国際社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国際社会(こくさいしゃかい、英語: International community)は、世界政府および人々のおおまかなグループのことであり、 国際関係について使われるフレーズである。 概して、特定の人権問題などについての共通の視点の存在を、暗に意味するために、使われる。 活動家、政治家、コメンテーターはしばしば、この言葉を使って、必要なアクションを求める。 例えば、対象国での政治的抑圧であるとされている事に対して使われる。

この言葉は一般に、論争点についての一致した視点(コンセンサス)を暗示するために使われる。 例えば、国際連合総会での多数票の信用性を高めるために使われる。

解釈の例[編集]

ノーム・チョムスキー はこの言葉の用途について、アメリカ合衆国とその従属国と同盟国を意味すると、記した [1][2][3] 。 学者であるMartin Jacquesは、「我々は皆『国際社会』という言葉が意味するものを知っているはずだ。それは当然、西洋のことで、それ以上でも、それ以下でもない。『国際社会』という言葉を使うのは、西洋に威厳を付け、世界的なものとし、より立派に聞こえるようにし、より中立で、他より優越しているとする、方法だ。」と言っている [4]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ The Crimes of ‘Intcom’”. 2016年7月16日閲覧。
  2. ^ Israel, US violators of international law, says Noam Chomsky”. The News Tribe. 2016年7月16日閲覧。
  3. ^ Noam Chomsky on Iran”. 2016年7月16日閲覧。
  4. ^ Martin Jacques. “What the hell is the international community?”. the Guardian. 2016年7月16日閲覧。