那須弘平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
那須弘平
生年月日 (1942-02-11) 1942年2月11日(75歳)
出生地 日本の旗 日本長野県上伊那郡富県村(現在の伊那市富県)
出身校 東京大学法学部

任期 2006年5月25日 - 2012年2月10日
任命者 第3次小泉改造内閣
天皇 今上天皇
前任者 濱田邦夫
後任者 大橋正春
テンプレートを表示

那須 弘平(なす こうへい、1942年2月11日 - )は、日本の弁護士、元最高裁判所判事2006年5月25日 - 2012年2月10日)。あさひ法律事務所顧問。

また、伊那市ふるさと大使も務める。

略歴[編集]

弁護士時代に係った事件[編集]

  • 重加算税賦課決定取消される場合における賦課決定処分の取消範囲について判示した事件の原告側代理人(昭和58年10月27日第一小法廷判決・民集37巻8号1196頁)

最高裁判事時代における対応[編集]

大法廷事件[編集]

  • 平成16年7月の参院選における一票の格差が憲法に違反するか。多数意見(合憲・補足意見)
  • 平成17年9月11日において行われた衆議院総選挙の小選挙区の区割規定が憲法14条1項等に反していたか。多数意見(合憲・補足意見)
  • 衆議院議員小選挙区選出議員選挙について候補者届出政党と無所属候補者に対する選挙運動の差異を設けることは憲法14条1項等に反するか。多数意見(合憲)
  • 国籍法3条1項は憲法14条に違反するか。多数意見(違憲・今井裁判官の補足意見に同調)
  • 平成19年7月の参院選における一票の格差が憲法に違反するか。反対意見(違憲)

小法廷事件[編集]

  • 公立小学校の音楽専科教諭に「君が代」伴奏を命ずることが憲法19条で定める思想良心の自由に反するか----多数意見(合憲・補足意見)
  • 郵政「反マル生闘争」によって懲戒免職にあった旧全逓組合員に対する、懲戒免職処分取り消しを下した東京高裁判決を支持。上告不受理を決定。(2007年2月13日)

脚注[編集]

  1. ^ 「憲法会議 - Timeline | Facebook」https://www.facebook.com/kenpoukaigi/posts/1538934826402377
  2. ^ 「会長挨拶 | 全日本学生弓道連盟ウェブサイト」http://www.pac.ne.jp/zennichi/aisatsu.html

関連項目[編集]