WS-20 (エンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

WS-20は、中国瀋陽飛機工業集団(AVIC)が開発したターボファンエンジンである。

概要[編集]

WS-20は、2008年頃にIl-76に搭載されている画像が公開された[1]。名称は多くのメディアでWS-20と報道されているが、2013年5月に開催された中国航空宇宙推進技術サミットの資料ではWS-188とされていた。この会議はAVICが共催しているため資料の内容はほぼ公式とされる[2]。その資料によればエンジンはWS-10のコアを流用しており、推力は12トン、搭載機としてはY-20輸送機のほか、C919旅客機が挙げられており、2015年より生産となっていた[3]アヴィエーションウィーク&スペーステクノロジー英語版は、Y-20向けには出力不足、C919には効率が低すぎると称している[2]。2015年10月26日にはY-20の試作5号機に搭載されていたことが報じられている[4]

脚注[編集]