持続可能な開発のための2030アジェンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

持続可能な開発のための2030アジェンダ(じぞくかのうなかいはつのための2030アジェンダ)(The 2030 Agenda for Sustainable Development)は、2000年の国連ミレニアムサミット英語版で策定されたミレニアム開発目標(MDGs)が2015年で終了することをうけ、国際連合が向こう15年間の新たな持続可能な開発の指針を策定したもの。2015年9月25日の国連総会で採択された[1]

概要[編集]

2014年の国連総会で新たな開発目標「ポスト2015開発アジェンダ英語版[2]が検討され、それをより具体化させたのが合意文書Trasforming Our World: The 2030 Agenda for Sustainable Development(私たちの世界を転換する:持続可能な開発のための2030年アジェンダ)』[3]となる。

要旨[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 環境省地球環境局国際連携課 「持続可能な開発のための2030アジェンダ/SDGs」 環境省公式サイト2015年11月18日付、2016年1月5日閲覧.
  2. ^ ポスト2015開発アジェンダ - UNDP
  3. ^ Global Sustainable Development Report, 2015 edition - 国際連合(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]