グラマン ガルフストリーム II

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
グラマン ガルフストリーム II

グラマン ガルフストリーム IIアメリカ合衆国グラマン社が開発・製造したビジネスジェット機

概要[編集]

グラマンでは初めてのビジネスジェット機であり、ターボプロップ機のガルフストリーム I英語版を大幅改良し、ジェット化した機体である。

1966年に初飛行し、1979年までに258機が製造された。アメリカ陸軍ではC-11として、アメリカ沿岸警備隊にもVC-11Aの名称で1機が採用されている。アメリカ航空宇宙局では、スペースシャトルオービタの飛行特性に習熟するためシャトル訓練機英語版のベースとして利用されている[1]。日本では運輸省航空局飛行検査機(JA8431)として1機を採用し、現在はダイヤモンドエアサービス株式会社で運用されている[2]

機体は、ジェットエンジンを胴体後部左右に持ち(リアエンジン)、T字尾翼を有する。主翼は低翼配置で後退翼となっている。

採用国(軍/政府機関)[編集]

ガボンの旗 ガボン
日本の旗 日本
 リビア
モロッコの旗 モロッコ
モーリタニアの旗 モーリタニア
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
 オマーン
パナマの旗 パナマ
ベネズエラの旗 ベネズエラ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

要目[編集]

注釈[編集]