はげ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
採土により半分はげてしまった山

はげ山(はげやま、禿山、兀山(こつざんとも))とは、草木が生育していない山[1]。人為的行為により、植生が破壊されて荒れ果ててしまった場合[2]や、自然的要因で荒れ果ててしまった場合がある[注 1]

概要[編集]

放火や人為的行為により植生の更新が上手くいかないと結果として山は荒れ果てて、結果として「毛(樹木)」が無くなってしまう[2]。人為的ではなくとも乾燥や寒冷などの過酷な気象条件下で樹木の生育が困難な地域にある場合にはその地上に植物群落が発達しないが、そうでなければ植物群落がその表面を覆う。日本の気象条件であれば森林で覆われるのが普通である。森林で覆われていない山を毛(木)で覆われていない頭をハゲというのになぞらえてはげ山というのである。

いわゆる高山の場合、木が生えないのはある意味当然であり、また険しい山頂が普通なので、あまり禿頭のイメージを持ちづらい。普通は森林に覆われている低い山のなだらかな山頂が森林に覆われていないものがはげ山と言われる。山全体がハゲの場合もあるが、山頂付近がハゲである例が多い。花札を別名で坊主というのも、なだらかな山頂のススキ草原を禿頭に見立ててのものである。

防災[編集]

山は植物群落によってその表土が抑えられているので、僻地のはげ山を除き、人口密集地など高度な土地利用が行われている地域の上流部で発生した場合には、流出土砂による天井川の発生、港湾の埋没、土砂災害の発生など地域経済に深刻な影響を及ぼす[3]。対策として、治山事業などによる植林事業が行われている[4]

はげる原因[編集]

気候的な問題などではげる必然性のなさそうな山において、はげる場合として、以下の様なことが考えられる。

自然現象による原因[編集]

自然的な理由ではげるには、一時的なものと永続的なものがある。

一時的なのは何らかの理由で植生が激しく破壊された場合で、再び落ち着いた地表で遷移が進んでゆくので、当面は樹木が出現しない場合がある。

これに対して永続的な例は、何らかの理由で遷移の進行が阻害されている場合である。以下の様な場合がある。

  • 土質の問題。蛇紋岩地帯や、石灰岩地帯では森林が発達しづらい例がある。カルスト地形などもその例である。鉱山のある様な地域でも、似た例がある[2]
  • 活火山:活動のたびに表面を焼かれる上、普段から火山ガスの噴出があるなどであれば、植物群落の発達は期待できない。

人為的な原因[編集]

人為的な理由ではげ山になる場合もある[2]。むしろ普通に見られるのはこちらである。

  • 過度な森林の伐採:伐採が少数回であれば、萌芽更新などによって速やかに森林が回復するが、繰り返すと次第に退行して、草原となる。かつては茅の収穫のために、あえてこれを行った場合もある。
  • 土砂の砕石、採土
  • 野焼き:上と同様である。
  • 放牧:草食動物による食害で遷移が止まる場合もある。野生動物は、普通はそのような密度にならないから、過度の放牧による場合が多い。
  • 鉱工業の煙害など。
  • 人間による踏みつけ。登山者の特に多い有名な山では、人の踏みつけによって植生が破壊され、はげた部分がどんどん広がる例もある。場合によってはそのために山頂表土の崩壊が見られ、それを避けるために通行路を厳しく制限している例もある。

山頂はハゲやすい[編集]

特別な事情がなくても、山頂部に高い木が育たない例は多い。山頂部は水が不足しがちで、また風当たりが強く[5]、そのため温度の低下も招きやすい。そのため、標高が高くなくてもより高い標高に出現する植物が見られたり、低木や草原になりやすい。これを山頂効果という[6]。また森林が生育する限界地的場所を森林限界と呼ぶ。

過去のはげ山と発生原因[編集]

日本では、かつて生活に必要な木炭等の生産を目的に森林が乱伐、放置されてできたはげ山を含む荒廃地が全国に多数存在した。1894年志賀泰山東京帝国大学農科大学教授)の論文によれば、森林面積のうち木に覆われている面積は30%、残り70%は赭山禿峰(しゃざんとくほう)であると言及している(ただし、当時の状況から正確性には疑問が生じる余地がある)[7]。また、過去の具体的なはげ山の面積については、1946年から1947年にかけて行われた全国調査による数字があり、はげ山の面積は国有林7,282町歩(他に崩壊地14,874町歩、地すべり787町歩、海岸砂地11,140町歩)、民有林28,832町歩(他に崩壊地183,284町歩、地すべり20,007町歩、海岸砂地30,950町歩)が計上されている[8]。代表的なはげ山は、次の通り。

はげ山に関する作品[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 禿げ山大辞泉
  2. ^ a b c d e f はげ山の研究 - 千葉徳爾
  3. ^ 北原曜:植生の表面侵食防止機能 砂防学会誌 Vol.54 (2001-2002) No.5 P92-101
  4. ^ 五名美江、蔵治光一郎:ハゲ山に森林を再生した小流域における降雨量Ȃ直接流出量関係の長期変化 日本森林学会誌 Vol.94 (2012) No.5 p.214-222
  5. ^ 第4回植生史研究会シンポジウムの記録日本植生史学会 2013年6月30日閲覧
  6. ^ 平成20年度佐渡地区子ども自然体験活動等実施支援業務調査報告書環境省 2013年6月30日閲覧
  7. ^ 太田猛彦 『森林飽和』 NHKブックス、2012年、p161-163。
  8. ^ 社団法人国土緑化推進委員会 『国土緑化20年の歩み』 社団法人国土緑化推進委員会、1970年、p45。
  9. ^ 砂漠があった?「えりも砂漠」って何?(北海道雑学百科ぷっちガイド)

注釈[編集]

  1. ^ はげ山の研究 - 千葉徳爾は人為的行為による研究観点から禿げ山を著しており、禿げ山の事を人為的荒廃林地としている。そのため、著作の中では人為的荒廃林地、自然的要因による荒廃林地に分けられている。特に自然要因においては禿げ山とは名指しで著してはいないが、自然と人為を対比させており、且つはげ山を人為的観点による研究ながら荒廃林地そのものを禿げ山地(はげ山の研究 16頁)としている事からここでは同じとして扱った。