アントニオ・グテーレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Portugal.svg ポルトガルの政治家
アントニオ・グテーレス
António Manuel de Oliveira Guterres
António Guterres meeting with Iranian Interior Minister 01.jpg
生年月日 (1949-04-30) 1949年4月30日(67歳)
出生地 Flag of Portugal.svg ポルトガル リスボン
出身校 高等工科大学
所属政党 社会党

在任期間 1995年10月28日 - 2002年4月6日
大統領 マリオ・ソアレス
ジョルジェ・サンパイオ

在任期間 2005年6月15日 - 2015年12月31日
テンプレートを表示

アントニオ・マヌエル・デ・オリヴェイラ・グテーレスポルトガル語: António Manuel de Oliveira Guterres [ɐ̃ˈtɔnju ɡuˈtɛʁɨʃ]1949年4月30日 - )は、ポルトガル政治家。同国の首相や社会主義インターナショナル議長、国連難民高等弁務官などを歴任した。姓はグテレスとも表記される[1]

経歴[編集]

ヴィルジーリョ・ディアス・グテーレス(1913年10月21日リスボン生まれ、2009年2月10日リスボンにて死去)とイルダ・カンディーダ・デ・オリヴェイラ(1923年2月12日フンダン生まれ)の子として、リスボンで生まれ育った。高等工科大学 (IST) で物理学と電気工学を学び、1971年に修了。助教として学術の世界に入った。

1974年に社会党に入党し、政治と関わりを持った。それからまもなく学界を退き、政治活動に専念するようになった。1974年4月25日のカーネーション革命マルセロ・カエターノ独裁政権が崩壊してからは、主にリスボン地区で社会党の組織化に深く関与した。グテーレスは党の首脳のひとりとなり、次の役職を歴任した。

1992年に社会党の書記長と、アニーバル・カヴァコ・シルヴァ政権下の野党院内総務に就任。1992年9月には社会主義インターナショナルの副議長に任命された。

カヴァコ・シルヴァの退任をうけた1995年の総選挙で社会党が勝利すると、首相に就任した。グテーレスは、ポルトガルに対する世界の注目度を高めた1998年のリスボン国際博覧会の誘致でよく知られている。

アントニオ・グテーレス(2003年)

1999年に首相に再任され、2000年1月から7月には欧州理事会の議長も兼務した。しかし、首相としての二期目は苦しい時期となった。経済の低迷とヒンツェ・リベイロ病の流行に加えて、党内対立がグテーレスの権威と人気を揺るがした。

2001年12月の地方選挙で、社会党は大敗を喫した。これをうけてグテーレスは「国を政治的な泥沼に陥れないため、職を辞す」と表明し、辞任した。ジョルジェ・サンパイオ大統領は国会を解散し、選挙を求めた。当時社会保障相だったエドゥアルド・フェーロ・ロドリゲスが社会党の代表となったが、総選挙で社会党は敗れ、首相職を社会民主党ジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾ(のちの欧州委員会委員長)に明け渡した。グテーレスはポルトガルの政治から退き、2005年まで社会主義インターナショナルの議長を務めた。

2005年5月の国連総会で、グテーレスは国連難民高等弁務官に選任された。2007年2月16日のナショナル・パブリック・ラジオによるインタビューでは、イラクの難民が直面している苦境について、1948年以降の中東で発生した最大の難民危機のひとつであると述べた。あまり一般に知られていない難民危機として、グテーレスは中央アフリカ共和国コンゴ民主共和国における危機を挙げた[2]。2011年にシリア内戦が発生すると、それによって生じた難民に対する国際的な支援を確保するために尽力した。2014年11月13日、明治大学名誉博士学位を授与された[3]。2015年12月31日に難民高等弁務官を退任した。弁務官時代には経費のかかるジュネーブ本部の職員数を3分の2に削減し、その分現場により多くの人員を投入した[4]

2016年10月6日、国連安全保障理事会は次期国際連合事務総長としてグテーレスを国連総会に勧告する決議を採択した[1]。ポルトガル政府から支持を取り付けたグテーレスは、次期事務総長の最有力候補と目されていた[5][6][7]。首相経験者が事務総長に選ばれたのは、初めてのことである[1]

