ヨハン・ロックストローム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨハン・ロックストローム
Johan Rockström
人物情報
生誕 (1965-12-31) 1965年12月31日(54歳)
 スウェーデン
居住  スウェーデン
国籍  スウェーデン
配偶者 ウルリカ・ロックストローム
学問
研究分野 環境学、地球規模の持続可能性水資源
研究機関 ストックホルム大学、ストックホルム・レジリエンス・センター
学位 ストックホルム大学ph.D
特筆すべき概念 プラネタリー・バウンダリー
主な受賞歴 ウッズホール研究センターローレンス・ハンティントン環境賞(2014年)
コスモス国際賞(2015年)
テンプレートを表示

ヨハン・ロックストロームスウェーデン語:Johan Rockström、1965年12月31日 - )は、地球規模の持続可能性に関する分野で国際的に知られるスウェーデン出身の環境学者。ストックホルム・レジリエンス・センターの所長として12年を務めた後に、2018年10月にドイツに本拠地を置くポツダム気候影響研究所の所長となった[1]

概要[編集]

ロックストロームは、地球規模の持続可能性の問題について国際的に認められた研究者である。2009年には、アース・リーグのチームを率いてプラネタリー・バウンダリーの枠組みを開発し、地球が急激な変化を遂げているときに人類が発展を続けるための前提条件を提示した[2]。ロックストロームはポツダム気候変動研究所の科学諮問委員会の副議長を務めている[3]2010年には、雑誌Miljöaktuelltは環境問題においてスウェーデンで2番目に影響力のある人物であるとし、スウェーデンのビジネス誌VeckansAffärerからは「ソーシャル・キャピタリスト賞」を授与。2011年には、ストックホルムでおこなわれた地球規模の持続可能性に関する第3回ノーベル賞受賞者シンポジウムにおいて議長を務める[4]

ストックホルム大学教授であり、ストックホルム・レジリエンス・センターの所長として12年を経た後に、2018年10月にドイツに本拠地を置くポツダム気候影響研究所英語版の所長となった[1]2004年から2012年までストックホルム環境研究所の所長だった[5]

プラネタリー・バウンダリー[編集]

プラネタリー・バウンダリー=9個の地球システムにおける人類生存のための安全な活動領域とその境界

2009年、ロックストロームは、28人もの著名な学者からなる国際的なグループ「アース・リーグ(The Earth League)」を率いて、持続可能な発展の前提条件となるべく、新しい地球システムの枠組み(フレームワーク)として、人類が生存できる安全な活動領域とその限界点=プラネタリー・バウンダリーを把握することで、人類にとっての壊滅的変化を回避できるのではないか、そのようなバウンダリー=限界点がどこにあるかを知ることが大切であるという新しい考え方を、政府や政府関係機関に対して提案した[6]。この概念は2009年に論文として公表され、全文がEcology and Society に、またその要約版がネイチャーに掲載された。 この枠組みは、この惑星の地球システムのプロセスには超えてはいけない「境界値(バウンダリー)」または「閾値」があることを仮定する。学者グループらは、これらの境界を超えない範囲を、「人類の生存のための安全な活動領域」と呼んで注目している。学者グループらは、人間の生き残りに不可欠な9つの「地球生存支援システム」を特定し、これらの7つシステムのうちが既に飛び越えてしまっているものがないかどうかを定量化しようとした。これらのバウンダリーを越えて、地球の居住性を悪化させる可能性のある「不可逆的かつ急激な環境変化」のリスクや脅威について、学者らは、人類の生存が脅かされる前に、人類はどれほど開発を続けることができるかを見積もった。 プラネタリー・バウンダリーは、人類が発展の領域の余裕を特定し「人間開発のための安全な領域」を定義することができる。そして人間による地球への悪影響を最小限に抑えるアプローチへの改善を促す[7]。 上記の論文は、9つの地球システムにおける限界値(気候変動海洋酸性化オゾン層の破壊、窒素とリンの循環、グローバルな淡水利用、土地利用変化、生物多様性の損失、大気エアロゾルの負荷、化学物質による汚染)の評価が行われた。

受賞[編集]

最近の出版物[編集]

