フラワーデモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動


フラワーデモは、2019年4月に始まった、花を身につけて性暴力に抗議する社会運動である[1]

フラワーデモ東京

概要[編集]

2019年3月に続いた性暴力の無罪判決を受け、作家の北原みのり、エトセトラブックス社長の松尾亜紀子等が呼びかけ、4月11日午後7時、東京駅行幸通りではじまった[1]。被害者によりそう#WithYouの声を上げるために、その象徴として花を持ち寄り集まろうと呼びかけた。この日、東京駅には当日450人以上が花を持ち集まった。この日をきっかけに、翌月には福岡の女性たちが声をあげ、正式に「フラワーデモ」と名付け、5月11日には東京、大阪、福岡でデモが同時開催された。

その後、名古屋、仙台、札幌と広がりをみせ、毎月11日に花を持ち、性暴力被害者に寄り添うデモが行われている。2020年2月11日には全国40ほどの都道府県で開かれた[2]。スペインでもフラワーデモが同時開催された[3]。2019年12月11日にはNHKのEテレで20時から放送されている『ハートネットTV』で生中継されることになった[4]

なお、下記の通り、女性への性暴力が契機となって始まったイベントだが、男性の参加を拒絶するものではない[5]。男性の被害者も参加し、スピーチをしている[6]

背景[編集]

この運動の直接の契機とされる性犯罪事件は次の4つで、いずれも2019年3月に地裁判決が言い渡された[7][8]

3月12日 福岡地裁久留米支部
  • 2017年2月5日福岡市博多区の会社役員の44歳男性が、福岡市の飲食店でのサークルと称した飲み会で、当時22歳の女性が飲酒で深酔いして抵抗できない状況にある中、性的暴行をした、として準強姦罪(法改正後の準強制性交等罪)で起訴。求刑・懲役4年。
  • 女性が抵抗できる状態でなかった抗拒不能状態としながらも、「女性が許容していると被告が誤信してしまうような状況にあった」と誤信したので、男性の故意が認められないとして無罪。
  • 高裁で逆転有罪。最高裁へ上告され係争中。
3月19日 静岡地裁浜松支部
  • コンビニ帰りの女性が外国人男性から口腔性交を強要された強制性交等致死傷事件。
  • 加害男性からみて「明らかにそれと分かる形での抵抗はなかった」として、裁判員裁判で無罪。
3月26日 名古屋地裁岡崎支部
  • 娘が中学2年生のときから性虐待をしていた実父の準強姦事件。
  • 娘への性的暴行を認めながらも、「抵抗しようと思えばできた」として無罪。
  • 高裁で逆転有罪。最高裁へ上告され係争中。
  • ** 2020年11月4日、最高裁が上告を棄却し、名古屋高裁の有罪判決が確定[9]
3月28日 静岡地裁
  • 当時12歳の娘への実父が性虐待を行った疑いのある強制性交等罪事件。
  • 家が狭く「同室の家族が気づかないのは不自然」だから、信ぴょう性がないとして無罪。
  • 家から押収された児童ポルノ所持罪で、父親には罰金10万円。控訴され係争中。

例えば、名古屋地裁での事案は次の通りであった[10]。当時19歳の娘に対して、父親が殴る蹴るの暴行を加えた上、ホテルに連れ込み性交したとされる事件で、暴行と性交の間に時間差があるため恐怖で抵抗できなかったとして、準強制性交等罪で起訴したが、本当に抵抗不能だったのか疑わしいとして無罪判決となった。この判決後、同時期に性犯罪裁判での無罪判決が連続した。この判決は、2020年3月12日、名古屋高等裁判所によって破棄され、父親に求刑通り懲役10年の有罪判決が下された[10]。高裁判決では「被害女性は当時、抵抗することが困難な状態だった」ことが認定され、被害者が性交を拒否した時にあざができるほど暴行を受けたことなどを挙げ、地裁判決が「抗拒不能状態を否定した事情は、むしろ肯定する事情となり得る」などと指摘した[10]。また地裁判決について、「父親が実の子に対し、継続的に行った性的虐待の一環だという実態を十分に評価していない」と批判した[10]。被害女性は判決後、コメントを発表し、「今日の判決が出て、やっと少しホッとできるような気持ちです」、「あの時の自分と今なお被害で苦しんでいる子どもに声をかけるとしたら、『勇気を持って一歩踏み出して欲しい』と伝えたい」などと訴えた[11][12]

脚注[編集]

  1. ^ a b フラワーデモの1年間、性暴力への抗議「まだ終われない」 これまでの軌跡、1冊の本に”. 弁護士ドットコムニュース (2020年4月11日). 2020年7月21日閲覧。
  2. ^ 性暴力は都会だけ?「地元でもある」フラワーデモで訴え”. 朝日新聞デジタル (2020年2月12日). 2020年7月21日閲覧。
  3. ^ フラワーデモ、スペインで 海外からも「性暴力ノー」”. 佐賀新聞LiVE (2020年2月11日). 2020年7月21日閲覧。
  4. ^ 【性暴力を考えるvol.40】『ハートネットTV』 フラワーデモ 全国中継!”. 日本放送協会(NHK) (2019年12月6日). 2019年12月10日閲覧。
  5. ^ _flowerdemoのツイート(1225274271825457152)
  6. ^ “「男性が性被害に遭うはずはない」「女性からの被害ならいいじゃないか」信じてもらえず、茶化され…声を上げられない男性の性暴力被害者たち”. Abema Times. (2020年10月15日). https://times.abema.tv/news-article/8628897 2021年3月30日閲覧。 
  7. ^ フラワーデモを記録する”. エトセトラブックス. 2020年7月21日閲覧。
  8. ^ 園田寿 (2019年7月5日). “3月に続いた性犯罪4つの無罪判決の解き方”. 2020年8月12日閲覧。
  9. ^ 「抵抗不能」娘に性的暴行、有罪確定へ 最高裁:朝日新聞デジタル
  10. ^ a b c d “娘に性的暴行、父親に逆転有罪 懲役10年 名古屋高裁”. 朝日新聞. (2020年3月12日). https://www.asahi.com/articles/ASN3D51MMN1FOIPE013.html 2020年3月12日閲覧。 
  11. ^ “父から性暴力「私は感情ない人形」泣けることだけが救い”. 朝日新聞. (2020年3月12日). https://www.asahi.com/articles/ASN3D5F09N3DOIPE01B.html 2020年3月12日閲覧。 
  12. ^ “「無駄にした時間を精一杯埋めたい」 実の娘に性的暴行、逆転有罪 被害者コメント全文”. 毎日新聞. (2020年3月12日). https://mainichi.jp/articles/20200312/k00/00m/040/373000c 2020年3月12日閲覧。 

関連文献[編集]

『フラワーデモを記録する』エトセトラブックス、2020年4月11日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]