旭日大綬章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
旭日大綬章(上)と副章(下)

旭日大綬章(きょくじつだいじゅしょう、: Grand Cordon of the Order of the Rising Sun)は、日本の勲章の一つ。2003年平成15年)の栄典制度改革以前の勲一等旭日大綬章に同じ。

概要[編集]

旭日大綬章は、1875年(明治8年)4月10日、「賞牌従軍牌ヲ定ム」(明治8年太政官布告第54号、現件名・勲章制定ノ件。)により制定された。これが現在の旭日章の基になったもので、明治政府が制定した最初の勲章である。

勲章のデザインは、日章を中心に八角の光線(旭光)を二重に配したもの。鈕(ちゅう)には桐の花葉を用いている。綬は、織地白色、双線紅色。旭日大綬章は旭日章の最高位で、2003年(平成15年)の栄典制度改革以前の勲一等旭日大綬章に相当する。他の旭日章との意匠の違いは、大綬章の副章のみが二重の旭日(重光章の正章も同一の意匠で二重の旭日ではある)、他の章は一重になっていることである。

「勲章制定ノ件」には、「国家又ハ公共ニ対シ勲績アル者ニ之ヲ賜フ 」(2条1項)と定められている。「勲章の授与基準」[1](平成15年5月20日閣議決定)には、旭日章は「社会の様々な分野における功績の内容に着目し、顕著な功績を挙げた者を表彰する場合に授与する」ものとし、「功績内容の重要性及び影響の大きさ、その者の果たした責任の大きさ等について評価を行い、特に高く評価される功績を挙げた者に対しては旭日重光章以上」を授与することと定めた。また、「内閣総理大臣衆議院議長参議院議長又は最高裁判所長官の職にあって顕著な功績を挙げた者」については授与する勲章の標準を旭日大綬章とし、「国務大臣内閣官房副長官副大臣衆議院副議長参議院副議長又は最高裁判所判事の職(これらに準ずる職を含む)にあって顕著な功績を挙げた者」については旭日重光章を標準とすると定めた。実際の受章者には、上記の官職にあった者の他、知事を永年務めた者、国内外の大企業の社長、労働組合全国組織の議長などもいる。

創設当初から栄典制度改革(2003年(平成15年))まで、旭日章は男性のみに授与され、女性には授与されなかった。そのため、同年11月3日に授与された元文部大臣の赤松良子、元国土交通大臣の林寛子(扇千景)が、女性初の旭日大綬章の受章者となる。

著名な外国人受章者としては、ファイザー会長のヘンリー・マッキンネル2006年(平成18年)11月7日受章)、元ベトナム社会主義共和国首相のファン・ヴァン・カイ2006年(平成18年)11月3日受章)、環境保護活動家・元ケニア環境副大臣でノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイ2009年(平成21年)4月29日受章)、アメリカの政治家であるデニス・ハスタート2010年(平成22年)4月29日受章)、リチャード・アーミテージドナルド・ラムズフェルド2015年(平成27年)11月3日受章)がいる。

受章者[編集]

主要官職については官報及び新聞記事に掲載されているもののみを準用した。春秋叙勲については外国人受章者を含む(「外国人」と表記)。

受章年 月日 氏名(カッコ内は主な役職・在職当時)
2003年(平成15年) 11月3日
2004年(平成16年) 1月28日
2004年(平成16年) 4月25日
2004年(平成16年) 4月29日
2004年(平成16年) 11月3日
2005年(平成17年) 4月29日
2005年(平成17年) 11月3日
2006年(平成18年) 4月29日
2006年(平成18年) 5月10日
2006年(平成18年) 5月12日
2006年(平成18年) 11月3日
2006年(平成18年) 12月13日
2007年(平成19年) 4月29日
2007年(平成19年) 11月3日
2008年(平成20年) 4月29日
2008年(平成20年) 11月3日
2009年(平成21年) 4月29日
2009年(平成21年) 10月3日
2009年(平成21年) 11月3日
2010年(平成22年) 4月29日
2010年(平成22年) 11月3日
2011年(平成23年) 4月29日[3]
2011年(平成23年) 6月4日
2011年(平成23年) 11月3日
2012年(平成24年) 2月28日
  • ファン・カルロス・カプニャイ・チャベス(本邦駐箚ペルー共和国特命全権大使、外国人)[4]
2012年(平成24年) 4月29日
2012年(平成24年) 6月12日
  • フィリップ・ドゥ・ヘーア(駐日オランダ大使、外国人)
  • バートン・モンテギュー・フィールド(アメリカ第5空軍司令官、外国人)
2012年(平成24年) 9月16日
2012年(平成24年) 11月3日
2013年(平成25年) 4月29日
2013年(平成25年) 11月3日
2014年(平成26年) 2月13日
2014年(平成26年) 4月29日
2014年(平成26年) 5月27日
  • ジョナサン・ウィリアム・グリナート(アメリカ海軍作戦部長、外国人)[6]
2014年(平成26年) 9月19日
  • バイロン・レネ・エスコベド・メネンデス(駐日グアテマラ大使)[7]
2014年(平成26年) 11月3日
2014年(平成26年) 11月18日
  • クロード・ヘレル・ルーアサン(駐日メキシコ大使)
  • ミゲル・アンヘル・ナバーロ・ポルテラ(駐日スペイン大使)
2015年(平成27年) 1月6日
  • タナーティップ・ウパティシン(駐日タイ大使)
2015年(平成27年) 1月23日
  • ニコラオス・ツァマドス(駐日ギリシャ大使)
2015年(平成27年) 4月29日
2015年(平成27年) 5月8日
2015年(平成27年) 11月3日
2016年(平成28年) 4月29日
2016年(平成28年) 6月21日
2016年(平成28年) 7月26日
2016年(平成28年) 9月9日
2016年(平成28年) 9月13日
2016年(平成28年) 10月4日
2016年(平成28年) 10月21日
2016年(平成28年) 11月3日
2016年(平成28年) 12月18日
2017年(平成29年) 4月29日
2017年(平成29年) 7月25日

脚注[編集]

  1. ^ 皇族及び外国の君主、大統領、外交使節等に対する勲章の授与については、従前の例によるものとする。」とされ、この授与基準が適用されない(附則1項)。
  2. ^ 在イタリア日本国大使館 ランベルト・ディーニ上院外交委員会委員長 に対する叙勲授与
  3. ^ 東日本大震災の影響により発表延期(6月18日に発表)
  4. ^ 官報2012年3月9日
  5. ^ 2012年10月12日政府閣議にて決定
  6. ^ 5月27日官報
  7. ^ 10月2日官報
  8. ^ 故鳩山邦夫氏に旭日大綬章
  9. ^ 『官報』6848号、平成28年8月30日
  10. ^ 故加藤紘一氏に旭日大綬章
  11. ^ 『官報』6869号(平成28年9月30日)
  12. ^ 『官報』6882号(平成28年10月20日)
  13. ^ 故小坂憲次元文科相に旭日大綬章 - 時事ドットコム 2016年11月11日(同月12日閲覧)
  14. ^ 故森下洋一氏に旭日大綬章 - 時事ドットコム 2017年1月10日(同日閲覧)
  15. ^ 故日野原氏に従三位 - 時事ドットコム 2017年8月15日(同日閲覧)

外部リンク[編集]