人物[編集]

1972年にルイーザ・アメーリア・ギマリャンイス・エ・メロ(1946年9月1日、ポルト生まれ)と結婚し、ペドロ・ギマリャンイス・エ・メロ・グテーレス(1977年生まれ)とマリアナ・ギマリャンイス・エ・メロ・デ・オリヴェイラ・グテーレス(1985年生まれ)の二子をもうけた。ルイーザは1998年1月28日に、ロンドンの王立自由病院でがんのため亡くなった。

2001年には2人目の妻であるカタリナ・マルケス・デ・アルメイダ・ヴァス・ピント(1960年6月15日生まれ)と結婚した。カタリナには前夫のジョゼ・カルロス・ダ・コスタ・ラモスとのあいだにもうけた、フランシスコ・ヴァス・ピント・ダ・コスタ・ラモス(1998年5月20日生まれ)という連れ子がいる。

母語であるポルトガル語のほか、英語フランス語スペイン語に堪能。歴史や地理、オペラを愛好し、とりわけ世界史に精通している。スポーツではサッカーを好む[4]

栄典[編集]

勲章
  • PRT Order of Liberty - Grand Cross BAR.png 自由勲章大十字(ポルトガル、2016年2月2日)[8]
  • Order of Isabella the Catholic - Sash of Collar.svg イザベラ・カトリック女王勲章頸飾(スペイン、2002年6月14日)[9]
  • PRT Order of Christ - Grand Cross BAR.png キリスト勲章大十字(ポルトガル、2002年6月9日)[8]
  • Ordre national du Merite GC ribbon.svg 国家功労勲章大十字(フランス、2002年6月4日)[10]
  • Order of the Southern Cross Grand Collar Ribbon.png 南十字星勲章大頸飾(ブラジル、2002年)[10]
  • JPN Kyokujitsu-sho 1Class BAR.svg 旭日大綬章(日本、2002年)[10]
  • Order of the Republic (Tunisia) - ribbon bar.gif 共和国勲章大綬章(チュニジア、2002年)[10]
  • Ukraine-republic007.png ヤロスラフ賢公勲章1等(ウクライナ、2002年)[10]
  • ITA OMRI 2001 GC BAR.svg イタリア共和国功労勲章大十字(イタリア、2001年12月3日)[11][10]
  • CHL Order of Merit of Chile - Grand Cross BAR.png 功労勲章大十字(チリ、2001年9月30日)[10]
  • Amílcar Cabral Order - 1st Class (Cabo Verde).png アミルカル・カブラル勲章1級(カーボベルデ、2001年4月27日)[10]
  • Grand Crest Ordre de Leopold.png レオポルド勲章大綬章(ベルギー、2000年10月9日)[10]
  • ESP Charles III Order GC.svg カルロス3世勲章大十字(スペイン、2000年9月8日)[12]
  • GRE Order of Honour Grand Cross BAR.png 名誉勲章大十字(ギリシャ、2000年3月17日)[10]
  • MEX Order of the Aztec Eagle 2Class BAR.png アステカの鷲勲章特別懸章(メキシコ、1999年7月2日)[10]
  • Order of the Oriental Republic of Uruguay (1992) - ribbon bar.png ウルグアイ東方共和国勲章大将校(ウルグアイ、1998年12月10日)[10]
  • POL Order Zaslugi RP kl1 BAR.png ポーランド共和国功労勲章大十字(ポーランド、1997年9月22日)[10]
  • BRA Order of the Southern Cross - Grand Cross BAR.png 南十字星勲章大十字(ブラジル、1996年7月23日)[10]
明治大学の「暁の鐘」
名誉学位

脚注[編集]

先代:
ピエール・モーロワ
社会主義インターナショナル議長
1999年 - 2005年
次代:
ゲオルギオス・アンドレアス・パパンドレウ
先代:
ルード・ルベルス
国連難民高等弁務官
2005年 - 2015年
次代:
フィリッポ・グランディ英語版