ダグ・ハマーショルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダグ・ハマーショルド
Dag Hammarskjöld
Dag Hammarskjold-2.jpg
生年月日 (1905-07-29) 1905年7月29日
出生地 スウェーデンの旗スウェーデン・イェンシェーピン
没年月日 (1961-09-18) 1961年9月18日(満56歳没)
死没地 ローデシア・ニヤサランド連邦の旗 ローデシア・ニヤサランド連邦ンドラ
出身校 ウプサラ大学

在任期間 1953年4月10日 - 1961年9月18日
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1961年
受賞部門:ノーベル平和賞
受賞理由:世界の平和と協力を推進し、国際連合の強化に尽力

ダグ・ハマーショルドダーグ=ヤルマル=アグネ=カール・ハンマルフェルドスウェーデン語: Dag Hjalmar Agne Carl Hammarskjöld スウェーデン語: [dɑːɡ ˈhamːarɧœld] ( 聞く), 1905年7月29日 - 1961年9月18日)は、スウェーデン外交官。第2代国連事務総長(任期は1953年4月 - 1961年9月)。

1961年北ローデシアで墜落死した。在任中に死去した唯一の国連事務総長となっている。

日本では、英語読みに近い「ダグ・ハマーショルド」が使われることが多い。スウェーデン語読みの「ダーグ・ハンマルフェルド」と表記される場合もある。

生い立ちと教育[編集]

スウェーデンイェンシェーピンに生まれる。スウェーデンの首相ヤルマル・ハンマルフェルド (Hjalmar Hammarskjöld) の四男であり、母はアグネス・アルムクヴィスト (Agnes Almquist)。祖先は17世紀まで王家に仕えていた。少年時代の大半をウプサラで過ごす。ウプサラ大学法学士と政治経済学修士を取得し、優秀な成績で卒業する。卒業後ストックホルムに移り、大蔵省に入省した。

政界[編集]

1930年から1934年まで、政府の失業問題委員会の秘書官を務める。この間、経済学の学位論文「景気循環の展開 (Konjunkturspridningen: en teoretisk och historisk undersökning)」を書き、ストックホルム大学から博士号を得る。1936年から1945年まで大蔵次官を、1941年から1948年までスウェーデン銀行総裁を務めた。1945年、内閣の財政・経済問題担当の顧問に就任。大戦後の経済問題緩和についての政府案に関し、調整を行った。

1947年、スウェーデン代表として、ヨーロッパ16か国がマーシャル・プラン受け入れを決定したパリ会議に臨んだ。1948年にはパリで開催された欧州経済協力機構 (OEEC) の会議に、再び代表として出席。

1949年、外務次官となる。1950年、ユニスカン[1]のスウェーデン代表団団長となった。1951年、内閣の無任所大臣に任命され、実質的には外務副大臣の役割を果たした。ハマーショルドはスウェーデン社会民主労働党内閣のために働いたものの、公式には政党に属さなかった。1954年12月20日スウェーデン・アカデミー会員に選ばれる。父の死去による世襲をする格好になった。

ハマーショルドは1951年国連総会のスウェーデン代表団の副団長に、1952年には国連総会のスウェーデン代表団団長に就任した。

国連事務総長[編集]

1953年国連事務総長トリグブ・リーが辞任すると、国連安全保障理事会は、後任にハマーショルドを推薦することを決定した。ハマーショルドにとっては驚きであったが、3月31日に安全保障理事会参加12か国中10か国がハマーショルドを推薦し、4月7日から4月10日まで開催された国連総会においても60票中57票がハマーショルドを選任した。就任時点での年齢47歳と8ヶ月は、歴代の国際連合事務総長のなかで最も若い記録である。

ハマーショルドは国連事務総長の最初の仕事として職員数約4000人の事務局を設立し、その職責範囲を定める規則を策定した。また事務総長が安全保障理事会ないし総会の事前承認なしに緊急行動をとることを可能とすべきであると主張した。

国際関係の面では、イスラエルとアラブ諸国の関係改善に尽力した。1955年には、国連非加盟国である中華人民共和国に赴き、朝鮮戦争に従軍して中国共産党政府の捕虜となった15人のアメリカ人パイロットの釈放交渉に成功した。在任中で特に顕著な功績を挙げたのは、スエズ戦争である。1956年第一次国際連合緊急軍 (UNEF) を組織した。ソビエト連邦は、ハマーショルドの行動が「反ソビエト的である」と非難し、事務総長職の辞職を強く求めたが、1957年、ハマーショルドは「辞めることは簡単であるが、職を続ける方が難しいのである」と主張し、再任した。

