国際連合事務次長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国際連合事務次長
Emblem of the United Nations.svg
Flag of the United Nations.svg
United Nations Flags - cropped.jpg
呼称閣下 (His/Her Excellency)
根拠法令国際連合憲章
ウェブサイトun.org/

国際連合事務次長[1](こくさいれんごうじむじちょう、USG: Under-Secretary-General of the United Nations)は、国際連合機関における高官である。

事務次長は、事務総長(SG: Secretary-General)、副事務総長(DSG: Deputy Secretary-General)に次いで国連で3番目に高い地位にある。事務次長は、各国連機関の長、国連事務局の一部の高官、高級特使などが就任している。

任命と権限[編集]

通常は事務総長の推薦を受けて国連総会が任命し、任期は4年で更新が可能である。一部の事務次長(特使、事務局任命者(Secretariat-appointee)、非プログラム管理職など)は、事務総長が自らの権限で直接任命する。いずれの場合も、全ての事務次長については、事務総長を通じて国連総会で報告される。内部監視業務担当事務次長(Under-Secretary-General for Internal Oversight Services)のみ、国連総会に直接報告される。

国連総会で任命された事務次長は、事務総長から独立した権限を持っているため、国連総会の同意がない限り、事務総長が解任することができない。この制限により、事務総長の能力が弱められると多くの評論家が分析している。

事務次長は、国連加盟国の閣僚と同等の外交的地位を有し、国連憲章第105条に基づき外交特権を有している。

同等の地位[編集]

国連の上級職の中には、事務次長に相当する地位にありながら、正式な称号を与えられていないか、または使用しないことを選択している者もいる。最も顕著な例は、国連開発計画の事務局長で、国連内で3番目の高官と呼ばれることが多いが、事務次長の称号を使用していない。

上級管理グループ[編集]

事務次長の地位にある者は50人を超え、担当部門によって国連内での影響力と権力の大きさは大きく異なっている。予算やプログラム、主要活動を管理する最も重要な事務次長は、国連の上級管理グループ(SMG: Senior Management Group)に属している。上級管理グループは、国連の活動に戦略的な一貫性と方向性を持たせることを目的に設立されたもので、1997年にコフィー・アナン事務総長が提出した改革案の一環として、国連総会で承認された。

その他の国連上級職[編集]

副事務総長[編集]

副事務総長(DSG: Deputy Secretary-General)は、国連の中で事務総長に次ぐ高官である。

事務次長補[編集]

事務次長補[1](ASG: Assistant Secretary-General)は、国連の階層構造の中で事務次長の下に位置する。事務次長補は、多くの場合、各部局やプログラムの中で事務次長の代理を務め、それぞれの事務次長に報告し、事務次長を通じて事務総長に報告する。

脚注[編集]

  1. ^ a b 人事制度の基礎情報”. 国際連合日本政府代表部. 2021年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]