持続可能な開発目標に関するハイレベル政治フォーラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

持続可能な開発目標に関するハイレベル政治フォーラム(英:The United Nations High-level Political Forum on Sustainable Development 略:HLPF) は20年間続いた持続可能な開発委員会を、20周年の4日目前の2013年9月24日のセッション[1] を最後に据え置かれた国際会議である[2]

4年ごとに総会で、国連経済社会理事会では他の年に技術部門、閣僚級部門、ハイレベル部門の両方で出会う。 その会議は7月に開催される。交渉された宣言、持続可能な開発のための2030アジェンダの約束や進展をレビューを行う。


会議[編集]

2013年以来毎年、HLPFはセッションを開催している。

後援 日付 テーマ 参照
2020 ECOSOC 7月7日-7月14日 SDG実装と2030AgendaにおけるCOVID19の影響
2019 国連総会 9月24日-9月25日 SDGサミット
2019 ECOSOC 7月9日-7月18日 人々に力を与え、包摂性と平等を確保する
2018 ECOSOC 7月9日-7月18日 持続可能で回復力のある社会への変革
2017 ECOSOC 7月10日-7月19日 変化する世界で貧困を根絶し、繁栄を促進する
2016 ECOSOC 7月11日-7月20日 誰も取り残されないようにする
2015 ECOSOC 6月26日-7月8日 統合、実装、およびレビューの強化-2015年以降のHLPF
2014 ECOSOC 6月30日-7月9日 MDGsを達成し、SDGsを含む意欲的な2015年以降の開発アジェンダへの道を図示します
2013 国連総会 9月24日 私たちが望む未来の構築:リオ+20からポスト2015開発アジェンダまで


参考文献[編集]

外部リンク[編集]