  • Rockström, J., Williams, J., Daily, G., Noble, A., Matthews, N., Gordon, L., Wetterstrand, H., DeClerck, F., Shah, M., Steduto, P. and de Fraiture, C., 2016. Sustainable intensification of agriculture for human prosperity and global sustainability. Ambio, pp.1-14.
  • Rockström J, L Karlberg and M Falkenmark (2011) "Global Food Production in a water-constrained world: exploring 'green' and 'blue' challenges and solutions." In Grafton, R. Q. and K. Hussey (eds.) 2011. Water Resources Planning and Management. Cambridge University Press.
  • Rockström J and L Karlberg (2010) The quadruple squeeze: Defining the safe operating space for freshwater use to achieve a triply green revolution in the Anthropocene. AMBIO, 39(3): 257-265. doi:10.1007/s13280-010-0033-4
  • Hoff H, M Falkenmark, D Gerten, L Gordon, L Karlberg and J Rockström (eds.) (2010) Journal of Hydrology: Green-Blue Water Initiative (GBI), 384(3/4): 175-306.
  • Enfors E, J Barron, H Makurira, J Rockström and S Tumbo (2010) Yield and soil system changes from conservation tillage in dryland farming: A case study from North Eastern Tanzania. Agricultural Water Management, online 7 April. doi:10.1016/j.agwat.2010.02.013
  • Reid WV, D Chen, L Goldfarb, H Hackmann, YT Lee, K Mokhele, E Ostrom, K Raivio, J Rockström, HJ Schellnhuber and A Whyte (2010) Earth System Science for Global Sustainability: Grand Challenges. Science, 12 November, pp. 916–917. doi:10.1126/science.1196263
  • Kijne, J, J Barron, H Hoff, J Rockström, L Karlberg, J Gowing, SP Wani, D Wichelns (2009) Opportunities to increase water productivity in agriculture with special reference to Africa and South Asia. Stockholm: SEI. SEI project report.
  • Hoff H, M Falkenmark, D Gerten, L Gordon, L Karlberg and J Rockström (2010) Greening the global water system. Journal of Hydrology, 384(3/4): 177-186. doi:10.1016/j.jhydrol.2009.06.026
  • Wani SP, Rockström J and Oweis TY (2009) Rainfed agriculture: unlocking the potential CABI. ISBN 978-1-84593-389-0.
  • Rockström J, M Falkenmark, L Karlberg, H Hoff, S Rost and D Gerten (2009) Future water availability for global food production: The potential of green water for increasing resilience to global change. Water Resources Research, vol. 45. doi:10.1029/2007WR006767
  • Rost S, D Gerten, H Hoff, W Lucht, M Falkenmark, J Rockström (2009) Global potential to increase crop production through water management in rainfed agriculture. Environmental Research Letters, no. 4, 9 pp. doi:10.1088/1748-9326/4/4/044002
  • Kartha S, Siebert CK, Mathur R, Nakicenovic N, Ramanathan V, Rockström J, Schellnhuber HJ, Srivastava L and Watt R (2009) A Copenhagen Prognosis: towards a safe climate future Stockholm Environment Institute.
  • Rockström J, Steffen W, Noone K, Persson Å, Chapin III FS, Lambin EF, Lenton TM, Scheffer M, Folke C, Schellnhuber HJ, Nykvist B, de Wit CA, Hughes T, van der Leeuw S, Rodhe H, Sörlin S, Snyder PK, Costanza R, Svedin U, Falkenmark M, Karlberg L, Corell RW, Fabry VJ, Hansen J, Walker B, Liverman D, Richardson K, Crutzen P and Foley JA (2009) "A safe operating space for humanity" Nature, 461: 472–475. doi:10.1038/461472a* Rockström J, Vohland K, Lucht W, Lotze-Campen H, von Weizsäcker EU and Tariq Banuri T (2007) "Making progress within and beyond borders" In: Schellnhuber H-J, Stern N and Molina M (eds) Global sustainability: a Nobel cause, Chapter 4, pages 33–48. Cambridge University Press, 2010. ISBN 978-0-521-76934-1.
  • Falkenmark M and Rockström J (2004) Balancing water for humans and nature: the new approach in ecohydrology Earthscan. ISBN 978-1-85383-927-6.

出演[編集]

地球が壊れる前に』(原題:Before The Flood)
気候変動をテーマにした2016年公開のドキュメンタリー映画。

外部リンク[編集]

ヨハン・ロックストロームの声明

引用[編集]

  1. ^ a b Jerdén, Erik (2018年2月23日). “Klimatforskaren Johan Rockström lämnar Sverige” (スウェーデン語). Svenska Dagbladet. ISSN 1101-2412. https://www.svd.se/klimatforskaren-johan-rockstrom-lamnar-sverige 2020年1月8日閲覧。 
  2. ^ *Rockström J, Steffen W, Noone K, Persson Å, Chapin III FS, Lambin EF, Lenton TM, Scheffer M, Folke C, Schellnhuber HJ, Nykvist B, de Wit CA, Hughes T, van der Leeuw S, Rodhe H, Sörlin S, Snyder PK, Costanza R, Svedin U, Falkenmark M, Karlberg L, Corell RW, Fabry VJ, Hansen J, Walker B, Liverman D, Richardson K, Crutzen P and Foley JA (2009) "Planetary Boundaries: Exploring the Safe Operating Space for Humanity" Ecology and Society, 14(2): 32.
  3. ^ Scientific Advisory Board Potsdam Institute for Climate Impact Research. Retrieved 13 July 2011.
  4. ^ At Stockholm Gathering of Minds: Planet Earth vs. Humanity National Geographic Daily News, 18 May 2011.
  5. ^ Johan Rockström Stockholm Resilience Centre. Retrieved 13 July 2011.
  6. ^ Earth's boundaries? Editorial, Nature, 461, 447–448. 24 September 2009, doi:10.1038/461447b
  7. ^ Earth's boundaries? Editorial, Nature, 461, 447–448. 24 September 2009, doi:10.1038/461447b
  8. ^ 国際花と緑の博覧会記念財団. “2015年度(第23回)コスモス国際賞授賞式”. 2016年11月24日閲覧。
  9. ^ DBU: „In New York und Paris Weichen stellen, um Zukunft der Menschen auf stabilem Planeten zu sichern“, 22. September 2015