ゼネラル・エレクトリック F110

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
F-16用のF110

F110ゼネラル・エレクトリックが開発した航空機アフターバーナー付きターボファンエンジンである。なお、この項目ではF110のアフターバーナー非搭載型であるF118についても述べる。

概要[編集]

ゼネラル・エレクトリック F101の発展型で、エンジンコアの設計を共有している。特徴として同クラスのアフターバーナー付きターボファンエンジンであるP&W F100と比較した場合[1]高高度での推進力は殆ど差はない[1]が、低高度では3割強出力が高い[1]

F-14[編集]

F-14D

1973年F-14戦闘機TF30エンジンを搭載して就役したが、その10年後までに多くの問題が発生した(同様の問題がF100エンジンを搭載したF-15F-16でも発生している)。これを受け、国防総省は改良型のTF30-P-414Aの調達を開始した。その後1979年にF101の派生型であるF101-XがF-14のエンジンに採用され、後にF110-GE-400となった。

F110-GE-400とF110-GE-100の一番の違いは長さで、-400型はF-14の機体に合わせるためアフターバーナー後部を50インチ(≒1.27m)延長している。

新しいエンジンは23,100lbf/103kN(最大で27,600lbf/123kN)の出力を持ち、以前のTF30エンジン(推力20,900lbf/93kN)と比較して強力になっている。

F110によってアップグレードされたF-14はF-14Bとして知られている。またF110は同機の最終型であるF-14Dにも採用された。

F-16、F-2[編集]

F110を搭載するF-16

F-16は当初プラット・アンド・ホイットニー F100エンジンを採用して就役した。1984年アメリカ空軍はF-16の運行リスク削減を目的にエンジンを二重ソース化するAlternative Fighter Engine(AFE)計画を開始し、プラット・アンド・ホイットニー社のF100とゼネラル・エレクトリック社のF110のうち、競争に勝ち抜いたエンジンを契約することとした。そのため、F-16C/D Block30/32はP&WのF100とGEのF110のどちらでも搭載可能な共通のエンジンベイを採用した最初の機体となった。F110は現在、約1000機以上の世界最大規模の同一機種でもあるアメリカ空軍州兵航空隊などにおける主要マルチロール機であり、2015年末時点において現役で稼働しているF-16C/Dのうち86%に搭載されている。最終的にはF-16初期タイプの近代化改修で多国間協議の話題ともなった中華民国(二つの中国)の当初の国防援助に関するアメリカへの要請では、このF110エンジン搭載型C/Dタイプを購入するつもりであったとされる。この問題では中華民国空軍が運用する対中国空軍用迎撃戦闘機として、国産の「経国戦闘機」が双発戦闘機である事がF110を換装する事ができない原因とされているが、独自開発した長距離巡航ミサイル(北京市も射程内で増産中)により、辛うじて事実上の国境線である台湾海峡上空のパワーバランスは、台湾空軍側の献身的な努力で保たれているとし、引き続きF-16V型の供与を新たに要請、現在も継続協議中である。

F110-GE-100の出力はF100-PW-200よりも約4,000lbf(17.8kN)大きいため、より多くの空気を必要とする。そのため初期はカタログスペック通りの出力が得られず、Block40以降のF110搭載機はインテークが大型化された(MCID、通称『ビッグマウス』)。

F-16用のF110にはF110-GE-100(推力28,000lbf/125 kN Block30/40用)、F110-GE-129(推力29,400lbf/131 kN Block50シリーズ用)、F110-GE-132(推力32,000lbf/142 kN Block60用)がある。後者になるほど新型であり、より出力も大きくなっている。

