91式空対艦誘導弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
91式空対艦誘導弾
ASM-1C[1]
種類 空対艦ミサイル
製造国 日本の旗 日本
設計 技術研究本部三菱重工業[1]
製造 三菱重工業[1]
性能諸元
ミサイル直径 35.0cm[1]
ミサイル全長 4.0m[1]
ミサイル重量 約510kg[1]
弾頭 260kg HE
射程 推定150km
推進方式 TJM2 ターボジェットエンジン[2][3]
誘導方式 慣性航法装置(中途)
アクティブ・レーダー誘導(終末)[1]
テンプレートを表示

91式空対艦誘導弾(きゅういちしきくうたいかんゆうどうだん)は、日本が開発・配備した空対艦ミサイル対艦誘導弾[1]。別称はASM-1C[1]海上自衛隊P-3C哨戒機にて搭載・運用される[2]

概要[編集]

自衛隊では、対艦誘導弾をファミリー化して開発を行っている。航空機搭載の80式空対艦誘導弾(ASM-1)を基に、推進機関のジェット化により射程を延伸し、目標選択アルゴリズムやECCM能力が向上した地上発射式の88式地対艦誘導弾(SSM-1)が1988年に制式化され、陸上自衛隊が取得していた[1][2]海上自衛隊向けに、SSM-1の発展型として、艦船搭載型(XSSM-1B)と哨戒機搭載型(XASM-1C)がほぼ同時に開発されることとなった[2]。艦船搭載型の開発が先行し、哨戒機搭載型より1年早く90式艦対艦誘導弾(SSM-1B)として制式化されている。

対艦誘導弾の発達・開発系譜

哨戒機搭載型(XASM-1C)は、1987年より試作が開始され、1991年に91式空対艦誘導弾(ASM-1C)として制式化された[2]。ミサイル本体部はSSM-1/1Bとほぼ同等であるが、空中発射のため、初期加速用ロケットブースターは廃止されている。実用化に際しては、発射管制装置との接続やパイロン搭載時の適合性を試験している[2]。ミサイル形状は、胴体中央部に4枚の主翼を有し、胴体後部に操舵翼を持つ[2]。長射程を得るため、エンジンはターボジェットエンジンとなっている。また、P-3C搭載時の適合性を図るため、主翼形状が若干変更され、これまでの三角形に近い形状から、台形に近い形状となった[2]。ミサイルは、発射後、直ちにシースキマーモードにて巡航を行う[2]

P-3Cは、最大6発のASM-1Cを搭載可能であり、ハープーンの発射管制システムの改良型を用いていることから、ASM-1Cとハープーンの混載も可能となっている[2][3]。P-3Cの後継哨戒機であるP-1では、最大8発搭載できると言われている[4]

ファミリー化による開発のため、開発期間は4年ほどと短期であり[2]、ほぼ同時に開発したSSM-1Bと合わせて、開発費は約57億円に抑えられている[5]

後継誘導弾[編集]

SSM-1Bの後継の哨戒機用新空対艦誘導弾は、12式地対艦誘導弾をベースに開発される新艦対艦誘導弾から派生して開発され、2017年度(平成29年度)から開始し、2022年(平成34年) までに実用化される計画である[6][7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 自衛隊装備年鑑 2006-2007 朝雲新聞社 P358 ISBN 4-7509-1027-9
  2. ^ a b c d e f g h i j k 技術研究本部50年史 P187-194
  3. ^ a b 「F-1の誘導兵器とFCS」,川前久和,世界の傑作機No117 三菱F-1,P42-47,文林堂,2006年
  4. ^ 中国潜水艦の天敵“P-1”,竹内修,「軍事研究」,2013年6月号,P28-37,株式会社ジャパン・ミリタリー・レビュー
  5. ^ 誘導武器の開発・調達の現状 平成23年5月 防衛省経理装備局システム装備課
  6. ^ 平成29年度 我が国の防 衛 と 予 算(案)
  7. ^ 12式地対艦誘導弾(改)及び哨戒機用新空対艦誘導弾

関連項目[編集]

外部リンク[編集]