国際協調主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国際協調主義(こくさいきょうちょうしゅぎ)とは国家外交を行うにあたってとっている主義であり、日本国憲法で掲げられている事柄である[1]。国際協調主義ならば自国の利益のみを追求するのではなく、諸外国と友好的に協力し合いながら共存しようという考えになる[2]。国際協調主義というのは、軍国主義や大国主義と相対するという主義である[3]。特定の外国のみとであったり特定の外国の集団のみと協調することなく、国際社会と協調をするということである。国際社会というのは、主権を持つ国家が自国の権限を譲り渡すということで形成されているということであり、それには国際連合加盟国となり国家が互いに平和で協調し合いながら相互に生きていく環境を作り出すというのが自国の利益となるわけである[4]。現在の日本が置かれている立場である積極的平和主義というのは、国際協調主義に基づいている[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]