三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三菱重工業 > 三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所

座標: 北緯35度15分15秒 東経136度54分52秒 / 北緯35.254127度 東経136.914421度 / 35.254127; 136.914421 三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所(みつびしじゅうこうぎょうなごやこうくううちゅうシステムせいさくしょ)は、愛知県にある三菱重工業の製作所・工場である。略称は「名航(めいこう)」。

概要[編集]

1920年大正9年)に開設された三菱内燃機製造株式会社名古屋工場を前身とする三菱重工業の事業所の一つである。

主に航空機部品の製造、戦闘機やヘリコプターの製造・修理、航空機やロケットの組み立てなどを行っており、名古屋誘導推進システム製作所と共に三菱重工業航空宇宙事業本部の一翼を担っている。

沿革[編集]

  • 1920年大正9年) - 三菱内燃機製造株式会社名古屋工場(現在の大江工場)が開設される。
  • 1921年(大正10年) - 三菱内燃機株式会社名古屋工場に名称を変更。
  • 1928年昭和3年) - 三菱航空機株式会社名古屋工場に名称を変更。
  • 1934年(昭和9年) - 三菱重工業株式会社名古屋航空機製作所に名称を変更。
  • 1938年(昭和13年) - 名古屋航空機製作所から大幸工場を名古屋発動機製作所として分離独立
  • 1950年(昭和25年) - 財閥解体により旧三菱重工業は東日本重工業、西日本重工業、中日本重工業に分割される。
  • 1952年(昭和27年) - 財閥解体により分割された三社はそれぞれ三菱日本重工業(東日本重工業)、三菱造船(西日本重工業)、新三菱重工業(中日本重工業)、に商号を変更。
  • 1952年(昭和27年) - 小牧南工場が開設される。
  • 1956年(昭和31年) - 新三菱重工業名古屋製作所から名古屋航空機製作所として分離独立。
  • 1964年(昭和39年) - 三菱日本重工業、三菱造船、新三菱重工業の3社が合併し現在の三菱重工業となる。
  • 1972年(昭和47年) - 小牧北工場(現在の名古屋誘導推進システム製作所)が開設される。
  • 1979年(昭和54年) - 大江分工場(現在の飛島工場)が開設される。
  • 1986年(昭和61年) - 名古屋発動機製作所は閉鎖され、小牧北工場に移転される。
  • 1989年平成元年) - 小牧北工場は分離独立し、名古屋誘導推進システム製作所となる。名古屋航空機製作所は名古屋航空宇宙システム製作所に名称を変更。

製品[編集]

H-IIAロケット ラインナップ

工場[編集]

大江工場(愛知県名古屋市港区)

  • 敷地面積 220,100m²
  • 総合管理や設計・研究、航空宇宙部品の製造等を行う工場である。(現)三菱航空機の本社もこの工場の敷地内に所在する。

飛島工場(愛知県海部郡飛島村

  • 敷地面積 155,200m²
  • 宇宙機器の製作及び航空機の部分組み立てを行う工場であり、H-IIAロケットや国際宇宙ステーションの日本実験モジュールきぼうの組み立てが行われた。また、H-IIBロケットの開発も行われている。
小牧南工場

小牧南工場(愛知県西春日井郡豊山町

広島製作所江波工場広島県広島市中区

  • 2009年(平成21年)10月1日、機械・鉄鋼事業本部の民間機部分構造組立部門を広島工場とし一体運営を行うこととなった。

関連会社[編集]

不祥事[編集]

  • 2001年(平成13年)11月:同製作所の技術新館(8階建て)から将来戦闘機の関連データが保存されたデスクトップパソコン1台が盗まれる事件が発生。パソコンは3階に事務所が入居していたメイテック所有の物だった。
  • 2002年(平成14年)4月25日:同製作所の技術者が中央線車内の網棚に将来戦闘機のエンジン関連の資料が入った鞄を置き忘れたまま東京駅で下車し紛失した。その後、JR東日本・警察が捜したが見つからなかった。
  • 2002年(平成14年)4月~8月:小牧南工場で定期修理 (IRAN) 中だった航空自衛隊のF-4EJ改戦闘機・F-15DJ戦闘機・RF-4E偵察機など計9機について電気系統のケーブルが切断あるいはプラグが破壊、コネクターのピンが曲げられるなどの事件が発生。現在においても未解決。
  • 2007年(平成19年)10月31日 :小牧南工場と隣接する名古屋飛行場航空自衛隊F-2B戦闘機 (43-8126) が墜落する事故が発生。機体定期修理 (IRAN) の最終チェックである社内飛行試験を行うため離陸しようとしたところ、浮揚直後に意図した以上の急激な機首上げ動作が発生し、パイロットがそれを押さえようと機首下げ操作をしたところ今度は意図した以上の急激な機首下げ動作が発生したことにより急降下、機首部分より滑走路に激突、機体を破損させながら滑走路を左方向に逸脱、停止、炎上した。同社社員のテストパイロット2名(共に、元・航空自衛隊パイロット)は脱出したが重傷を負った。この事故の発生を受け航空自衛隊では、同日より11月16日までF-2全機の飛行が中止された。事故の原因は、同社で定期修理を行った際、機体の縦方向の動きを感知するピッチ・レート・ジャイロと、横回転の動きを検知するロール・レート・ジャイロの配線を相互に誤接続してしまっていたことであった。これにより機体を制御するコンピュータに縦方向の動きと横回転の動きが誤って伝達され、パイロットの意図しない動作を機体に発生させてしまったことにより墜落に至ったものであった。
  • 2009年(平成21年)11月~12月:小牧南工場で定期修理 (IRAN) 中だった海上自衛隊のSH-60J哨戒ヘリコプターと航空自衛隊のUH-60J救難ヘリコプターの配線が切断される事件が発生。現在においても未解決。
  • 2012年(平成24年)4月4日:大江工場(複合材主翼センター)で製造中のボーイング787の主翼内の配線が切れているのが見つかる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]