ゼネラル・エレクトリック LM500

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ゼネラル・エレクトリック LM500
主要諸元表
種類 舶用ガスタービンエンジン
全長 2.96メートル (9.7 ft)
全高 0.91メートル (3.0 ft)
重量 1,990ポンド (900 kg)
出力 6,130 軸馬力 (4.57 メガワット)
燃料消費率 0.443 ポンド/軸馬力-時間
(=269.5 g/kW-hr)
排気温度 565℃
排気量 35.9 ポンド/秒
熱効率 31%

ゼネラル・エレクトリック LM500英語: General Electric LM500)は、主に小型の軍用艦艇、および民間船舶の推進エンジンとして使用される米ゼネラル・エレクトリック社製のターボシャフトガスタービンエンジンである。

LM500は、同社の航空用エンジンであるTF34を元にして開発されており、本質的にはファンを省いたものである。そのコア・エンジンは、2段の高圧タービンによって駆動される14段の高圧圧縮機を備えている。

海軍用としては高速戦闘艇、民間用としては高速船において、主たる推進機関として採用されている。

本機は、民間の高速船に採用された初めてのガスタービンエンジンであるが、現在では、ゼネラル・エレクトリックの民間へのセールスの主力は、より大型で大出力のLM2500に移行している。

採用国と搭載艦船[編集]

軍用

 海上自衛隊

 大韓民国海軍

 デンマーク海軍

民間用

香港の旗 TurboJET

 


参考文献[編集]