佃和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佃 和夫(つくだ かずお、1943年9月9日 - )は、日本実業家三菱重工業取締役相談役。山口県熊毛町(現:周南市)出身。

来歴[編集]

修道高校を経て1966年、東京大学工学部卒業。東京大学大学院工学系研究科修士課程舶用機械専門課程1968年修了。同年三菱重工業入社。高砂製作所タービン技術部長などを経て、1995年高砂製作所副所長、1999年取締役名古屋機器製作所長、2000年取締役産業機器事業部長。2002年常務取締役海外戦略本部長兼産業機器事業部長、2003年6月、同社では初の常務からの抜擢で代表取締役社長に就任。2007年9月には民間企業で初めて受注したH2Aロケットの打ち上げを成功させ、衛星打ち上げビジネス参入に意欲を見せ、10月には関係者の悲願でもある国産ジェット旅客機の受注活動を開始させるなど積極的な経営姿勢を見せている。2007年8月日経連副会長に選任された。2008年4月三菱重工業取締役会長。2013年4月三菱重工業取締役相談役

2009年度から義務付けられた役員報酬開示制度で、役員報酬が1億1900万円であることが公表された[1]

この間2001年から近畿コカ・コーラボトリング株式会社取締役、2008年6月から三菱商事取締役。2010年より株式会社三菱総合研究所取締役。2011年より京阪電気鉄道株式会社取締役。平成23年6月21日より京阪電気鉄道株式会社企業価値委員会委員に就任[2]。独立行政法人国立がん研究センター理事(経営・業務改善担当)[3]

教育方面では成蹊学園理事長を勤めている。2013年1月より第2次安倍内閣教育再生実行会議の委員を務める。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]


関連項目[編集]