ボンバルディア チャレンジャー 600

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボンバルディア チャレンジャー 604

ボンバルディア チャレンジャー 600(Bombardier Challenger 600)はボンバルディア・エアロスペース社が製造しているビジネスジェットである。初飛行は1978年。

概要[編集]

1970年代後半にリアジェット社が構想していたLearStar 600案をカナディア社が買い取り開発を進めたものである。双発ジェット機であり、エンジンは胴体後部左右に取り付けられている。後退翼の主翼を持ち、主翼端にはウィングレットがある。尾翼はT字尾翼である。

初飛行は1978年11月8日。1980年にFAAの型式証明を取得し、以降改良を続けながら2000年代も生産が続けられている。生産機数は2004年までに630機にのぼる[1]。最新型は605と呼ばれ、派生形として胴体を延長した850や短胴型の300がある。

各型[編集]

  • 600:初期生産型。1983年までに83機製造。うち76機はウィングレットが装備され601-1A相当に改修された。また、12機がカナダ軍に採用され、CC-144, CE-144、CX-144などと呼称された。
  • 601
    • 601-1A:ウィングレットが装備され、エンジンが強化された型。
    • 601-1A/ER:601-3R相当に燃料容量を拡大した型。
    • 601-3A:グラスコックピットを採用した型。
    • 601-3A/ER:601-3Aの601-3R相当に燃料容量を拡大した型。
    • 601-3R:テイルコーンに燃料タンクを増設した型。航続距離6,630km。
  • 604:大幅な改良型であり、エンジン、燃料容量、主翼・尾翼の構造、電子装置などが改良されている。アメリカ沿岸警備隊でもC-143の名称で指揮統制機として2005年に1機が採用された。
  • 605:2006年に登場した最新型であり、機体構造を見直し尾部形状が丸みを帯びたほか、キャビンの窓などが拡大されている。アビオニクスも改良された。
  • 610:乗客24名を載せるストレッチ型である。1981年に開発中止となり、実機は完成していない。この構想を元にボンバルディア CRJが開発された。

要目(601-3A)[編集]

  • 全長:20.85m
  • 全幅:19.61m
  • 全高:6.3m
  • 自重:9.3t
  • エンジン:GE CF34-3A ターボファンエンジン(推力40.7kN)2基
  • 乗員:2名
  • 乗客:最大19名
  • 航続距離:6,236km
  • 最大速度:851km/h

注釈[編集]

  1. ^ 世界航空機年鑑 2007-2008 酣燈社 P255 ISBN 978-4873572703