グラマン ガルフストリーム II

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラマン ガルフストリーム II

グラマン ガルフストリーム IIアメリカ合衆国グラマン社が開発・製造したビジネスジェット機。グラマンでは初めてのビジネスジェット機であり、ターボプロップ機のグラマン ガルフストリーム Iを大幅改良し、ジェット化した機体である。

1966年に初飛行し、1979年までに258機が製造された。アメリカ陸軍ではC-11として、アメリカ沿岸警備隊にもVC-11Aの名称で1機が採用されている。アメリカ航空宇宙局では、スペースシャトルの着陸訓練用にスペースシャトル着陸訓練機(Shuttle Training Aircraft, STA)として、操縦席をスペース・シャトルと同等に改造したものを用いている[1]

機体は、ジェットエンジンを胴体後部左右に持ち、T字尾翼を有する。主翼は低翼配置で後退翼となっている。

要目[編集]

  • 全長:24.36m
  • 全幅:20.98m
  • 全高:7.47m
  • 自重:16.576t
  • 総重量:29.771t
  • エンジン:ロールス・ロイス・スペイ 511-8 ターボファン(推力51kN)2基
  • 乗員:2名
  • 乗客:最大19名
  • 最大速度:936km/h
  • 航続距離:6,635km

注釈[編集]

  1. ^ スペースシャトル着陸訓練機