日本でも、F-16をもとに日米共同開発されたF-2(バイパーゼロ)に、IHI(旧・石川島播磨重工業)がライセンス生産したF110-IHI-129が採用されている。これもF-15JがP&WのF100エンジンを採用しているため、アメリカにならい運行リスク削減を目的としたものである。他国でも機種は違えどエンジンを揃えるのは難しく、これは一貫した中期軍備計画を実施可能な議院内閣制の国の方が有利であるとされる。表面的には豪華な空軍装備や高性能艦船を運用する中近東の各国軍において、2003年にイラク戦争における無条件降伏により、国際組織の監視部門が、解体されたイラク共和国防衛隊の正面装備などについて、聞き取り調査を行ったところ、なんとエンジンの不統一を主な要因とする空軍機稼働率が半分程度まで低下していた事や、砂嵐が日常的に起きる環境において、欧州平原での使用を想定した戦車類なども故障しているものが多く、せっかくのオイルマネーによる重厚な国防装備が有事の際に真の力を発揮できずに、有志連合諸国部隊に降伏していた事実が明らかとなり、改めてエンジン統一と整備力維持の重要さが浮き彫りもなった。その後の各国でもこのイラク戦争における戦訓は活かされ、空軍では兵器の名前のみに固執する国家が多かった冷戦時代において、あまり顧みられる事がなかった航空機の稼働率も評価項目として追加され、その後のエンジン選択を含む装備品調達では整備士との相性合致も求められるようになった。

F-15E[編集]

F-15E

F-15EはAFE計画によってF100-PW-229およびF110-GE-129に対応したエンジンベイを持つ。F-15Eの韓国向けであるF-15Kは、F110-GE-129をサムスンテックウィンがライセンス生産したF110-STW-129を採用し、2005年から配備されている。

またシンガポール向けのF-15SG信頼性を向上させたF110-GE-129Cを採用し、2008年にロールアウトした。サウジアラビアが運用しているF-15SもF110-GE-129Cを換装用に調達している。

型式[編集]

F-2のエンジンノズル
F118
F110-GE-400
F-14B/Dに搭載されたもの。推力27,600lbf/123kN。
F110-GE-100
F-16C/D Block30/40に搭載されている。推力28,000lbf/125 kN。
F110-GE-129
F-16C/D Block50に搭載されている。推力29,400lbf/131 kN、推力重量比7.5:1。
F110-GE-129A
F110-GE-129にCFM56-7の3次元空力技術をフィードバックし、燃焼室・高圧タービンを改良したもの。飛行時間あたりのコストが25%削減されている。F-15Eに搭載した場合23,500lbの空対地兵装を搭載可能となる[2]
F110-STW-129
F110-GE-129Aをサムスンテックウィンライセンス生産したもの。F-15Kに搭載されている。
F110-IHI-129
F110-GE-129AをIHIがライセンス生産したもの。日米共同開発機のF-2A/Bに搭載されている。
F110-GE-129B
129Aに運用寿命延長(SLEP)ハードウェアを適応した改良型。トルコ空軍のF-16C/Dが採用したほか、アメリカ空軍も340機のF-16C/Dに対して改修を行っている[3]
F110-GE-129C
信頼性を向上させた改良型。シンガポール空軍のF-15SGのほか、サウジアラビアもF-15Sの換装用として調達している。
F110-GE-129D
改良型。メンテナンスサイクルを40%延長し6,000サイクルに改善することでメンテナンス費用の削減を図っている。オマーン空軍のF-16 Block 50が採用した[4][5]
F110-GE-132
改良型。わずかだがバイパス比が0.76から0.68へと下げられ、推力が32,000lbf/142 kNに増強された。F-16E/F Block 60が搭載している。
F118
F110のアフターバーナー非搭載型。
F118-GE-100
B-2ステルス爆撃機に搭載。
F118-GE-101
U-2S偵察機に搭載。

仕様[編集]

F110-IHI-129
F110-100/-400

一般的特性

  • 形式: アフターバーナー付きターボファンエンジン
  • 全長: 182.3 - 232.3 in (463 - 590 cm)
  • 直径: 46.5 in (118 cm)
  • 乾燥重量: 3,920 - 4,400 lb (1,778 - 1,996 kg)

構成要素

  • 圧縮機: ファン3枚・9段軸流圧縮機
  • 燃焼器: アニュラ型
  • タービン: 2段低圧・1段高圧タービン

性能

出典: [7]


F110-GE-129
全長: 182.3 in (463 cm)
乾燥重量: 3,980 lb (1,805 kg)
バイパス比: 0.76

出典[8][9]

F110-GE-132
全長: 181.9 in (462 cm)
乾燥重量: 4,050 lb (1,837 kg)
バイパス比: 0.68

出典[10][11]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]