^ Leyes, p. 116
  7. ^ Leyes, p. 120
  • Gunston, Bill (2006). World Encyclopedia of Aero Engines, 5th Edition. Phoenix Mill, Gloucestershire, England, UK: Sutton Publishing Limited. ISBN 0-7509-4479-X. 
  • Leyes II, Richard A.; William A. Fleming (1999). The History of North American Small Gas Turbine Aircraft Engines. Washington, DC: Smithsonian Institution. ISBN 1-56347-332-1. 

外部リンク[編集]