国際連合の旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国際連合の旗
Flag of the United Nations.svg
比率2:3 または 3:5[注釈 1]
採用1947年12月7日
デザイン青い背景の上に白い国連の紋章(北極を中心とした正距方位図法の世界地図と、それを囲む2つのオリーブの枝)
デザイナードナル・マクラフリン(紋章のみ)

国際連合の旗(こくさいれんごうのはた)は、国際連合を象徴するである。1947年に開催された第2回国際連合総会において制定・決議されたもので、淡い青の背景の上に白い国連の紋章が描かれている。

デザイン[編集]

サンフランシスコの国連プラザ英語版に掲揚された国連の旗

国連の紋章のデザインは、以下のように規定されている。

A map of the world representing an azimuthal equidistant projection centred on the North Pole, inscribed in a wreath consisting of crossed conventionalized branches of the olive tree, . . . The projection of the map extends to 60 degrees south latitude, and includes five concentric circles.
Official Seal and Emblem of the United Nations, Report of the Secretary-General, 15 October 1946[1]

日本語版

オリーブの木の枝を交差させた輪に内接された、北極を中心とした正距方位図法を表す世界地図。地図の投影は南緯60度までで、5つの同心円を含む。
国連の公式印章と紋章、事務総長報告書、1946年10月15日

オリーブの枝英語版平和の象徴であり、世界地図は世界の全ての人と国を表している。

と淡いは国連の公式色である。国連の旗に描かれている紋章の大きさは、旗の縦の長さの2分の1である[2]

歴史[編集]

国連憲章の表紙に掲載された紋章。国連憲章が採択されたのは1945年6月26日で、国連の旗が正式に採択される前のことである。特筆すべきは、地図の下側の直立した部分が西経100度線を中心にしており、北米を目立つ位置に配置していることである。後のバージョンの国際連合の紋章では本初子午線(経度0度)に近い位置に変更され、最終的には本初子午線が真下になるように修正された。
FIAV historical.svg 最初のバージョンの国連の旗(1945年4月)
FIAV historical.svg 連合国名誉旗。1943年から1948年頃まで「連合国」(United Nations)のシンボルとして使用されていた。

1945年4月にサンフランシスコで開催されたサンフランシスコ会議の主催者は、代表団を識別するためのピンバッジのデザインを考えていた。アメリカ代表団議長のエドワード・ステティニアス国務長官は、そのデザインが一時的なものではなく国連の恒久的なシンボルになる可能性があることに気づいた。彼はオリバー・リンカーン・ランドクィスト英語版率いる委員会を設立し、ドナル・マクラフリンが作成したデザインから、葉で囲まれた世界地図で構成されるデザインを開発した[3][4]

マクラフリンは以前、中央情報局(CIA)の前身である戦略任務局(OSS)のグラフィックチーフを務めていた。彼のデザインで採用された正距方位図法は、第二次世界大戦中に『フォーチュン』や『ライフ』に掲載される地図を製作していたリチャード・エデス・ハリソン英語版の地図に大きな影響を受けていた[5][6]

紋章の背景のは、正確な色合いを国連が正式に指定したことはないが[7]、「戦争を表すの反対色」として選ばれた[8]。1945年に選ばれたオリジナルの色は、現在の国連の旗とは異なるグレーブルーだった。オリジナルのデザインで使用された地図は、会議のホスト国であるアメリカが下側の目立つ位置に配置されたものであった。アルゼンチンが会議に参加することは当初予定されていなかったため、アルゼンチンの位置で地図が切れている[9]

1946年、国連の委員会より旗のデザインが1946年12月2日に提出され、1946年12月7日の第2回国際連合総会で採択された。国連の旗に使用された紋章は、特定の国を特別扱いすることのないように、本初子午線(0度経線)と180度経線が地図の中央になるようにデザインされた[10]

使用[編集]

国際連合旗規定により、他の旗と共に掲揚する場合、他のいかなる旗も国際連合の旗よりも高い位置(上位)に掲揚されてはならず、また旗の大きさも国際連合の旗より大きいものであってはならないとされている[11]。加盟国の国家元首死去などの際の弔意表明には、半旗にもなされる[11]

国際連合及び関連要員の安全に関する条約英語版により、国連の紋章と国連の旗は、武力紛争時の攻撃を防止するための防護標識英語版として、国連平和維持活動の要員及び物資に使用することができる。

また、国連の旗は、他の国旗と一緒に駐屯地旗として掲揚することができる。駐屯地旗として使用する場合のサイズは10フィート×30フィートである。

派生した旗[編集]

国連機関や国連統治下の国において、青地にオリーブのモチーフを用いた、国連旗から派生した旗が使用されることがある。

国連機関[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ または国連旗を掲げる国の国旗と同じ縦横比。紋章は旗の縦の長さの半分とし、旗の中央に配置する。

出典[編集]

  1. ^ UN General Assembly A/107, Official Seal and Emblem of the United Nations, 15 October 1946
  2. ^ Department of the Air Force (1 August 1957). Use and Display of Air Force Flags, Guidons, Streamers, and Automobile and Aircraft Plates. https://books.google.com/books?id=WhtFAQAAMAAJ&pg=PA14 
  3. ^ Bertram, Hulen. "Origin of the UNO Seal", The New York Times, March 10, 1946. Accessed January 4, 2009.
  4. ^ Lyons, Catherine. "UN Logo Designer Celebrates His Centennial" Archived 2008-10-10 at the Wayback Machine., United Nations Association, c. 1975. Accessed January 4, 2009.
  5. ^ Immerwahr, Daniel (2019). “13. Kilroy was here”. How to hid an empire: geography, territory, and power in the greater united states.. The Bodley Head ltd.. ISBN 978-1847923998. OCLC 1038055837 
  6. ^ Capdepuy, Vincent (2015). “L'entrée des États-Unis dans l'" âge global " : un tournant géohistorique ?” (フランス語). Monde(s) 8 (2): 177. doi:10.3917/mond1.152.0177. ISSN 2261-6268. 
  7. ^ Flags Of The World, United Nations Organization, Flag Colour. Accessed March 15, 2010.
  8. ^ UN General Assembly A/107, Official Seal and Emblem of the United Nations, 15 October 1946. Accessed March 15, 2010.
  9. ^ Heller, Steven. "Oliver Lincoln Lundquist, Designer, Is Dead at 92 ", The New York Times, January 3, 2009. Accessed January 4, 2009.
  10. ^ Flags Of The World, United Nations Organization, UN Flag, 1945
  11. ^ a b UNITED NATIONS. “THE UNITED NATIONS FLAG CODE”. 2017年6月3日閲覧。

外部リンク[編集]