ロールス・ロイス スペイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スペイ
ロールス・ロイス スペイ
要目一覧 (スペイ)
形式 低バイパスターボファン
製造国 イギリス
製造会社 ロールス・ロイス
最初の運転 1964年
主な搭載機 F-4K (ファントム FG.1)
F-4M (ファントム FGR.2)
全長 204.9 in (5204.4 mm)
ファンの直径 43.0 in (1092.2 mm)
重量 4,093 lb (1,856 kg)
推力 12,140 lbf (54 kN)
20,500 lbf (91.2 kN、リヒート時)

ロールス・ロイス RB.168 スペイ英語Rolls- Royce RB.168 Spey)はロールス・ロイスが生産した低バイパス型のターボファンエンジンである。40年以上にわたって使用されている。1950年代末に民間用ジェット旅客機用に開発され、軍用にも使用され、後にガスタービンエンジンとして船舶にマリーン・スペイ(Marine Spey)として搭載された。更に民間航空機用の新型エンジンであるロールス・ロイス テイの基礎にもなった。航空用基本モデルは5000時間の飛行時間である。名前はロールスロイスの慣例に従いスペイ川に由来する。

設計と開発[編集]

1954年、ロールスロイスは最初の商業用バイパスエンジンである推力21000ポンド(94 kN)のロールス・ロイス コンウェイを発売した。当時最大だった。しかし小型のシュド・カラベル, BAC 1-11ホーカー・シドレー トライデントには大きすぎたので、より小型のエンジンを開発することになった。

RB.163(RB;ロールス・ロイス バロノーズウィック、後に原型のローバーワークスのバロノーズウィックに由来する。)、バイパス比は0.64:1だった。

1964年に運用開始され、1-11 と トライデント両方に搭載された。1960年代を通していくつかのより強力な派生型が作られたが、1970年代に入るとよりバイパス比の大きいエンジンの台頭により終了した。スペイは1980年代に騒音規制によりヨーロッパ空港から姿を消すまで広範囲に使用された。

搭載艦[編集]

関連[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]


外部リンク[編集]