持続可能な開発目標

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ
Sustainable Development Goals Logo.jpg
SDGsロゴ
通称・略称 SDGs
起草 2015年1月-2015年8月
署名 2015年9月27日ニューヨーク国連本部)
言語 英語
主な内容 持続可能な開発のための17の持続可能な開発目標とそれに関連する169の目標
条文リンク https://sustainabledevelopment.un.org/sdgs
テンプレートを表示

持続可能な開発目標(じぞくかのうなかいはつもくひょう)(英語: Sustainable Development Goals,SDGs)は、2015年9月の国連総会で採択された[1]我々の世界を変革する: 持続可能な開発のための2030アジェンダ』(英語: Transforming our world: the 2030 Agenda for Sustainable Development)と題する成果文書で示された具体的行動指針。17の個別目標とより詳細な169項目の達成基準からなる。

概要[編集]

2015年に期限切れとなるミレニアム開発目標(MDGs)を継承・発展させたもので、MDGsが開発途上国での目標を中心としたのに対し、SDGsは先進国での取り組みと責務にも言及している。法的拘束力はない[2]。17の分野別の目標と、169項目の達成基準が盛り込まれている。

17の目標[編集]

目標1 - 貧困をなくそう
あらゆる場所のあらゆるかたちの貧困を終わらせる
目標2 - 飢餓をゼロに
飢餓をなくそう:飢餓を終わらせ、食糧安全保障および栄養を改善し、持続可能な農業をすすめる
目標3 - すべての人に健康と福祉を
すべての人に健康と福祉を:あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
目標4 - 質の高い教育をみんなに
質の高い教育をみんなに:すべての人々への包括的かつ公平な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
目標5 - ジェンダー平等を実現しよう
ジェンダー平等を実現しよう:ジェンダー平等を達成し、すべての女性および女子のエンパワーメントを行う
目標6 - 安全な水とトイレをみんなに
すべての人々の衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する
目標7 - エネルギーをみんなに そしてクリーンに
エネルギーをみんなにそしてクリーンに:全ての人が、安くて安定的に発電してくれる、持続可能なエネルギー(太陽光、風力などの再生可能エネルギー)が使えるようにする
目標8 - 働きがいも経済成長も
働きがいも経済成長も:みんなが参加できる持続可能な経済成長を促進し、全ての人が職をもち、働きがいのある人間らしい仕事ができるようにする
目標9 - 産業と技術革新の基盤をつくろう
産業と技術革新の基盤をつくろう:災害に強いインフラをつくり、みんなが参加できる持続可能な産業化を進め、新しい技術を生み出しやすくする。
目標10 - 人や国の不平等をなくそう
各国内および各国間の不平等を是正する
目標11 - 住み続けられるまちづくりを
包括的で安全かつ耐久的で持続可能な都市および人間居住生活環境)を実現する
目標12 - つくる責任つかう責任
生産と消費のパターンを持続可能なものにすることを促進する
目標13 - 気候変動に具体的な対策を
気候変動およびその影響を軽減するための緊急対策を講じる
目標14 - 海の豊かさを守ろう
海の豊かさをまもろう:海と海洋資源をまもり保全し、持続可能な利用を促進する
目標15 - 陸の豊かさも守ろう
陸の生態系を保護し、持続可能な利用を促進し、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地の劣化、生物多様性の喪失を止める
目標16 - 平和と公正をすべての人に
平和と公平をすべての人に:平和的で、誰一人のけ者にされない社会と、すべての人が法律に基づいた手続きをとれるようにする。あらゆるレベルで効率的で説明責任ある能力の高い行政を実現する
目標17 - パートナーシップで目標を達成しよう
パートナーシップで目標を達成しよう:目標達成のために必要な行動を強化し、持続可能な開発に向けて世界の国々が協力する

日本での達成状況[編集]

日本のSDGs全体の達成度は149か国中18位とされており、「既に達成している」との評価を受けたのは目標4(質の高い教育)、目標6(安全な水とトイレ)、目標9(産業と技術革新基盤)の3項目。一方で、目標1(貧困)、目標5(ジェンダー平等)、目標7(クリーンエネルギー)、目標13(気候変動への対策)、目標14(海洋資源)、目標15(陸上資源)、目標17(目標達成に向けたパートナーシップ)については、「達成までほど遠い」との評価となった。[3]

脚注[編集]

  1. ^ World leaders adopt Sustainable Development Goals”. 2015年12月11日閲覧。
  2. ^ Sustainable Development Goals - 国際連合(英語)
    持続可能な開発目標(SDGs)の提案(仮訳) - 文部科学省日本ユネスコ国内委員会
  3. ^ 報告書「SDG 指標とダッシュボード( SDG Index and Dashboards)」 ドイツのベルテルスマン財団と持続可能な開発方法ネットワーク(SDSN) 2016 年7 月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]