UNウィメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
UN Women
UNWOMENLOGO.png
代表 シマ・サミ・バホス
活動開始 2010年
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
公式サイト www.unwomen.org
国際連合の旗 Portal:国際連合
テンプレートを表示

UNウィメン英語: United Nations Entity for Gender Equality and the Empowerment of Women)は、2011年1月に活動開始した国連の組織である。女性の地位向上を目的とする。外務省ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関または国連女性機関と訳している[1]UN Womenと表記される場合がある。UNウィメンは関連国際・地域機関と連携を図るため世界に4か所のリエゾンオフィスを設置しており、2015年4月にはアジア地域で唯一の事務所を日本に開所した(UNウィメン日本事務所[2]

概要[編集]

国際女性デー関連のパレードに参加するUNウィメンとユニセフのスタッフ(2014年3月11日、ソロモン諸島

2010年10月2日国際連合総会決議63/311により、従前の国際連合婦人開発基金(UNIFEM)、経済社会局女性の地位向上部(DAW)、国際連合国際婦人調査訓練研修所英語版(INSTRAW)、ジェンダー問題と女性の地位向上に関する事務総長特別顧問室(OSAGI)の4組織を統合して設立された。

2010年9月14日に前チリ大統領ミシェル・バチェレ潘基文国際連合事務総長よりUNウィメンの初代事務局長に任命され、2010年9月19日に同職に就任。

2013年7月10日に元南アフリカ副大統領のプムズィレ・ムランボ=ヌクカ潘基文国際連合事務総長よりUNウィメンの第2代事務局長に任命され、2013年8月19日に同職に就任した[3]

2021年9月13日、ヨルダンのシマ・サミ・バホス(Sima Sami Bahous)が第3代事務局長に任命された[4]

日本の支援窓口国内委員会[編集]

日本では国連機関UNウィメン日本事務所以外に、その活動を支援し提携する国内委員会として、特定非営利活動法人「国連ウィメン日本協会」が設置されており、UNウィメンの広報活動、募金活動、国内機関や団体に対する協力促進活動を行っている[5]。「国連ウィメン日本協会」を称することが出来る承認協定をUNウィメンとの間に交わしており、事業報告及び決算はUNウィメンへの報告義務がある[6]

親善大使[編集]

以下の親善大使がUNウィメンの活動を支援している[7]

脚注[編集]

  1. ^ UN Women (HTML)”. 外務省ホームページ(日本語). 外務省. 2021年10月13日閲覧。
  2. ^ 日本事務所について” (日本語). UN Women – 日本事務所. 2022年4月16日閲覧。
  3. ^ UN WOMEN 日本事務所
  4. ^ 事務局長”. UN Women – 日本事務所. 2022年4月11日閲覧。
  5. ^ 特定非営利活動法人 国連ウィメン日本協会 | NPO法人ポータルサイト - 内閣府”. www.npo-homepage.go.jp. 2022年4月16日閲覧。
  6. ^ 使命・定款”. 国連ウィメン日本協会. 認定NPO法人 国連ウィメン日本協会. 2022年4月16日閲覧。
  7. ^ 認定NPO法人 国連ウィメン日本協会”. 2020年9月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]