国際連合人間居住計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国際連合人間居住計画
概要 国連機関
略称 国連ハビタット、UN-Habitat
代表 ジョアン・クロス
状況 活動中
活動開始 1978年
本部 ケニアナイロビ
公式サイト 国連ハビタット本部
国際連合の旗 Portal:国際連合
テンプレートを表示

国際連合人間居住計画(こくさいれんごうにんげんきょじゅうけいかく、英語: United Nations Human Settlements Programme)は、1978年に設立された国際連合の機関。本部はケニアナイロビに置かれている。日本語の略称は国連ハビタット、英語の略称はUN-Habitat

概要[編集]

経緯[編集]

国際連合人間居住計画(国連ハビタット)は、第1回国際連合人間居住会議1976年バンクーバー)における人間居住宣言を受けて設立された「人間居住委員会(英語: Commission on Human Settlements)」と、その事務局である「国際連合人間居住センター(英語: United Nations Centre for Human Settlements:ハビタット)」を前身とする。略称の「ハビタット」とは、ラテン語で「居住」を意味する。

第2回国際連合人間居住会議(1996年6月イスタンブール)においては、人間居住環境を開発の主要な課題として認識した「ハビタット・アジェンダ(世界行動計画)」が採択され、国連人間居住センターの機能強化が提唱された。これを受け、2002年、人間居住委員会と国連人間居住センターは、「国際連合人間居住計画」に改組された(略称は「国連ハビタット」)。

組織[編集]

本部はケニアのナイロビにある。事務局長はジョアン・クロス英語版。意思決定機関の管理理事会には、58ヶ国の理事国があり、日本も理事国となっている。

また、世界4ヵ所に地域本部を設置しており、その内の1つ、アジア太平洋地域本部(1997年設立、本部長:深澤良信)が福岡市に置かれている。

4つの地域本部は次のとおり;

・アフリカ地域本部 (ケニア/ナイロビ)

・ラテンアメリカ及びカリブ海地域本部 (プラジル/リオ・デ・ジャネイロ)

・アジア太平洋地域本部 (日本/福岡)

・アラブ諸国地域本部 (エジプト/カイロ)

国連ハビタット福岡本部(アジア太平洋担当)は、2017年に創立20周年となる。

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]