墜落死[編集]

ダグラスDC-6Bの同型機

1960年、ベルギー植民地から独立を果たしたコンゴは、激化する内乱コンゴ動乱)の沈静化のため国連に援助を求めた。ハマーショルドは4度にわたりコンゴを訪問したが、ソ連はハマーショルドのアフリカ非植民地化への努力を不充分と評価した。1960年9月、ソ連はコンゴ国連軍を編成するとした国際連合安全保障理事会決議143に賛成したものの[2]パトリス・ルムンバ政権への支援が不十分としてハマーショルドの国連事務総長の辞任を要求し、代案としてあらかじめ拒否権を持つ西側東側第三世界非同盟)出身の3人の国連事務総長によるトロイカ体制を提案した。これはソ連のニキータ・フルシチョフの自伝において「資本主義諸国・社会主義諸国・新興独立国の3つのグループの利害を対等に代表」と言及されている[3]

1961年9月17日夜、コンゴ動乱の停戦調停に赴く途上で、搭乗機のダグラス DC-6B(機体記号SE-BDY)が北ローデシア(現在のザンビア)のンドラ墜落、ハマーショルドも巻き込まれて事故死した。

現職の国連事務総長の事故死というニュースに加え、操縦士が警護上の理由から事前にフライトプランを提出していなかったこと、国連のコンゴ動乱への消極的介入をソ連から「反ソビエト的」だと非難され事務総長辞任を求められていたことなどから、撃墜説や暗殺説が信憑性をもって広まった[4]。現在のように機内にブラックボックスが搭載されていなかった時代で、事故に至るまでの経緯は事故後の推定と調査に依存するほかなかったが、調査の結果事故機には被弾や爆発の痕跡が一切発見されず、謀殺説は否定された。

同機の経由地、北ローデシアのンドラ (Ndola) は海抜1270m、最終目的地コンゴの首都レオポルドヴィル(現キンシャサ)にあるンドロ (Ndolo) 空港は海抜279mで、この名称が極めてよく似た二つの空港を操縦士が混同した結果、夜間のンドラ空港への着陸進入中に高度が低くなりすぎ、機体が地表に激突したものと結論された。

没後[編集]

ハマーショルドの没後の1961年ノーベル平和賞がハマーショルドに授与された。また、同年11月にフォード財団から寄託された国際連合本部ビル図書館は、業績を偲び「ダグ・ハマーショルド図書館」と命名された[5][6]1963年、ハマーショルドの唯一の著作『道しるべ』(Vägmärken) が出版された。日記形式の回想録集で、1925年(20歳)から死亡した1961年までのことが記されている[7]。自らをキリスト教の神秘主義者になぞらえ、外交を「内なる旅」と主張している。

著書[編集]

  • 『道しるべ』(鵜飼信成訳、みすず書房、初版1967年、新版1999年) - パンセ的な断想日誌

評伝[編集]

  • 『世界平和への冒険旅行 ダグ・ハマーショルドと国連の未来』(光橋翠訳、新評論、2013年)
評伝集、スウェーデン政府による生誕100周年記念事業出版。ステン・アスク+アンナ・マルク=ユングクウィスト編

脚注[編集]

  1. ^ UNISCAN:イギリスおよびスカンディナヴィア三国間の経済同盟
  2. ^ Republic of Congo - ONUC Background” (2001年). 2015年12月29日閲覧。
  3. ^ http://www.un.org/russian/av/radio/history60/11history60.htm
  4. ^ 大学1年生の時にカタンガ国の傭兵隊の一員としてコンゴ動乱に参加していたと自称する作家・柘植久慶によると、国連緊急軍と敵対していたカタンガ傭兵隊が北ローデシアに潜入し撃墜したという(自著『撃墜王・坂井三郎から学んだ戦いの極意と技術』より)。
  5. ^ ダグ・ハマーショルド図書館 - 国際連合ウェブサイト(日本語)
  6. ^ History and Mandate - 国際連合ダグ・ハマーショルド図書館(英語)
  7. ^ http://www.buzzflash.com/hartmann/05/03/har05003.html

外部リンク[編集]

文化
先代:
Hjalmar Hammarskjöld
スウェーデン・アカデミー会員(第17席)
1954 - 1961
次代:
Erik Lindegren
外交職
先代:
トリグブ・リー
国際連合の旗 国際連合事務総長
第2代:1953 - 1961
次代:
ウ・タント